本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

英国王のスピーチ

2011年11月09日 01時08分41秒 | 洋画 あ行
監督 トム・フーパー
出演 コリン・ファース
    ジェフリー・ラッシュ
    ヘレナ・ボナム=カーター


第83回アカデミー賞12部門でノミネートされ、作品賞、監督賞など主要4部門を獲得した作品。


幼い頃から吃音に悩む国王。

治療のため言語聴覚士を訪れ、そこから始まる二人の交流と友情。


いや~、面白かった♪

なんで映画館に足を運ばなかったのか後悔です(汗


直ぐにストーリーに引き込まれ、そして後半みるみるうちに緊張感が高まります。

そして最後の感動!

堪りません。


スピーチの後の二人のやり取りも粋でした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホルスタインちゃんとランチ② | トップ | はやく名探偵になりたい/東川... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (まっぴ)
2012-01-11 23:18:53
映画の話題が豊富ですね。
私のブログはどちらかというと日常の出来事中心ですがよろしければまた覗いてください。
まっぴさんへ (けん)
2012-01-12 09:54:00
コメントありがとうございます。
また寄らせていただきます♪
Unknown (owned_owner)
2012-09-03 14:37:17
TBありがとうございました。
こちらからも返しました。
owned_ownerさんへ (けん)
2012-09-04 01:47:34
ありがとうございます。
またよろしくお願いします☆

コメントを投稿

洋画 あ行」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

トム・フーパー監督 「英国王のスピーチ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
作品賞は『英国王のスピーチ』!監督賞、脚本賞、主演男優賞と4冠を獲得!イギリスの歴史劇がアメリカの現代劇を下す! - シネマトゥデイ ↑アカデミー賞、取りましたね。 今日(3月1日)の映画の日は朝一から混んでました。 私も仕事明けで一睡もしてませんが、観て...
『英国王のスピーチ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、       デレク・ジャコビ、ジ...
映画・英国王のスピーチ (お花と読書と散歩、映画も好き)
原題 THE KING'S SPEECH 2010年 イギリス・オーストラリア ただただ良かった! これこそがアカデミー賞にふさわしい作品といえるでしょう 現・エリザベス女王の父君 ジョージ6世が吃音の問題を克服、心の傷を癒し、望まぬ即位であったものの立派な国....
英国王のスピーチ (Yuhiの読書日記+α)
吃音(きつおん)に悩む英国王ジョージ6世が周囲の力を借りながら克服し、国民に愛される王になるまでを描く実話に基づく感動作。監督はトム・フーパー、キャストはコリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター他。 <あらすじ> 幼いころから、ず...
『英国王のスピーチ』 (独身実家暮らし会社員のしせいかつ)
 昨日は一日ダラダラしようということで、『英国王のスピーチ』を借りてきて観ました。  個人的にものすごくヒットしました。  第一王位継承者の兄がダメダメだったために、自分に王位が巡ってきてしまうなんて、吃音障碍(いわゆる「どもり」)がなくても悩むわ! ...
英国王のスピーチ / The King's Speech (*くみさんの映画レビュー*)
吃音に悩まされたイギリス王ジョージ6世と その治療にあたった植民地出身の平民である言語療法士の友情を 史実を基に描いた作品(ウィキペディアより) --- やっと観られた。 流れる音楽が優しいなー、というのが最初の感想。 たまに出てくるイギリスの風景も興味深かった...
「英国王のスピーチ」 (イソヤ界 具)
「英国王のスピーチ」 http://ja.wikipedia.org/wiki/英国王のスピーチ 英国王ジョージ5世の子ヨーク公アルバート王子は吃音症に悩んでおり 演説でいつも失敗していた。 アルバート王子の妻エリザベス妃が 何処からか見つけだしてきた変わり者の言語療法士のもとで 治....