本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

母性/湊かなえ

2012年12月08日 10時03分52秒 | 作家 ま行
THE湊かなえ。

今回もしっかりその持ち味が出ています。

そして今回も、これまたしっかり重い(笑


女子高生の転落死を巡り『母の手記』と『娘の回想』という2つの独白を中心に話は進んでいきます。


これはミステリーというより、純粋に題名の”母性”を語っている物語のような印象を受けました。


だからこれといった”驚愕”や”真相”みたいなものはありません。


一人の女性の母親への過度な愛情。

そしてその代償ともいえる娘への愛情。


帯には「これが書けたら、作家を辞めてもいい」という著者の言葉。

そこまで大袈裟なものでもないと思うけど、それは俺が男で独身だからなのかも。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムカデ人間 | トップ | これからはどんどん履けるね♪ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (恵)
2012-12-08 21:01:00
私も予約してます♪
でもだいぶん待ちそうです;;
(ちなみに、これから『往復書籍』を再読するところです。
内容忘れちゃってて;映画化されたので気になってもう一度借りてみました)
けんさんは読書のペースが速いですね!
私は結構読むのが遅くて;;
借りた本が溜まっちゃいます;
次の人がいる時は、かなりのプレッシャーの中読んでます☆
『神様のカルテ』もまだ手をつけてないから読んでみたいです♪

この季節の京都はとてもいいですよね♪
私も2年前に鈴虫寺にお守りを返しに行って、またお願い事をしました。
いつもお守りを持ち歩いてます☆
けんさんの願い事が叶う事を祈ってますね~☆
恵さんへ (けん)
2012-12-09 02:21:30
俺は週に2冊ぐらいのペースかな。
一日に1時間は読書をする時間を作るようにしています。
順番待ちの本がいっぺんにくると焦っちゃいますよね(汗
延滞できないから追われるように読んじゃうこともあります。
だったら買えばいいんだろうけどなかなか(汗
図書館に甘えっぱなしです(照

鈴虫寺のお札は俺も今回が2枚目。
しっかりお財布に入れて持ち歩いています☆
恵さんありがとうございます(嬉
叶うといいな♪
Unknown (スナッチャー)
2012-12-13 15:08:54
TBありがとうございました。


>そこまで大袈裟なものでもないと思う
>けど、それは俺が男で独身だからなのかも。

いえ、娘を持つ母親ですけど、ワタシも
そこまで?って思いました

スナッチャーさんへ (けん)
2012-12-14 01:25:56
そうなんや~。
やっぱりちょっと大袈裟だよね(汗
それやったら『告白』書いた時点で満足してそうやもん。
こんばんは (kazu)
2014-05-03 23:37:22
TBありがとうございました。

作家を辞めてもいいは
大げさですよね。
人の心の闇を露わにして…
なんかこわいですね。

kazuさんへ (けん)
2014-05-04 01:14:07
ホント・・・
好きな作家さんなので、辞めてもらっても困るんだけど(汗
歪んだ愛情、確かに怖いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
★本・・・湊かなえ「母性」 (スナフキン・レポート♪)
さっき、NHKのニュースの後で予告しましたが「宝塚レジェンド」??・・コレ宙組「ベルサイユのばら」が、今夜放送なのね。第二回ってあるけど、前回はなんだったのかしらとりあえず、見るかは別としてヅカフふぁんの習性で予約してしまう。話は変わりますが・・・湊か...
「母性」を読んで。 (読書感想文。)
湊かなえさんの「母性」を読了しました。 「娘」の立場で感情移入しながら読みました。 自分とダブってしまうシーンもあって、何とも言えない気持ちになったりしました。 自分は『母親』にはなれないな・・・とつくづく実感です。 満足度は80%です。 母親と言えば先....
【本】母性 (プロミストランド)
母性 湊かなえ ★★★★☆ 湊かなえ独特の雰囲気出てますねー。 母と娘の手記なんですが、まだ幸せだった頃からどこか異常さが感じられます。 この2人が中心なのですが、ラストまで名前が出ないんですよ! 母は自分の母親に愛情を求め、自分が与えてもらった愛情を...
母性  湊かなえ (花ごよみ)
母性 この物語は、 「母性について」「母の手記」「娘の回想」と 3つに区分された構成になっています。 各章とも登場人物の独白で綴られています。 母親が書いた 『愛能う限り娘を大切に育てた』という手記と 娘の回想。 母と娘の心が交わらない。 母親と娘、 二....