波風立男氏の生活と意見

初級老人の修行絵日記。

【その286回】男の隠れ家

2016年10月18日 | 一寸凡師(隙間コラム)
男の隠れ家
 
   波風さんの“男の隠れ家”を訪問。手作りの机やイス、整理された工具類、天井からぶら下がる裸電球・・・、男心をくすぐられた。
 
    小生も来たる べき“DIY道”に向け、スライド丸鋸盤とルータを品定めしたい。キーワードは“そう何度も何度も買い換える物じゃ無いから、多少高くても長く使える物 を”。荒馬さんの理解ある対応に期待。手始めに作るのは、7~8人で囲める大きめのテーブル。凡師の生まれ故郷秋田の“杉”でチャレンジしたい。問題は、 大きめのテーブルを作る作業スペースが無いこと、完成したテーブルを置くスペースも無いこと。波風さんの隠れ家の中に凡師スペースを作ってもらうしかない か・・・。
 
 

 
波風立男氏から】昨日、凡師さんが「波風食堂開店予定」の作業小屋訪問してくれ、今日のコラム。そうか、そうか、『男心』をくすぐったか(笑)世界に広げようDIYの男心、平和と安全をめざす老人生活はモノづくりから画像は一昨日の朝作ったカッテングボード。波風家公式エンブレム「へへつマーク」の焼き印押すとそれなりに。檜集成材使い、食器用木製品専用オイルで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第128回/成長の記録 | トップ | 中級老人への準備【決意表明編】 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。