本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

ディレクターズ・カット/歌野晶午

2017年10月07日 10時46分10秒 | 作家 あ行
ワイドショーで若者たちの無分別な行いを突撃で取材するコーナー。

実はディレクターのやらせだった。

そして取材は暴走。

連続殺人鬼にコンタクトをとり生中継?


帯には

「ラスト大大大どんでん返しの真実」

「読者は凛然とし言葉を失う」

またまた大風呂敷広げちゃって~と思いながらも…

でも作者は”葉桜の季節に~”の歌野晶午☆

ありえる!


もうワクワクドキドキで読みました♪

正直、帯の言葉には程遠い?

でも歌野晶午らしい一冊。

だから”やりすぎ”なストーリーもアリになっちゃう。

悪人しか出てこないのに何気に読後爽やか~(笑
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加