本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

レヴェナント:蘇えりし者

2016年04月28日 10時50分00秒 | 洋画 ら行、わ行
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ
出演 レオナルド・ディカプリオ
    トム・ハーディ
    ドーナル・グリーソン


狩猟の旅をする一団。

ディカプリオが熊に襲われ瀕死の状態。

息子と見届け人を置かれ、死を待つのみ。

しかし…。


いや~、重かった。

もう、どんより。


でもグイグイとストーリーに引き込まれていきます。

ストーリーというよりはそれこそディカプリオの演技に引き込まれていったのかも。


とにかく過酷な自然のシーンがすごい。

まさにサバイバル。

馬の内臓を取り出してそのお腹の中で寒さをしのぐシーンなんか圧巻。


そして全編にわたるディカプリオの悲痛もすごかったです。

まさに”目は口ほどにものをいう”


トム・バーディもとことん悪い奴で。

ディカプリオが戻ってきたところから、観ている俺のギアが更に上がりました。


久々の劇場だったけど、行って良かった~♪









『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分本位で物事を考える俺で... | トップ | 仮面病棟/知念実希人 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もうストーリー紹介を読むだけで (夢見)
2016-04-28 11:00:51
絶対に自分には無理!
生きのびられないーって思う状況でー

「クイックデッド」の細身の坊やがこういうの演じるようになったのだな~~~~って

過ぎし時間を想ってしまいます
夢見さんへ (けん)
2016-04-28 11:11:19
たぶんこの世の99%の人は生き残れないんじゃないかな~。
それぐらい壮絶でした。
でもこれって実話なんですよね。
俺だったら熊のシーンで死んでます(汗

「クイックデッド」初めて聞くタイトルです。
またチェックしてみます♪
そうですか、そうですか! (やく)
2016-04-28 12:34:48
レオ様ファンとしては連休中に見に行かねばと思っていたのですよ~
過酷なシーン、眼を開けていられるかな ~(^_^;)
やくさんへ (けん)
2016-04-28 12:39:49
ディカプリオが熊に襲われるシーンもネチネチと迫力満載。
目を覆いたくなるところもあるけど是非劇場で観てほしいな~♪
レオ様の身体も手も顔も全部壮絶です☆
Unknown (liz)
2016-04-28 20:37:02
GWに観ようかと思ってたんですけど
やっぱやめとこうかなぁ。
かなりハードですよね~きっと…(汗)
隣りにけんさんがいてくれれば
心強かったのになぁ(笑)
Unknown (daisuki-johnny)
2016-04-28 21:42:32
けんさん、久々の劇場での映画♪うふ♪

数々の壮絶なサバイバル・・・
お馬さんのシーンは
もしや本物の?と思うとショックでもあり
レオは、これも演じきったと思うと
又、凄いなあと思ったり。。。
これは文句無しの
オスカー受賞でしたよね~~!

あと映像が色が美しかったですね!
台詞も少ないからか、ゆっくり自然を堪能出来た
ように思います(自然の怖さも
ありましたが・・・)
lizさんへ (けん)
2016-04-29 01:55:38
lizさんまで~(涙
行って下さいよ~。
あっ、俺と行ったら手を繋がなくっちゃいけませんよ。
俺の変なルールで、手の繋がない女の人とは一緒に映画館には行かないことにしているんです(照
daisuki-johnnyさんへ (けん)
2016-04-29 02:00:50
結局昨日の休日は映画館に行きました(笑
でもホント行って良かったです。
この映画は劇場で観るべき作品だと思いました。

ディカプリオすごかったですよね~。
これでオスカーもらわなかったら絶対何かディカプリオに対して偏見があるんだ!って勘繰ってしまいそうです。

馬のシーンもそうだし、冒頭の熊に襲われるシーン。
迫力満点。
熊が遊んでいるかのようにディカプリオを表にしたり裏にしたり。
そのたびに傷が深くなって。
すごかったです。
Unknown (タケヤ)
2016-05-06 17:52:34
やっと観て来ました。
すっごく重い作品でした。
かなりずーーーんと来ました(笑)

ディカプリオすごいですよね~。
これで賞がなかったら一体誰にあげる?
って感じですもん。

でも二度目はありません。
この作品は多分一回限りですね。
(いい意味で)
タケヤさんへ (けん)
2016-05-07 00:57:37
俺も同じこと思いました~☆
ディカプリオこれでオスカー貰えなかったら今度どんなんだったら貰えるんだって。
といっても他の候補者の作品ほとんど観てないんだけど(汗
まあファンってそんなもんです(照

