輝く明日に向かって

澄んだ青空に輝く太陽
そんな晴れ晴れとした気持ちにしてくれる(?)
浪江町社協職員の日々の活動を綴っています。

皆さんおめでとうございます!

2015-10-08 19:54:59 | 老人クラブ
こんにちは、最近ブログの更新は他人任せでサボリ癖がついた事務局Hです。
今回久々に投稿します記事は、先日から当ブログでも紹介していました、「第41回浪江町高齢者福祉大会」です!

この高齢者福祉大会について簡単に説明しますと、浪江町内の老人クラブやその会員の人たちの中で、地域福祉、高齢者福祉に
貢献され、特にその功績の大きい方への表彰や、結婚50周年を迎えられたご夫婦を対象に金婚夫婦の表彰を行う式典です。

震災前は毎年町内で開催されていましたが、震災後はしばらく開催されておらず、昨年から再開するようになりました。
会場はここ二本松市の「安達文化ホール」ということで、あまりにも立派な施設なため参加者数が思うように伸びなかったら
どうしようとか、弁当があまり過ぎた場合の処分の方法とか、そんなネガティブな思考に陥ってました。()´д`()

さて、本日の会場の入りは・・・・・|д・) ソォーッ…

オォォーーー!! w(゜ロ゜;w(゜ロ゜)w;゜ロ゜)w オォォーーー!!
これはすごい!昨年を上回る参加者の数!
忙しいながらもお越しいただいた方々に本当に感謝です!

定刻となり、まずは牛渡副会長より開式の挨拶からはじまり・・・、


続けて大会会長挨拶。

馬場会長からは避難先ながらも福祉大会を開催できる喜びと、将来町で開催できるようにと復興に向けての新たな決意を
お話しいただけました。


そして藤田会長からは急速に進行している高齢化と、避難状況によって直面している高齢者の諸問題に対し、
老人クラブ会員一丸となって解決に取り組む決意をお話しいただきました。

いよいよ老人クラブの功労者に対する表彰に・・・。

今回は大会会長表彰が2団体、連合会会長表彰が3名、連合会会長感謝が3名の方々が表彰を受けました。
受賞された皆さんおめでとうございます!

続けて金婚夫婦の表彰へ、

まずは主催者「福島民報社」さんの吉田二本松支社長よりご挨拶をいただきました。

今回受賞されたのは34組のご夫婦。

皆さんおめでとうございます、末永くお幸せに!

式典も終盤、来賓の方々からの祝辞をいただき、


そして、受賞者代表として川添の荒テルコさんより、今回の受賞に対する謝辞が述べられ、


最後に、大会宣言が読み上げられ、盛大な拍手をもって宣言が採択されました。(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ


式典終了後受賞者の皆さんで記念撮影。

皆さん本当におめでとうございました!

・・・・ここで記事は終わり?
いいえ終わりません、高齢者福祉大会は午後の部に町民参加のアトラクションがあり、これがすごく盛り上がりました。
この様子については次回改めて報告したいと思います。
こうご期待!m9(`・ω・´)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加