波風立男氏の生活と意見

中級老人(65~74歳)の修行絵日記。

第131回/褒める技術

2016年11月06日 | 腹ペコ日記

   相方さんおすすめの本から、「「行為」と「人物」を切り離す」という考え方について学んだ。評価をするのは「その人がした行為」に対してであり、「その人自身」ではない、という考え方だ。「人物」と「行為」を切り離すことによって、その「行為」に対する「指摘」や「助言」をする、そうして成長を促す、というのがこの考え方の趣旨だろうと受けとめた。

   腹ペコはついつい、誰かが失敗すると、「ちゃんと反省しているのか」と責め立て、謝罪の姿勢を見せることを強要してしまう。本来ならば、「なぜ失敗したのか」「それを繰り返さないためにはどうしたらいいか」と、次につなげていくべきなのに、それをとばして「人物」攻撃をしてしまう。失敗したのはその人が「だめなひと」だからではなく、「失敗した」という行為自体にあるはずだ。そこに目を向けるべきと思っているものの、相変わらず「失敗続き」の日々。ではこの「失敗続き」という「行為」の問題点はどこにあるのか、「どうせ自分には無理」とふてくされずに、向き合うところからはじめることにする。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 中級老人への準備【「作っち... | トップ | 【その289】絵本セラピ― »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。