波風立男氏の生活と意見

中級老人(65~74歳)の修行絵日記。

工藤直子詩「あいたくて」

2016年11月26日 | 読書

医者の帰り、遠回りして行った本屋。買った詩集『あ・い・た・く・て』(工藤直子*詩 佐野洋子*絵)から。不思議だ。人生が残り少なくなってから、こういう詩に反応するとは。「もう、あいたい人にはあったはず」というのと、「まだ、あっていない人がいる」というのが交錯する。作者50代の詩。

                         

画「あん」のエンドロールで使われた言葉「人は見るために生まれて来た」も思い出す。どれも、深く考えはしないが、強く感じはする。歳とれば自ずと見るべきもの、会うべきものは満たされ、価値観は煮詰まり感情は安定すると思っていた。しかし、どうもそうではない。いったい、何を探し求めていたのかさえ、油断すると曖昧になる気がする。老人の頑固さとは、そうした自分自身を必死に確保する緊張感を言うのかもしれない。その自分が一番わからない。「あいたい」のは、本当の自分みたいな気がする。

関連記事として「本を買いに」(本日更新の「波風食堂、準備中です」)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 良寛の言葉 | トップ | 第134回/ご機嫌な時間 »

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。