涙目筑前速報+

詰まるところは明日を知る。なだらかな日々につまずいて
向かうところはありもせず、未来の居場所だって未定―秋田ひろむ

東京ゲームショウ2016感想日記

2016-09-18 23:19:01 | ゲーム
日本のゲーム見本市、東京ゲームショウ。TGS。
今年も行ってきた。

と言っても、行ったのは昨日だ。
本当は今日も行く予定だったのだが、昨日で観たいものや物販などはあらかた済ませてしまったので、今日はのんびり家でゲームに勤しんでいたのである。
今回の日記では昨日のTGSの感想を書いていく。

■お客さんについて

まず、やはりメガネ・デブ率高すぎだろう。。。
それだけならいいんだけど、酸っぱい。なんか酸っぱい。
毎年これ思ってるんだけど、おまえら少しは身なりに気を遣いなさいよ。
身なりっつっても服はいいんだけど、せめて匂いはどうにかしろよ。
特にデブの奴。お前だよお前。酸っぱいんだよ。くさいを通り越して酸っぱいの。
加齢臭とかいう言い訳しているんじゃないよ。
どうみても汗じゃんかそれ。汗から来るやつじゃんか。
せめて軽めの芳香剤くらいはつけてこう。
一歩一歩やれることからやってこう。
おまえらの嫌いなリア充とかパリピとかウェイとかそんなんになれってんじゃない。
お前の人生で充実することなんて万に一つも期待してねえんだ。
そういうんじゃなくて、せめてお前の匂いは誤魔化せ。酸っぱい。死ね。
世界はお前の匂いに気付いている。死ね。
頼みますよホント。


■試遊について

次に、試遊したタイトルについて。
今回目当てで行ったのは、FF15。



やっぱり延期してああだこうだ言ったけど、気になってしまうもの。
いち早くプレイしたいもの。
そういうわけで、FF15をプレイしてきたよ。
210分も待たされたよ。
個人的には240分は待つと思ってたから、「予定よりは早くプレイ出来そうじゃん。。」なんて冷静になっている自分がいたよね。
昨年のSO5は150分待ちだったけど、今年はプラス1時間くらいだろ。
大丈夫待てる待てる。

そんな事を想いながら、『四畳半神話大系』を読みながら待ってました。
それにしてもおまえら、本とか全然読まないのね。全員下向いてスマホなのね。
暇潰すにしたって3DSだのVITAだろ。なんでまたスマホ。
電池残量とか気にならねえのか。ちなみ俺、そういうのめっちゃ気にするタイプ。
家族とかの緊急連絡が万が一あったらどうすんだとか四六時中考えてるからね。
「緊急事態に電池無くて連絡取れません」とかお話になりませんって考えの人やからね。
まあいいんですけど。

そして待つこと数時間。ようやく試遊できた。
今回俺が遊んだのはXBOX ONE版の方。
本当はPS4版やりたかったんだけど、今だけ人が多いので、ハードは選ばせてもらえない。
まあ仕方ないよな、この辺は。

その箱版を触ってみた感触なんだけど、第一印象はあまりよくなかった。
なんつうか、ジャギーが目立つ。
普段画質とかはこだわらないし、ゲームは映像じゃないって思ってるタイプの俺だけど、それでも髪の毛の部分なんかのジャギーは明確に分かってしまった。
これは箱版だからなのか、それとも開発がマスターアップしていない段階だからなのかは何とも言えないけど、そこは良くなかったよ。
開幕で何かジャギってるのを観ると、「なんかちょっと前のゲームみたいだな。。」と思ってしまう。
凡庸なタイトルなら気にはならないレベルでも、これはFFの最新作。
やっぱり日本を代表するレベルのタイトル。
そしてFFの真髄はチャレンジしていること。
そういう意味で、あらゆる意味で最先端であって欲しいし、それを求めるからでこそ、気になっちゃうところなのかもしれない。
製品版ではこういう所もしっかり直しておいてほしいな。そのための2ヶ月延期でもあるんだ。

次に気になったのはカメラワーク。
やっぱりこの辺苦戦しているんだな~ってのが感じ取れる。
それくらいまだ完成にはあと一歩って感じで見辛い所だったり、欲しいカメラ位置になってくれない。
あと俺が単に見落としてただけかもしれないし、製品版では実装されているかもしれないけど、カメラの遠近調整が出来なかった。
個人的にはもうちょっと離れた位置でノクトを操作したかったのだけど、そういう操作が出来る箇所がなかった。
もしついていない場合、これは製品版には絶対につけておいてほしいんだよな。
人によるだろうけど、あのカメラワークだと近すぎる。

他には章が始まる時の最初のロードが若干長く感じるかな。。
まあその後はシームレスだから、最初だけ我慢してねって事なんだろう。
この辺は許容範囲。

ここまで気に喰わないところを書いたけど、それ以外はかなり楽しかった。
開幕からボス戦という、FF2をオマージュした展開も迫力あったし、その直後のレギスがノクト達を見送るシーンもかなりグッと来た。
何度もノクトを引き留めて心配するレギス王には親父って感じがするよな。
キングスグレイブの内容を知っているから、尚更レギスの心境が分かる。
戦闘も個人的にはかなり良い感じ。シフトブレイクで先制かけて、片手剣で手数稼ぎながらとどめは槍や大剣みたいな流れが良い。
パリィのタイミングは前評判通りかなりシビア。
もうちょっと優しくしてくれてもいいかな
キャラ同士の掛け合いもグッド。
こういうセリフの応酬はラストまで途切れることなくあって欲しいね。

以上のような感じ。
映像がまだ荒っぽい部分もあるけど、結構楽しめる内容だなと感じた。
この調子で11月末の発売日までブラッシュアップしていって欲しい。


■物販について

FF15を終えた後は一通りのブースを見て回り、最後に物販に立ち寄った。
時間も15時回っていたので、グッズはあまりないかなと思ってたけど、クリアファイルを中心に良いものが買えた。

個人的にお気に入りなのは、龍が如くの桐生ちゃんクリアファイルに真島組のピンバッジ。



他にはダンガンロンパ3のクリアファイル。





雪染てんてーとのマシンガントークバトルなのは結構お気に入り。


こんな感じで今年のTGS見物は終わった。
ずっと待ち続けているFF15を試遊できたのは本当に良かったな。
かなり面白いって実感もあったし、11月の発売日がより楽しみになってきた。

ちなみに今日はゲームしながらATRを見ていた。
大藤さんの「もう延期しないよね?」という言葉に「絶対にしません」という田畑Dの言葉も聞けた。
本当に期待しているから、良いもん作ってくれ。
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペルソナ5を買った | トップ | テイルズオブベルセリアを全... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL