本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

血縁/長岡弘樹

2017年05月16日 09時33分05秒 | 作家 な行
表題を含む7つからなる短篇集。

どれも犯罪にまつわるお話。


コンビニ強盗のさなか、店の電話が鳴り…。

父親の介護に疲れた姉妹のとった行動は。

犬が散歩中、一人の男だけにすり寄っていく理由とは?

などなど。


どれもサクサクと読めて小気味いいラストを迎えます。

今回は驚愕というよりは優しいラスト、悲しいラスト、切ないラスト。

そんな長岡弘樹でした。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネタがないので… | トップ | 靴職人と魔法のミシン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気になります (夢見)
2017-05-16 10:50:31
{どれもサクサクと読めて小気味いいラストを迎えます。

今回は驚愕というよりは優しいラスト、悲しいラスト、切ないラスト}


決して貶すことない紹介の仕方
これはけん様のお人柄なのだろうなあと感想の書かれ方に感心しています
夢見さんへ (けん)
2017-05-16 11:23:30
いや、いや、いや(照
夢見さん誉めすぎです(照
でも嬉しい♪
ありがとうございます。
よっぽどの時は結構毒吐いてますよ(笑

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。