竹原BLOG:奈良民話祭り ― グリム童話・メルヘン・語りの文化 とっておきの話。 

夏の奈良民話祭り:8月5日(金)午後3時より奈良町物語館で4回公演!
奈良燈花会に行きがてら、ぜひ来てくださいね!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大和郡山の民話絵本「げんくろうぎつね」が刊行されました!

2011年11月14日 | 日記
大和郡山には「源九郎狐」という狐がいるのをご存知ですか?
20年ほど前に東吉野村で民話の調査をしていた時、
「源九郎狐」の話を3話、聴きました。

1.郡山に行った源九郎さん
2.郡山と三尾の源九郎狐の騙し合い
3.禿留と源九郎狐の騙し合い

いずれも面白い話だが、三つ目の話を紹介しよう!


源九郎さんと、四国の禿留っていう狸とな、騙し合いをして。ほだらな、源九郎さんが、
  「おれ、明日、大名行列仕立てて来るさかい、ほんでに、あんじょう見とれ。」
て、そないに言うたらしいですな。その、四国の禿留って言う狸に。ほだら、
  「おう。」
言うて、ほで、あの、高見峠で待っとったらしいですな。ほんなら、
  「下に、下に、」
言うて、ほんまの大名行列が来たんらしいですな。
  「おい、うまいこと化けたのう。」
言うて、顔出したら
  「無礼者。」
言うて、一ぺんに手打ちになったって言う話を聞きましたなあ。

語り手:松場 賢一(東吉野村三尾)


ところで、その「源九郎狐」の面白い話がいっぱい載ってる絵本が
このほで刊行されました。



大和郡山の語り伝えたい ふるさと民話「げんくろうぎつね」
作絵・文:藤戸輝子  きり絵:馬場敏枝  500円
こおりやま民話絵本の会 中田光子


なぜ、「源九郎狐」というか、そのゆわれがあとがきに載ってました:

源義経が、頼朝に追われ吉野山に落ちのびたとき、白狐が家来に化け、
義経の妻「静御前」を守り、無事に送り届けたのだそうです。
そこで、義経はそのお礼に、源義経の「源」と「九郎判官」という位
から「源九郎」と言う名前を白狐に授けたのだそうです。

ところで、以前にも大和郡山の民話絵本を紹介しました。
見てくださいね。

民話絵本『稗田の村と広大寺池』刊行される!

今日は絵本の紹介でした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第63回正倉院展に行ってき... | トップ | 民話に関する国際学会がある... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。