コメントを投稿

洋画 ら行、わ行」カテゴリの最新記事

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『レヴェナント 蘇えりし者』 2016年3月23日 20世紀FOX試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『レヴェナント 蘇えりし者』 を試写会で鑑賞しました。 レオ様アカデミー賞受賞おめでとう これだけやったんだからご褒美だね。 【ストーリー】  アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死(ひ...
レヴェナント 蘇えりし者 (Akira's VOICE)
そして彼はクマになった。
「レヴェナント 蘇えりし者」:大自然と激痛サバイバル (大江戸時夫の東京温度)
映画『レヴェナント 蘇えりし者』は、明らかに映画史に残る作品。シンプルなサバイバ
レヴェナント:蘇えりし者 (佐藤秀の徒然幻視録)
トム・ハーディの悪にはワケがある 公式サイト。原題:The Revenant。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督(本年度米アカデミー監督賞受賞)、音楽:坂本龍一。レオナルド・ディカプリオ(本年 ...
レヴェナント:蘇えりし者 (あーうぃ だにぇっと)
レヴェナント:蘇えりし者
レヴェナント:蘇えりし者 (風に吹かれて)
圧倒的な自然 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/revenant 実話を基にした映画 原作: レヴェナント 蘇えりし者 (マイケル・パンク著/ハヤカワ文庫)監督: ア
レヴェナント:蘇えりし者 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE REVENANT】 2016/04/22公開 アメリカ R15+ 156分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラッグ 復讐の先に、何があるのか。 STORY:アメリカ西部の....
レヴェナント 蘇えりし者 (映画好きパパの鑑賞日記)
 レオナルド・ディカプリオが念願のオスカーをとった作品で、過酷な自然に体当たりしたのは敬意を表しますが、個人的には「リリーのすべて」のエディ・レッドメインの演技のほうが印象的だったなあ。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:アレハンドロ・G・イニャリ...
レヴェナント:蘇えりし者★★★★ (パピとママ映画のblog)
レオナルド・ディカプリオと、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督がタッグを組んだ話題作。狩猟中に瀕死(ひんし)の重傷を負ったハンターが、自分を荒野に置き去りにした仲間に復讐(ふくしゅう)するため....
レヴェナント:蘇えりし者 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 極限という言葉が最も当てはまる映画。
「レヴェナント:蘇えりし者」絶対不死身、ディカプリオ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[レヴェナント:蘇えりし者] ブログ村キーワード  “アカデミー賞最多12部門ノミネート、監督賞・主演男優賞・撮影賞 受賞!”「レヴェナント:蘇えりし者」(20世紀フォックス)。実在した伝説のハンター、ヒュー・グラスの実話を基にした“サバイバル・ドラマ”。とに...
レヴェナント 蘇えりし者 / The Revenant (勝手に映画評)
レオナルド・ディカプリが、アカデミー賞(主演男優賞or助演男優賞)ノミネート5度目にして、初めて主演男優賞を受賞。これで彼も、無冠の帝王を脱したわけですね。 初めてのアカデミー主演男優賞のレオ様の重厚な演技が光っているそんな話題作ですが、同じく今回のアカ...
レヴェナント:蘇えりし者  監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・ディカプリオ  トム・ハーディ  ドーナル・グリーソン 【ストーリー】 アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラスは狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルドに置き去りにされてしま...
映画:レヴェナント: 蘇えりし者 The Revenant イニャリトゥの執念がまたもや結実した傑作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログは2年前の年末映画ベスト10で、同スタッフの「バードマン」 を3位にいれていた。 サブタイトル=「中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快? 怪作!(12/18アップ)」 オフビート系な映画にもかかわらず、ここまで心を掴まされるとは、驚き!....
『レヴェナント 蘇りし者』 (時間の無駄と言わないで)
エマニュエル・ルべツキちょっとヤバイだろ!? 才能の溢れ方が半端無い。 3年連続アカデミー賞もむべなるかな。 相変わらずの長回しに自然光撮影にもうクラクラきますわ。 デカ ...
「レヴェナント:蘇りし者」☆生まれ変わって蘇るレオ様 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは凄い! これでアカデミー賞取らなかったらオカシイよね。
「レヴェナント:蘇りし者」 映画圧を感じる (はらやんの映画徒然草)
今年のアカデミー賞を総なめにした「レヴェナント:蘇りし者」を観てきました。 アレ
『レヴェナント : 蘇えりし者(The Revenant)』アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドー... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『レヴェナント : 蘇えりし者』The Revenant監督 :アレハンドロ・G・イニャリトゥ撮影 : エマニュエル・ルベツキ出演 : レオナルド・ディカプリオトム・ハーディドーナル・グリーソン、他
「レヴェナント 蘇えりし者」、ディカプリオ渾身のサバイバル! (ひろの映画日誌)
おすすめ度 ☆☆☆ サバイバル映画好き、ディカプリオ好き ☆☆☆☆☆ R+15 かなりグロテスクでショッキングな映像があり、苦手な人はご注意を。 1823年アメリカ北西部。 実話に基づくマイケル・パンクの小説を原作とし、大自然の中、死から蘇り、息子の復讐の...
映画「レヴェナント:蘇りし者」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2016/4/29、109シネマズ木場。 1番スクリーン。いい席のH列を選択。 * レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター。 ** 1820年代、アメリカ北西部。 毛皮会社のヘンリー(ドーナル・グリーソン)の一行...
