本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

七色の毒/中山七里

2013年08月31日 03時03分05秒 | 作家 な行
7つからなる短編集。

どれも題名に”色”があります。

「赤い水」

「黒いハト」

「白い原稿」

って感じで☆


そしてこの7つの事件は『切り裂きジャックの告白』の色男刑事の犬養隼人が解決します。


最近のニュースがベースになっているお話が多かったです。

高速バスの事故や権力者の息子によるイジメなどなど。

それだけに、有名芸能人の応募した小説が大賞を獲ってベストセラーって話は本人を殺してしまっていいの?って(爆


どのお話もどんでん返し有りきで書かれています。

その高くなったハードルを更に超えるのは難しかったかな。


あっ、最近犬養刑事は娘さんとちょっとだけ会話があるんだって♪
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チャリンコのみそ汁 | トップ | カラオケで歌うと引かれる歌... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「七色の毒」を読んで。 (読書感想文。)
中山七里さんの「七色の毒」、中村啓さんの「仁義なきギャル組長」を読了しました。 まずは、「七色の毒」から。 短編集でしたが、どの作品もどんでん返しで楽しめました。 満足度は70%です。 次に「仁義なきギャル組長」を。 初めて読む作家さんの本で、登場人物....