小説書いてます

小説を書くことで、自分と違う人間になれるのを楽しんでいます。

茸と日暈

2016-10-08 | その他

福岡城址で珍しい茸を見つけましたが名前を探すのに時間がかかってしまいました。いずれも10月6日に撮ったものです。昨日は不完全ながら日暈を見ることが出来ました。

ベニナギナタタケ こんな形の茸初めて見ました。

ヒイロタケ この茸は城址ではどこでも見ることが出来ますが、名前を探すのにかなり時間がかかりました。

シロソウメンタケ イシガキチョウを追いかけていましたら、足元に生えていました。初めて見る形の茸でした。

コフキサルノコシカケ 

サルノコシカケの仲間だと思いますが、名前の同定が出来ませんでした。華やかな茸でした。

名前不明

日暈 昨日の夕方不完全ながら二重の日暈を久しぶりに見ることが出来ました。10月7日216:37分撮影

昨夜の月 月齢6、1 10月7日18:36分撮影

 

ジャンル:
その他
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ居たの! イシガキチョウ | トップ | ナガコガネグモのママは大忙し »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きのこ (ryo)
2016-10-08 20:40:24
こんばんは!
いろんなキノコですね。
でも赤いキノコは猛毒が多いと聞いています。
触っただけでも危険なのがありますから
気をつけてくださいね!
テレビで特集していました。
Unknown (ソングバード)
2016-10-08 21:15:17
こんばんは。
1~4枚の写真、こんなキノコもあるんですね。
初めて!はもちろんなのですが、この棒状のキノコだけは、もし見つけてもキノコの仲間だとは思わないでしょうね。
当然毒キノコ??

↓のイシガキチョウ、素敵です。
じっくり写真を撮りたい蝶ですが、もう何年もご無沙汰してます。
私も見たかったです (nampoo)
2016-10-08 21:16:52
ryo様

こんばんは。
茸の特集が放映されたんですか。
残念私も見たかったです。
赤い茸は猛毒を持つのもあるんですね。気をつけます。
これから色々なところで茸見られるので楽しみです。
棒状の茸は (nampoo)
2016-10-08 21:25:36
ソングバード様

こんばんは。
棒状の茸は私が持っている図鑑ではどちらも毒茸ではないようです。
福岡城址はいつも行くので毎年出ていたと思うのですが、
気がつきませんでした。

↓イシガキチョウ1,2度見られればいい方菜のですが、
今年は10月に入っても真夏日が続きましたので、見られたと思っています。
 (Rei)
2016-10-08 22:44:37
こんばんは!
茸と言えば松茸型しか思い浮かびませんが
色々あるのですね。
確かサルノコシカケは一時ブームになりましたね?
日暈の現象は知っていましたが、日暈の読みを知りませんでした。
日輪とは違うのですか?
 (momosuke)
2016-10-09 19:43:49
いろいろあるのですね。
名前を調べるのがたいへんでしょうね!私にはとうていできません、茸だけじゃなく(~_~;)

シロソウメンタケ、手の形しているみたいでおもしろいですね。
ムーミンに出てくる、にょろにょろに似ています。
日輪と日暈 (nampoo)
2016-10-09 20:57:03
Rei 様

こんばんは。
茸の写真集を見ていましたら、
シロソウメンタケやナギナタタケのような面白い形の茸があることを知って、
一度見てみたいと思っていました。
念ずれば通ずで出会うことが出来ました。
日輪は太陽のことです。
日暈(ヒガサ)はご存知のように太陽の周りに出来る光の輪のことをいいます。
この日のは果たして日暈と呼んでいいのだろうかと悩みました。
茸は (nampoo)
2016-10-09 21:02:18
momosuke様

こんばんは。
茸はおっしゃるように童話の世界の生き物のように感じるときがあります。
シロソウメンタケの手の形で果たして名前あっているかどうか自信がありません。

相当にしつこい性格なので、
分からないことを調べるの大好きなんです。
分かったときの喜びがいいんです。
Unknown (大山鹿)
2016-10-09 21:23:38
こんばんは
ベニナギナタタケやシロソウメンタケは変わった格好をしたキノコですね。二重の日暈も雨上がりの偶然でしょうね。見れてラッキーでしたね。二重の日暈と一緒に写っているのは鷹?、鳶?ですか?
カラスです。 (nampoo)
2016-10-09 21:47:14
大山鹿様

こんばんは。
日暈に写っているのはカラスです。
この時間たくさんのカラスがねぐらに帰るのでしょうか、
たくさん飛んでいるんです。
ソウメンタケやナギナタタケはユニークな形なので、
一度実物を見てみたいとずっと探していました。
やっと会うことが出来ました。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事