波風立男氏の生活と意見

初級老人の修行絵日記。

中級老人への準備【決意表明編】

2016年10月20日 | 日記・エッセイ・コラム

もしもの際に

中級老人は荒野をめざす。ボーっとなんかしていられない。64年間の人間修行で浮かんだ「面白そうなこと」が待っている。
 今までやらなかったのは「忙しい」を言い訳に、難しそうだから放っておいただけなんだが、ここに及び「そろそろやってみるか」の波風立男氏の無謀さが嬉しい。「言っちゃったから、やっちゃう」で禄を食んできた延直線、だが競争無し、損得なしの『自己責任』というのが今までと違う。老人生活は何て素敵なんだろう。嫌なことは全部忘れて、「やりたいことはだいたいやった」と、もしもの際に旅立てるかもしれない。それが、記憶という記憶を全部忘れてしまう前後の関係なく。
 決意の第一は…
【次回に突く】


※波風氏の老人区分け:55~64歳が初級老人、65~74歳が中級老人、75~85歳が上級老人。波風氏は現在、『初級老人(後半)』昨日、内臓検査。CTスキャンはいつも、雪原でトンネル掘って遊んだのを思い出す公式裏ブログ「ヨーコさんの言葉で更新しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【その286回】男の隠れ家 | トップ | 中級老人への準備【弾いても... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。