本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

贖罪の奏鳴曲(ソナタ)/中山七里

2012年02月12日 02時11分40秒 | 作家 な行
本屋さんで帯の文字に目を奪われてから、図書館からの順番がまわってくるのを心待ちにしていた一冊。

『どんでん返しが止まらない!』

止まらないんですよ!(興奮


凄腕の弁護士が死体を遺棄するとこから物語は始まります。


鉄壁なアリバイ。

弁護士の過去の大罪。

これまた凄腕刑事との心理戦。


そして法廷へと進んでいきます。


そしてそして、待ってました!(笑

どんでん返し!♪


帯に嘘はありません。

楽しく読むことができました♪


『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うちの三郎だって! | トップ | どん兵衛の縦型、みつけました。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (kazu)
2012-05-11 20:49:12
TBありがとうございました。

法廷シーン面白かったです。
そして止まらないどんでん返し。
楽しめましたね。
kazuさんへ (けん)
2012-05-12 09:59:52
うん!
俺は大のどんてん返し好きやさけ堪らんかった~(笑

コメントを投稿

作家 な行」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

贖罪の奏鳴曲  中山 七里 (花ごよみ)
贖罪の奏鳴曲 重い罪を犯した過去を持つ、 弁護士御子柴が主人公。 御子柴の犯罪をにおわす冒頭。 追う警察。 明らかにされる御子柴の罪深い過去。 御子柴が手がけた保険金事件。 読み応えのある裁判シーンでした。 伏線はあっても気づかず 後になってなるほどと言....
贖罪の奏鳴曲(ソナタ) / 中山七里 (まったり☆てぃ~たいむ)
   御子柴礼司は被告に多額の報酬を要求する悪辣弁護士。彼は十四歳の時、幼女バラバラ殺人を犯し少年院に収監されるが、名前を変え弁護士となった。三億円の保険金殺人事件を......