本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

死霊館

2017年03月30日 09時19分43秒 | 洋画 さ行
監督 ジェームズ・ワン
出演 ヴェラ・ファーミガ
    パトリック・ウィルソン
    ロン・リヴィングストン


一家7人で引っ越してきた洋館。

次々と怪奇現象が起こる。

その専門家にみてもらうことに。


いや~、なかなか怖かったです。

70年代『悪魔の棲む家』を彷彿させます。


地下室にかくれんぼにオルゴール。

怖がらせてくれます。


そしてクライマックスは壮絶。

昼間に観て良かった~。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンフェア the end | トップ | 読書量の多い男性は結婚相手向き »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実話からの映画とか (夢見)
2017-03-30 10:11:00
これに関連した映画「アナベル 死霊館の人形」を観ています

いわば幽霊屋敷系のモノって 確かに存在するだろうなって思いますもん^^;

その屋敷の悪魔がおいかけてくる映画なども
こういう設定の映画って続けて見たくなる時あります
夢見さんへ (けん)
2017-03-30 12:30:29
そうなんですよね。
実話って、どこまで詳細に描いているんだろうって。
ホントこのまんまだったら怖すぎる(爆

アナベルの人形出てました。
こっちのほうも今度観てみたいな☆
Unknown (daisuki-johnny)
2017-03-30 20:35:36
こ怖そうですね。
でも最近ちょっとホラー系?も見れるようになりましたが
やっぱり昼間でないと見れないかも~
地下室はもう~~~~
怖さ満点ですね(笑)しかも必ず夜だし・・・

でもこの題名からいくと・・・
しかも70年代沸騰させる感じは・・・
私は見れないかも・・・です(笑)
daisuki-johnnyさんへ (けん)
2017-03-31 01:19:04
結構怖かったです。
怖がらせかたも巧いな~って。
俺はホラー映画大好きなんだけど、この作品は夜だったらちょっと嫌だったかもって思いました。

俺は70年代80年代前半のホラー映画で映画好きになったようなもんだからそこらへんのに特に思い入れがあって☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。