波風立男氏の生活と意見

初級老人の修行絵日記。

中級老人への準備【工作】

2016年10月13日 | 図工・調理

作と言うのには恥ずかしいが、素材に手を加え、達成感があるから、これはこれで工作。実家にあった小さな俎板、包丁の傷跡が無数にある相当に使ったもの。詩文でも彫ってみよう、と思う時、まっさらな無垢のより手垢のついた方をいつも選んでしまう。

作は小さな「ちぎり」。紫檀をリボン形に切り抜いてはめ込んだ。板の割れ止めが目的だが、意匠(デザイン)に意味が。前に作った大型テーブルで、ビス止めでなくあえて閂(カンヌキ)にしたのも意味は同じ。木は、そんな遊びを許してくれる。紫檀は硬かった。仕上げは食器用木製品専用オイルで。もう俎板としては使えない。何に使おうかなあ…。

作の不思議というか当たり前というか。捨てられるはずの俎板が、愛用品に変わった。汚れ、割れ、傷、すり減り、という年月の証が愛らしくて誇らしい。老人生活とともに、新しいものより古いものに目が行く。面白いことだなあ。


公式裏ブログの方に「10月12日(水) 書く仕事 」UP。「書く仕事」と打って「隠し事」が出てドキドキ(笑)明後日から来月3日まで『波風立男展』。最終日に「続 絵を描くこと」をテーマに茶話会(参加費:お茶代500円)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【その285】男祭りはのんべん... | トップ | 第128回/成長の記録 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。