本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

ビリギャル

2016年02月08日 09時29分07秒 | 邦画 は行
監督 土井裕泰
出演 有村架純
    伊藤淳史
    野村周平


もう副題そのままのストーリー。

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」


いや、いや、いや、予想に反して面白かったです☆

結末は確約され分かっているのに、早くその歓喜に辿り着きたい。

まるで池井戸潤の小説のよう。


伊藤淳史扮する先生が素直に好感もてるし、有村架純ちゃんは超可愛い!

合格シーンはウルウルきちゃいました(涙


お薦めです。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤パンツ | トップ | テレビ出演!? »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確か母親役をなさった (夢見)
2016-02-08 10:04:34
吉田羊さん共々 エランドール賞を受賞されたとか有村架純さん

いい映画ですね^^

夢見さんへ (けん)
2016-02-08 12:29:56
ビリギャルを支えるお母さん役の吉田羊さんもとても素敵でした。
胸の熱くなる映画です☆
Unknown (daisuki-johnny)
2016-02-08 21:24:55
娘も映画観て、本も読んでました♪

本当に最初は、信じられないくらい
何も知らないというか・・・
それが慶応大学に合格って!
驚きですよね。

けんさんも感動したんですね。
今度テレビでやったら観たいです♪
daisuki-johnnyさんへ (けん)
2016-02-09 01:48:01
おお!
娘さんは映画だけでなく本のほうも読まれたんですか。
気持ち分かります☆
面白かったですもん。
サンタクロースが本当にいるって信じていた少女が慶應大学ですもん。
daisuki-johnnyさんもテレビ放映された時は是非♪

コメントを投稿

邦画 は行」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画 ビリギャル (銀幕大帝α)
2015年 日本 117分 ドラマ/青春 劇場公開(2015/05/01) 監督: 土井裕泰 原作: 坪田信貴『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』 主題歌: サンボマスター『可能性』 出演: 有村架純:工藤さやか 伊藤淳史:坪田義孝 野村...
映画 ビリギャル  監督/土井 裕泰 (西京極 紫の館)
【出演】  有村 架純  伊藤 淳史  吉田 羊  田中 哲司  野村 周平 【ストーリー】 名古屋の女子高に通うお気楽女子高生のさやかは全く勉強せず、毎日友人たちと遊んで暮らしていた。今の状態では大学への内部進学すらままならないと案じた母は、さやかに塾に通うよ....
映画 ビリギャル (2015) 117分 (極私的映画論+α)
 『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』
映画ビリギャル (映画と本の『たんぽぽ館』)
ポジティブなんだか無謀なんだか・・・ * * * * * * * * * * 投稿サイトに掲載された実話が書籍化され、それがさらに映画化されたもの。 コメディ仕立てで......