名もなき論客のつぶやき

誰も考えなかった面白い事を考えたり、自分の気持ちを一気に爆発させるあの快感をもう一度味わいたくて始めました

仕事のできる、できないを決める要素とは?

2016年10月19日 22時46分53秒 | 日記
仕事のできる、できないとは具体的に何なのか
どういう要素で決まるのか自分なりに考えてみた

僕が思うには2つのパターンがあると思う

①誰でもできる仕事だが、それを処理するスピードが速い

②誰もできない事を遂行する能力

多分この2つの要素を基準にして
仕事のできる人、できない人を区別しているのだと思う

①に関しては頑張れば大半の人が結果を出せると思われるが
ただ、かなりしんどさも伴うので、継続するのはキツイと思う

まわりの人に仕事が速い人だと思われると
ずっとそのスピードで仕事をやり続けなければ
ならないので、なんかキツイ様な気がする
仕事をやりたくない日もたくさんあるわけだし

②に関してはどうしても性格や先天的な能力が必要に
なってくると思う

誰もできない事をチャレンジするのは
それはそれで色々なキツさもあると思う

皆様はどちらのタイプですか?

どちらのタイプを目指しますか?

また職場ではどちらのタイプが求められているのでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勉強は立ち上がりが大事? | トップ | 自己実現の罪 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。