本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

クンドゥン

2017年07月17日 10時58分08秒 | 洋画 か行
監督 マーティン・スコセッシ
出演 テンジン・トゥタブ・ツァロン
    ギュルメ・テトン
    トゥルク・ジャムセン・クンガ・テンジン


ダライ・ラマ14世がインドに亡命するまでのお話。


ほとんど興味のない分野(汗

お客さんがせっかく借りてきてくれたので観たんだけど…。

これがなかなか面白かったです。


ある幼児が後継者として認められた理由が予言と前世の記憶。

さすがというかすごい!


こういう作品を観て、歴史を少し知るのもいいこと。

それが面白ければなお良し♪
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宿命と真実の炎/貫井徳郎 | トップ | 今朝は無いんだった。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (daisuki-johnny)
2017-07-17 20:50:43
マーティン・スコセッシ監督なんですね!
知らない作品でしたー実話なんですね♪

最初からあまり興味がなくて
ぼや~ん(笑)と観てたら!意外と
面白かったと思えたら嬉しくなりますよね♪

歴史や実話、映画にしてくれると
面白く観れますよね♪
daisuki-johnnyさんへ (けん)
2017-07-18 09:26:37
マーティン・スコセッシ監督・・・
あんまりピンとこなくて検索したら、この監督の作品学生の頃から今までいっぱい観てました☆

テレビで放映したのを録画して観るのって、あまり興味のないものもあるので、それが面白かったりしたらちょっと得した気分です♪

コメントを投稿

洋画 か行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。