波風立男氏の生活と意見

中級老人(65~74歳)の修行絵日記。

丸鶏スープを

2017年07月13日 | 図工・調理

 スーパーで丸鶏(羽と頭、足先と内臓除いた丸のまま鶏)見つけた。春頃にテレビ見た土井善晴さんの『丸鶏スープのラーメン』を思い出した。いつかは、の思いで「きようの料理5月号」も買っていた。市販スープの素でなく、本格的なのを1度作りたかったかった。自作チャーシューに負けないスープだ。前に家で、ゼミの学生が丸鶏一羽使ってローストチキンに挑戦し「こんなの自分たちで作れるんだ」と一同感激して食べたことも頭にあった。   

 さて、土井さんの丸鶏スープの結果報告。ただ一言、何とも言えない深い味。材料の干しエビを干しホタテ貝柱に変えた以外、レシピ通りにやった。鶏に塩を擦り込んで1時間、鍋に付きっきりでアク取り50分、計2時間。ちなみに丸鶏一羽、消費税込みで千円少し。火加減調節を誤り少しスープを濁らせてしまったが、スープも、出汁がらのはずの鶏肉の味も「なるほど こういう味なのか」と納得。渾然一体の妙。渾然一体と打ったら「婚前一体」と出た(笑)

 昨日、この夏一番の暑さ。ラーメンは後日とし、丸鶏肉と胡瓜を盛り合わせ、青梗菜(ラーメンと同時に茹でる)を添え、練り胡麻を使った辛みだれをかけた『棒々鶏冷麺』を作る。素人の作とは思えない味。食後のコーヒーとデザート付きで全品500円予定の「波風食堂」で、800円は取れそうな一品。嘘ではないぞ。※ごまの辛みだれ(2人前)【練り胡麻50グラム、酢大サジ3、醤油・砂糖-各大サジ1/2、丸鶏スープ大サジ1、ラー油大サジ1/2、塩少】・・・自家製スープ無ければ(普通は無いよね)顆粒スープで作って自家製冷やしラーメンのタレも可。

 最初、一糸纏わずピタリとも動かず土下座している丸鶏を前に、「君のすべてを僕は一つも無駄にしない」と臨んだ今回。挽肉やブロック肉とは気持ちが違う。敬虔な心でいただく夏の夕方。鍋の中の鶏が気持ちよさそうに温泉に浸かっている風情。青い鉄線がやっと咲き始めた。



今日の記事は裏ブログ的内容につき、向こう側を表ブログ風に書いておこう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« イラスト『都忘れ』 | トップ | こめの学習帳:13ページ目【... »

図工・調理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。