本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

教場/長岡弘樹

2013年10月28日 10時52分33秒 | 作家 な行
警察学校を舞台にした6つからなる連作短編。


どのお話も最後に「うぬぬ」と意外性があります。

さすが『傍聞き』の作者さん☆


それにしても…

この本読んだら、警察官の方のイメージがすごく悪くなってしまいます(汗

もう陰湿な人達の集まりです。

こんなところを勝ち残っていける人と友達になりたくな~い(笑
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲッドバック | トップ | 今回の主役は… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
教場   長岡 弘樹 (花ごよみ)
教場 警察学校が舞台の連作短編集。 警察学校の中で起きる色々な出来事。 その出来事も嫉妬、悪意、 策略などに彩られた ブラックな内情、 屈折した人間性が描かれています。 そしてそれが実際に あり得るように思ってしまうのです。 そのことが読んでいくに連れ ....