本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

靴職人と魔法のミシン

2017年05月17日 02時18分02秒 | 洋画 か行
監督 トム・マッカーシー
出演 アダム・サンドラー
    エレン・バーキン
    クリフ・“メソッド・マン”・スミス


冴えない靴職人。

ある時、それで縫って履くと他人になりすませる魔法のミシンをみつける。


楽しい作品でした♪

妄想もかきたてられるし(照

でも色っぽいことがあっても、靴は脱げないから退散なのか~(笑

後、怖い人になりすましても中身は小心な自分のまま。

そんなギャップも面白い☆


そしてなんといってもラスト!

そうだったんだ~。

愛情ある驚愕。

ほのぼのとしました♪
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 血縁/長岡弘樹 | トップ | バニラ・スカイ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
靴職人とタイトルを見て (夢見)
2017-05-17 11:11:35
最初 前回朝ドラの市村正親さんが浮かびました

{そしてなんといってもラスト!

そうだったんだ~。

愛情ある驚愕。

ほのぼのとしました♪}


{縫って履くと他人になりすませる魔法のミシン}

何かの仕掛け
そこが とっても気になります


夢見さんへ (けん)
2017-05-17 16:15:21
そうですね〜。
靴職人といえば俺も今は市村正親かも☆

最後の仕掛けは心温まりました♪
だから生きている (愛情)
2017-05-17 20:04:35
 面白い文章だな~。
 ”妄想”など女性的視点は分からないが、幼少期に親の愛情を受けているから、人は成人して生きている。
 ダウンすると、トラウマ探しがちだが、「自」を前に進め!
 創作の世界もイイ。
 田舎で、兄にイジメラレテ、年下の心優しい子たちを神社境内に集めて、遊んだ。今も同じ、30歳代半ばの専門家にどうプラスになるか?メール送るか?考えていた。
 「自」は変わらない。高校友人と携帯・スマホしたら、「酒と体力低下のギャップ」が問題(笑。
 その変わり、本当に、イイ年は(深入りの)女性問題が起きね~な(泣。
 「自」を生きてね~。友人の多忙な「都議選」なんてどうでもイイぜ。
Unknown (daisuki-johnny)
2017-05-17 23:27:34
面白かったですよね~♪
ちょっとしたファンタジー?かしら~♪
でも靴は脱げない(笑)
中身はアダム・サンドラーですから
俳優さんもアダム・サンドラーを演じてるので
楽しく観ました♪

そうそう!ラストは私もビックリしました。
そうだったんだ~~って♪
あとお母さんとダンスするシーンも
良かったなあ~って・・・
daisuki-johnnyさんへ (けん)
2017-05-18 09:29:59
面白かったです♪
そうですよね。
ファンタジーです☆

そっか~。
それぞれの俳優さんもアダム・サンドラーを演じているんですよね。
見た目が変わっても冴えなかったり、人のいいところが上手く出てました。

ダンスのシーンよかったですよね~。
楽しくて優しくなれる映画でした♪

コメントを投稿

洋画 か行」カテゴリの最新記事