ななごの部屋(リウマチとともに)それから

リウマチとともに歩みアクテムラのおかげで安定してきた私。もっと溢れるように生きたい☆2013/1/1開店☆

俳句教室

2017年03月07日 | 文芸
曇り空。小雨降る、夕方には晴れる。

本日は午後から俳句教室。
季題「冬の猫」

「冬の猫窓から放浪チラと見る」◎◎

「湯たんぽの自己主張冬のねこ」◯

上が秀逸でした。
下は佳作



母の義眼は1日2回洗う。コンタクトの洗浄液で。
そして、また入れる。
それは、入れ歯を毎日、洗う感覚だと思う。

いずれは自分でやるようにするようだが、
今は妹がやっている。
しかし、母はすぐに依存してくるから…
手が悪い私にできるだろうか…

フキノトウをもらう。Hさんから。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日常 | トップ | 河鍋暁斎展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

文芸」カテゴリの最新記事