本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

ナミヤ雑貨店の奇蹟/東野圭吾

2012年05月08日 02時47分17秒 | 作家 は行
またまた新境地!?


悩み相談を受ける雑貨店店主。

その想いは時空を超えて、犯罪に手を染めた少年達に引き継がれた。


相談する人達もされる側もみんな繋がっています。

それが後半怒涛のように押し寄せてきます。

その快感が心地良い☆


SFでありファンタジーであり、そして”謎”もしっかり散りばめられていて。

読みやすさに任せて、その謎を知りたいが為に一気に読んでしまいました。


長い長い図書館の順番待ちを経て、やっと手元にきたのに…。

東野圭吾の本はまるで歯医者さんのようだ(笑
『小説』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« くすぐられたら我慢できない... | トップ | 俺にもとうとう彼女が・・・ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (恵)
2012-05-08 13:50:16
本当に新境地って感じの作品でしたよね♪
読み終わった後の爽快感といったら(笑)
ミステリのイメージが強い東野さんだけに
今回の作品はビックリさせられましたが
満足な一冊でした☆
次回作がどんな作風になるのか楽しみですよね♪
恵さんへ (けん)
2012-05-09 10:24:32
ホント、東野圭吾は次から次へと新しいお話をもってきてくれますよね。
次回もどんなのが出てくるのかすごい楽しみ♪

今回の『ナミヤ雑貨店の~』は気持ちの良いお話でした☆
最後はほのぼのっと。
あの少年達にもきっと良い未来が待ち受けているような気がします。
ナイス! (latifa)
2012-05-17 13:08:56
けんさん、こんにちは!

>長い長い図書館の順番待ちを経て、やっと手元にきたのに…。
東野圭吾の本はまるで歯医者さんのようだ

↑まさに!!
東野さんは、理系なお話が結構多い気がしますが、決してクールじゃなくて、人情テイストも豊かなのが良いですね。
latifaさんへ (けん)
2012-05-18 01:31:36
そうですね。
事件は理数系が多いけど、それを解く人は人情派って感じ☆
私も図書館派~ (にゃおこ)
2015-02-10 18:36:29
>長い長い図書館の順番待ちを経て、やっと手元にきたのに…。

そうそう、私も同じです~w

こんなに予約が入ってるって、どんな名作?って思って読んだのですが、期待に違わぬ内容で、ほぼ一日で読んでしまいました(^_^;
にゃおこさんへ (けん)
2015-02-10 22:42:52
ありがとうございます♪
にゃおこさんも図書館派ですか☆
何ヶ月も予約待ちでやっときてワクワクしながら読んでいると「あれっ…」ってありますよね(笑

コメントを投稿

作家 は行」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「黒笑小説」感想 東野圭吾 (ポコアポコヤ)
非常に都合が良い?というか、ありえん設定ではあります。 そうではあるけれど、そこをあまり気にしなければ、楽しく読める小説です。3つ★半
東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 (itchy1976の日記)
ナミヤ雑貨店の奇蹟東野 圭吾角川書店(角川グループパブリッシング) 今回は、東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を紹介します。連作短編集としては見事だという印象ですね。短編同士のつながりという点においては素晴らしいなという印象があります。すべてにおいておさまり....
ナミヤ雑貨店の奇蹟 (Akira's VOICE)
東野圭吾 著
東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』感想 (はわわな日々)
『探偵ガリレオ』シリーズで有名な、東野先生のちょっと不思議な人情話。 物語は深夜2時、なんだかいわくありげな三人組が町外れの廃屋にたどり着くところから始まります。 彼らは実は泥棒。 人目を避けるためにこの廃屋に潜み、夜が明けたら、出勤する人波に紛れて街....
ナミヤ雑貨店の奇蹟 / 東野圭吾 (まったり☆てぃ~たいむ)
    悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空を超えて過去から投函されたのか?3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に...
ナミヤ雑貨店の奇蹟 (Fine, Peace!)
東野圭吾さんのファンタジー。 少し時空がゆがんだというべきなのか、過去と現在(未来)がつながって、登場人物がつながっていくおもしろい話です。