小説書いてます

小説を書くことで、自分と違う人間になれるのを楽しんでいます。

茸と苔

2017-04-19 | 花と野草

野の花を撮っていましたら、茸に出会いました。その下には苔も生えていました。日の射す野原だったのですが、それでも茸も生えるんですね。

ヒダヒトヨタケモドキ 自信はありませんが図鑑で調べてましたらこれに一番似ていました。毒キノコ 

ハネヒツジゴケ よく見ると花らしいのがついています。 アオギヌゴケ科

『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 路傍の花と今朝の空 | トップ | ニガナ、サギゴケ他、野草 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (だんちょう)
2017-04-19 16:50:33
こんばんは!!

ドクキノコなのですね!

知らずに触ったりしちゃいそうですね。


見た眼はキャンディーみたいで
子どもが見つけたら危険ですね
こんばんは (大山鹿)
2017-04-19 18:17:51
今日は渋い話題ですね。春になるとコケやキノコもちゃんと活動を再開するのですね。
しかし、ハネヒツジゴケは完全に見逃しそうですね。
処で、キノコやコケの図鑑で何か良いのはあるのですか?
春に (nampoo)
2017-04-19 19:44:51
だんちょう様

今晩は。
どなたかのブログで茸を見ましたので、
春にも茸って出るんだと思っていましたら、
私も出会いました。
そうですね出合ったのは草原でしたから子供が触る危険はありますね。
珍しかったので (nampoo)
2017-04-19 19:52:26
大山鹿様

今晩は。
春の茸って珍しかったのでUPしてみました。
湿った地面だったのでしょうね、茸の下に苔が生えていました。
しかも花が咲いているようでしたから、
これも珍しくてUPしました。
本は1977年版の「山と渓谷社」のをPCの傍に置いて使っています。
それよりPCで調べるほうがはるかに詳しいことが分かりますよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む