本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

風の中のマリア/百田尚樹

2011年05月07日 01時56分13秒 | 作家 は行
スズメバチのお話です。

メスだけの中で帝国のために生き抜く女戦士。

イメージ的にはどうしても『みなしごハッチ』が浮かんでしまいます。

しかしそこには家族愛はあれど、他の虫との友情や恋はありません。

狩り狩られるだけ。


なかなかストーリーが進まなく、ちょっと飽きてきた頃に”衝撃”がありました。

厳しいスズメバチの世界。

堪能あれ!
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソルト | トップ | 三郎!三郎!ああ~三郎 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

作家 は行」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

百田尚樹 「風の中のマリア」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
単行本発売当時、TVの情報番組「王様のブランチ」でも取り上げられていた作品 百田氏の作品を読むのは、「永遠の0」に続いて2冊目。 2011年7月26日読了。 http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2769212 物語は次の書き出しで始....
「風の中のマリア」 百田尚樹 (映画と本の『たんぽぽ館』)
オオスズメバチの驚くべき生態 風の中のマリア (講談社文庫)百田 尚樹講談社  * * * * * * * * * * 命はわずか三十日。 ここはオオスズメバチの帝国だ。 晩夏、隆盛を極めた帝国に生まれた戦士、マリア。 幼い妹たちと「偉大なる母」のため、 恋も...
「風の中のマリア」【小説】 (サナダ虫 ~解体中~)
「風の中のマリア」(著:百田尚樹)を読んだ。 命はわずか三十日。ここはオオスズメバチの帝国。 晩夏、隆盛を極めた帝国に生まれた戦士、マリア。 幼い妹たちと「偉大なる母」のため、恋もせず、子も産まず、命を燃やして戦い続ける! 感想。 ?スズメバチの実態....