レヴェナント 蘇えりし者 (夏の雨)
「レヴェナント 蘇えりし者」観ました。 2015年 アメリカ 監督  アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演  レオナルド・ディカプリオ      トム・ハーディ      ドーナル・グリーソン 予備知識なしで観に行きました。 初め、アメリカの歴史....
レヴェナント 蘇えりし者/THE REVENANT (我想一個人映画美的女人blog)
「アモーレス・ペロス」 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」の アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が、 実話を基に”復讐のためだけに過酷な状況を生き抜く、決して諦めない男”を描く。 原題のレヴェナントには、「帰...
神の手~『レヴェナント:蘇えりし者』 (真紅のthinkingdays)
 THE REVENANT  19世紀、雪深いアメリカ北西部。ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は 原住民の妻との間にもうけた息子ホーク(フォレスト・グッドラッグ)と共に、狩猟 団の一員として原野を旅していた。  レオが6度目のノミネートにし...
レヴェナント:蘇えりし者 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラッグ、ドウェイン・ハワード、アーサー・レッドクラウド、グレイス・ドーヴ、ポール・アンダーソン、ルーカス・....
レヴェナント 蘇えりし者 (映画的・絵画的・音楽的)
 『レヴェナント 蘇えりし者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)主演のディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受けたというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、夜、横になっている主人公のヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)が、先...
映画「レヴェナント:蘇えりし者」を観た。 (月日はパーフォレーション。)
正直、あんなにグロテスクだとは思わなかったのだけど。。。R15+なのも仕方ない。 復讐することがわかっていながら観ているから、死ぬわけないのだけど、 何度も何度も瀕死の状態に陥り、レオに絡んだ人物や馬までも次々死んでいく。 人は護られるか、追われるか。そん....
レヴェナント (もののはじめblog)
レヴェナント 蘇えりし者 実話を基に”復讐のために過酷な状況を生き抜く、決して諦めない男”を描く。(156分) 瀕死の重傷を負いながら生存本能を糧に、追う者と追われる者が交叉する強靭な男のサバイバル・ドラマ。 息遣いが荒くなる。 極寒の未開の地で凍った川に入...
「レヴェナント 蘇えりし者」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオは年を取ってから(失礼!)の方が好きなので、彼がオスカーを受賞した事は、心からおめでとうを言うよりほかの気持ちは無い。むしろ遅い、遅過ぎた、という気持ちがある程だ。というか、何もこの「レヴェナント~」で獲る必要があったのか?とい...
【cinema】『レヴェナント 蘇えりし者』 (・*・ etoile ・*・)
2016.05.04 『レヴェナント 蘇えりし者』@TOHOシネマズ市川コルトン もう何度も書いて申し訳ないけど、デカプーことレオナルド・ディカプリオ登壇のジャパンプレミア当選してた。枚数オーバーで入場できずその代わりとして貰ったムビチケを使って、快晴だけど風の強いG...
大自然の猛威の中に (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「レヴェナント:蘇えりし者」を鑑賞しました。 IMAXにて 狩猟中に熊に襲われ瀕死の重傷を負ったヒュー・グラス グラスを足手まといだと狩猟メンバーのフィッツジェラルドは置き去りにし 反抗したグラスの息子も殺害 かろうじて生還したグラス....
「レヴェナント:蘇えりし者」 (prisoner's BLOG)
生きるか死ぬかのぎりぎりの描写で全編を貫いていて、特に熊に襲われるシーンのリアリズムなど超絶的。 もう吉村昭の「羆嵐」とか「シャトゥーン ヒグマの森」あたりも映像化できるな、と思わせる。(もっとも何より先端技術と表現意欲とが合致して"初めて"ああ...
レヴェナント (空色のきもち)
映画「レヴェナント」をみる。 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:レオナルド・ディカプリオ    トム・ハーディ     ドーナル・グリーソン 2016年 アメリカ レオさま、アカデミー賞受賞おめでとう! モードの友人とともに。 レヴェナント、....
■レヴェナント:蘇えりし者 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第401回「なぜ今更この作品を鑑賞したのだろうか?」 すっかり前回の「シビル・ウォー」から間が空いてしまいましたが、その理由はとても単純で劇場まで足を運ぶほど魅力的な作品が無いということでしょうか。それでもあまりにも空いてしまうのも・・・と考えて、何と....
レヴェナント:蘇えりし者 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
レヴェナント:蘇えりし者 '15:米 ◆原題:THE REVENANT ◆監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ◆主演:レオナルド・...
レヴェナント:蘇えりし者 (銀幕大帝α)
THE REVENANT 2015年 アメリカ 156分 アクション/ドラマ/アドベンチャー R15+ 劇場公開(2016/04/22) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がも......
『レヴェナント蘇えりし者』を見ました。 (カットハスツイン店長まさおの「1分では読めない日記」)
 昨晩、『レヴェナント蘇えりし者』を見ました。 主演はレオナルド・ディカプリオさんです。 レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]レオナルド・デ...
映画 『レヴェナント:蘇えりし者』 (向う岸)
Amazon.co.jp 『レヴェナント:蘇えりし者』 allcinema 『レヴェナント:蘇えりし者』 アリカラ族に襲撃され、グリズリーに襲われ、 仲間に見捨てられ、息子を殺される。 復讐が男を突......