本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

木暮荘物語/三浦しをん

2012年02月14日 12時36分42秒 | 作家 ま行
7つからなる連作短編集。

隣りの部屋の話し声や物音が筒抜けに聞こえてくるボロアパートで繰り広げられる人々の交流。


ちょっと怪しい(笑

そしてちょっとエッチ。

でもほのぼの♪


このアンバランスさがなんともいえず心地良い☆


連作短編の巧さもしっかり出ていて、後味の良い一冊でした。


『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 純粋な目に映る俺は30才♪ | トップ | 普通じゃん! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバありがとうございました。 (こに)
2013-02-24 11:04:19
>ちょっと怪しい(笑
>そしてちょっとエッチ。
>でもほのぼの♪
本当ですよね~。
しをんさん楽しませてもらいました♪
こにさんへ (けん)
2013-02-24 12:19:48
俺もほのぼのと楽しく三浦しをんを堪能しました♪
新作が楽しみな作家さんの一人です☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
木暮荘物語 (11月21日)
あまり恋愛小説って好んで読まないのですが、三浦しをんさんの作品は好きです。 木暮荘物語は連作短編集で、木暮荘という古いアパートにまつわる人々の恋愛模様を描いた作品で、住人の話や住人の勤め先の話や大家さんの話が淡々と綴られています。 淡々、というのかな。 ....
三浦しをん「小暮荘物語」 (読書と映画とガーデニング)
祥伝社 2010年11月 初版第1刷発行 267頁 小田急線・世田谷代田駅から徒歩5分 築ウン十年のおんぼろアパート・小暮荘 小暮荘の3人の住人と大家、そして彼らを取り巻く人々が主人公の連作短篇集です 「シンプリーヘブン」 学生時代から小暮荘で暮らして...