本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

ハート・ロッカー

2010年12月04日 11時08分47秒 | 洋画 は行
監督 キャスリン・ビグロー
出演 シェレミー・レナー
    アンソニー・マッキー


第82回アカデミー賞作品賞を含む6部門受賞作品。


さすがに息もつかせぬ面白さでした。


イラク・バグダッドでの危険物処理班の活躍を描いたお話。


さまざまな爆弾の解体を映し出し、そのどれもがハラハラドキドキ。

それに加えて人間模様。

決して友情や親愛では結ばれていないが、死と背中合わせの任務を遂行する男同士の絆みたいなものがとても心地よかったです。


『アバター』を抑えたのもうなずけます。

    
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紙切れ一枚と言うけれど | トップ | タラちゃんに妹 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画 は行」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

映画「ハート・ロッカー」 (ぷっしゃ び~だ)
「ハート・ロッカー」(2008年米国) 第82回アカデミー賞で作品賞をはじめ6部門を受賞した作品なんだが、私にはその良さはわからなかった。 映画が始まって暫くは誰が主人公なのかわからなかった。 「ベッカム」という少年が出てきた。米国映画なのにサッカー...
ハート・ロッカー (to Heart)
原題 THE HURT LOCKER 製作年度 2008年 上映時間 131分 脚本マーク・ボール 監督キャスリン・ビグロー 出演 ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティ/レイフ・ファインズ/ガイ・ピアース/デヴィッド・モース 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。...