本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

私のチャップリン/淀川長治

2016年10月12日 02時47分32秒 | 作家 や行
すごいな!

淀川長治のチャップリン愛がすごいです。


正直う~んと思うことも、淀川長治にかかれば全て好意的。

”好き”ってそういうもんですよね。


ここまで好きになった天の上の方に2回も会えたなんて。

この本を書いていた時も幸せだったろうな~。

そんな想いがひしひしと伝わってきます。


チャップリンの人生と共に淀川長治の純粋で良き人柄を知ることのできる一冊です。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッスン | トップ | オデッセイ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画を観るのを楽しみに (夢見)
2016-10-12 10:04:00
してくださった方です

映画が始まる前と終わってからの淀川先生の映画や出演俳優についてのこぼれ話は とても楽しくて興味をひかれるものばかりでした


映画の申し子 映画観(えいがみ)の神様のような方でしたね^^
夢見さんへ (けん)
2016-10-12 15:52:26
ほんとにそうですよね~。
日曜洋画劇場、淀川さんの言葉を聞くともっともっと観たくなりました。
まさに神様です☆
Unknown (daisuki-johnny)
2016-10-12 20:57:44
淀川さんの本を読むと(けんさんの紹介してた1冊だけですが・・・)
自分を隠すことなく思った事を
書いてて、私はお母さんへの愛情も凄いなあ~って♪
普通なら、えっ?って思う事も書いてあって、
でも、淀川さんだからふふふっ♪って笑えちゃうんですよね~♪
チャップリン愛もそうなのかな~♪
詳しく書いてありそうですね♪
淀川さんの本も沢山ありますね。
この本も読みたいです♪

素敵な魅力ある方ですね
daisuki-johnnyさんへ (けん)
2016-10-13 09:22:03
そうなんですよね~。
淀川さんって自分を飾らず正直に生きて、ちょっと変な考え方?も「淀川さんだし♪」ってこちらが温かい気持ちになれたりして。
まさに人柄です。
チャップリン愛もとてもすごいです。
誰かをこれだけ想えるってそれだけでもとてもすごくて幸せなことだなって、この本を読んでいて思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。