涙目筑前速報+

詰まるところは明日を知る。なだらかな日々につまずいて
向かうところはありもせず、未来の居場所だって未定―秋田ひろむ

ain't afraid to die/死を恐れない

2017-06-28 23:04:25 | チラシの裏
雑記。

■今日のトレーニング

今日行ったトレーニング。
水曜日は腕や胸筋周りの筋トレと日課のプランク。

腕立て伏せ10回×3セット



ライオンプッシュアップ10回×3セット



プランク30秒×3セット



サイドプランク(膝つき)30秒×3セット




昔から腕の方があまり強い方ではないせいか、これ位の負荷でも上腕三頭筋が張っている。
まあ筋肉ムキムキにデカくしたいわけでもないので、プニョらない程度にやっていく予定だ。


■IWGPJr.戦線について

プロレスの話。
昨日IWGPジュニアのタイトルマッチがあった。
結果としては、大方の予想通りくっしーがBUSHIに勝利。
BUSHIはすでにNever6人タッグのベルト持ってるからね、しょうがないね。
そして満を持してのデスペ登場。
BOSJでも一番良かったのはデスペだと思っているので、この挑戦は本当に嬉しい。
できれば戴冠してほしいんだよなあ。くっしーはROHのTV王者もあるので、ここはデスペに華持たせてやって欲しいところだ。


■アライアンス・アライブを買ってしまった

ゲームの話。
買う予定もなかったのに「アライアンス・アライブ」を買ってしまった。。



ちゃうねん、周囲の噂がめっちゃ良かってん。
でもフリューでしょって疑惑は今でも晴れないわけだけど、それでも遊びやすいってのはかなり魅力的なのよね。
それと、公式見てたら確かに面白そうな匂いがするんだよ。
あと、どことなく昔の風味がするんだよな。
あのファミコン・スーファミ時代のRPG臭さがどこかあるんだよ。
直撃世代だったから、俺はこの手のタイプに本当に騙されやすい。
あの頃の臭いがするゲームがあるとすぐ飛びついちゃう。
こればっかりは子供時代の思い出補正もあるから、仕方ない所だと思う。
まあ良い時代に生まれたとポジティブ捉えることにしよう。

そういえば、3DSにはもう一つ気になっているソフトがある。
「ラジアントヒストリア」というゲームだ。



元々ニンテンドーDS時代に出ていたゲームで気にはなっていたのだけど、結局スルーしてしまった。
今回フルリメイクされたという事で、一応情報は追いかけていた。
企画の立案を「スターオーシャン ブルースフィア」に参加した高屋敷哲と、「ラジアータストーリーズ」のキャラデザに関わったこにしひろしがやっているという点でも俺に合っている気もする。
また、アライアンス・アライブもそうなんだけど、ここ最近は3DSやVITAのような携帯ゲームでゴロゴロしながらプレイしたいという気分なのだ。
据え置きが嫌になったというわけではなく、年に数回程度「あ~携帯機でゴロゴロしながらやりてえなあ」という気分になっちゃうのだ。
この波が終わるとまた大作をドカーンとやりてえ!って気分になってくる。
発売後の情報を観つつ、触り心地が良さそうなら思い切って買っちゃおうかと思う。


■今日の1曲
DIR EN GREY「ain't afraid to die」
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつ何時、誰の挑戦でも受ける | トップ | 正面の理、側面の情、背面の恐怖 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL