輝く明日に向かって

澄んだ青空に輝く太陽
そんな晴れ晴れとした気持ちにしてくれる(?)
浪江町社協職員の日々の活動を綴っています。

~町内サロン~

2018-01-25 15:01:05 | 浪江町社協

25日は、浪江町役場地域包括支援センター主催の「ミニサロン」が町内、災害住宅集会所で開催されました~!

災害住宅の近くに住んでいる住民さんたちが集まりました!

 

 

 

 今回で3回目となりますが、住民さんからの要望で、トン汁を作ってみんなで食べよう!

野菜は、浪江に戻って作っている住民さんからの提供で、住民さんが調理です。

もちろん線量は事前に検査し、役場担当課と協力団体が、放射線についての説明もあり~!

 

 

 

住民さんが協力して作っている間、他の参加者は思い思いに交流です!

 

 

 

十分に交流をした後は、みんなが協力して作ったトン汁を頂き♪

 

 

 

 

あっという間の交流会となりました!前回集まった住民さんからの意見で実現した今回のトン汁食べよう会!

 

今後も、定期的に集まることになりました!次回以降、どんなことをやっていくのか、とっても楽しみです!

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

∪・ω・∪2018年仕事始めの式∪・ω・∪

2018-01-04 11:00:49 | 浪江町社協

.゚+.(o゚∀゚ノノ゙新年あけましておめでとうございますヽ(o゚∀゚o)ノ.゚+.


昨日はさんさんと降る雪に家からでるのを妨害され、やむなくコタツに入り
昆布茶を飲みながら煎餅をたべてお正月休みの最終日を過ごしました(ノд`ο)゚。

二本松事務所の駐車場も朝出勤した際はスケートリンクのようにツルツルとしていましたが、
現在は晴れ間がさしており、雪も路面も溶けはじめております(人´∀`).☆

さて、そんな浪江町社会福祉協議会では本日1月4日仕事始めの式がありました。

事務局長からの挨拶にて「今年は戊辰戦争150周年のキャッチフレーズに白河市は「甦[よみがえ]る『仁』のこころ」、
会津若松市は「『義』の想い つなげ未来へ-」を掲げ、「仁」は相手を思いやる心、「義」は人として守るべき正しい道を意味しており、
そして社会生活に最も必要な基本的道徳を「仁義」という。二本松市も同じく戊辰戦争の大変な時代を乗り越えた地であり、
心の空洞化が叫ばれ、人工知能(AI)が台頭する時だからこそ、戊辰の戦史を振り返りつつ、「仁」「義」を胸に刻む年としたい。」というお話をいただきました。
局長の訓示を聞き思いやりの心と正しい行いをする心をもって、今年も町民さんの笑顔と出会えるよう日々の業務に努めようと思いました。

 

まだまだ朝晩冷えこみますが、あたたかい服装で今日も元気にお過ごしくださいね。

それでは改めまして、今年も浪江町社会福祉協議会をよろしくお願いします。ヽ(・∀・)ノ

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

~今日は仕事納めの日でした~

2017-12-28 17:01:44 | 浪江町社協

今年も残すところあと3日となりました。

(*´∀`*)浪江町社会協議会では今年も一年お世話になった事務所内の大掃除をおこないました。

 寒さに負けずがんばって職員一同で力を合わせて、雑巾でゴシゴシするとなんだか気持ちもスッキリしますね

 

事務所も綺麗になり、仕事納めの式も通年通り行うことができ、

 

無事新年を迎える準備ができました(・∀・)∩`・◇・)ハイッ!!

 

今年も皆さんに社協の事業活動で様々なご支援いただきありがとうございました。
 来年も 変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。(人´∀`).☆

当事務所は年末年始休業のため、12月29日~1月3日までの6日間お休みさせていただきます。

それでは皆さんよいお年を!o(´∪`o)(o´∪`)o

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■□平成29年度 協働による地域の福祉力向上事業について■□

2017-09-26 11:55:32 | 浪江町社協

この度、平成29年度 協働による地域の福祉力向上事業「地域ふれあい研修会~塩沢地域のお宝探し~」を

2回にわけて開催することとなりましたので以下のとおり開催要項をお知らせいたします。

 

①目 的  

少子高齢化・人口減少がすすむなか、行政等の制度によるサービスだけでなく、住民一人ひとりが地域でできることを担い、支え合う土壌づくりが求められています。

地域の中には、「見守り活動」や「サロン活動」と呼ばないけれど、住民が無意識に行っているホンモノの支え合いがあります。

この研修会では、そのような地域住民の暮らしのなかに存在するホンモノの支え合いを「地域のお宝」と称して住民同士で共に発見し、

お互いの活動を認め合うことで地域コミュニティの維持・発展を目指すことを目的に開催します。

②主 催

社会福祉法人 福島県社会福祉協議会

社会福祉法人 二本松市社会福祉協議会

③日 時

<2回シリーズ>

第1回:平成29年10月20日(金) 18:30~20:30

第1回:平成29年11月21日(火) 18:30~20:30

④会 場

塩沢住民センター

住所:〒964-0897 福島県二本松市塩沢町1-238-1

TEL:0243-22-1263

⑤参加対象者

塩沢地区にお住まいの方、県内の福祉活動推進に関わる方、市町村社協職員等

⑥定 員

40名程度

⑦参加費

無料

⑧講 師

ご近所福祉クリエーション 主宰 酒井 保 氏

⑨参加申し込み

参加希望者は、平成29年10月4日(水)までに最寄りの市町村社会福祉協議会にお申し込みください。

⑩参加申込み先及びお問合せ先

福島県社会福祉協議会 地域福祉課(ボランティアセンター)

〒960-8141 福島市渡利字七社宮111番地

TEL:024-523-1254 FAX:024-523-4477

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟県糸魚川市火災災害義援金のご報告☀

2017-06-13 10:56:30 | 浪江町社協
日本赤十字社浪江町分区、浪江町共同募金委員会を通じてご案内をしました「新潟県糸魚川市火災災害義援金」に
仮設・借上・公営住宅の自治会をはじめ多くの皆さまから温かいお気持ちをお寄せいただきありがとうございます。

お寄せいただきました義援金の実績を下記のとおりご報告いたします。

新潟県糸魚川市火災災害義援金
総額 159,645円


皆さまからお預かりをしました募金は、日本赤十字社、共同募金会を通じて被災地にお届けいたしました。
 ご協力ありがとうございました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加