本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

16ブロック

2017年08月13日 02時30分01秒 | 洋画 さ行
監督 リチャード・ドナー
出演 ブルース・ウィルス
    モス・デフ
    デヴィッド・モース


警察に不利益になる証人。

その証人を16ブロック先の裁判所に護送することになった刑事。

夜勤明けで疲れているのに~。


『ダイ・ハード』のブルース・ウィルスって感じ。

ただあんなに強くなくて、逃げ回りながらの任務遂行。


追う側の刑事がある時は武力である時は甘い言葉で。

でもこれもこの人なりの”正義”なんですよね。


最後は期待通りほんわかしたシーンで締めくくられて救われました。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 婚活探偵/大門剛明 | トップ | お盆営業中 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観た記憶があります! (夢見)
2017-08-13 08:47:00
おぼろげながら^^;

届いたケーキ
うん 良かったねーって
Unknown (daisuki-johnny)
2017-08-13 20:15:36
私も!テレビでですが観ました♪
確か面白く観た記憶はあるのですが
内容が思い出しません~
ダイハードのブルース・ウィルスだったんですね。
ハラハラ・ドキドキも入ってそう~
最近、ブルース・ウィルス見てないです。
夢見さんへ (けん)
2017-08-14 01:54:50
そうなんです!
あの届けられたケーキ☆
そうくるんだろうなって分かっちゃいるけどほんわか救われました♪
daisuki-johnnyさんへ (けん)
2017-08-14 01:57:18
俺も何年か前に観た覚えがあるんだけどほとんど記憶が(汗
逃げまくるダイ・ハードのブルース・ウィルスです(笑
そういわれると最近観てないかも。
どうしたんだろう~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。