えぬ日和

日々雑記。第二、第四土曜更新を守っているつもり。コラムを書き散らしています。

・過ぎ越しの夕べ

2016年12月31日 | 雑記
 夕方が来る。先週の華やかな騒ぎとはうってかわり明日を控えて街は静かだ。存分に外へ出たろうと26日以降のテレビのCMは家で過ごす時間を増やすかのように年末の特番やおせち料理の宣伝へせわしく映る。準備を準備をと連呼するがカレンダーをよく読まなくても正月を迎える準備に必要な日数に5日は少ない。これが会社員ともなるとよほどのことがない限り28日まではお勤め、それから大掃除やら何やらをしようとしてもごみの収集やおせち料理の予約(あるいは材料の買い集め)は大体28日で同じく仕事を納めており一旦12月の前半のどこかでクリスマスを忘れていないと正月の支度というものはそうそう難しい。

 12月31日の大晦日は忙しく流れるそれまでの30日を振り返るかのようにどこか茫然としている。6時半か7時頃始まる特番か、除夜の鐘や初詣でのための外出の支度にもまだ早い夕暮れの時刻は切り替えの支度に疲れた人への休みの瞬間にも思える。どこか駅前の騒ぎに紛れ込みたくて外に出ようとすると、ゲームをしようときょうだいから誘われてなし崩しにゲームキューブで遊び、気づくと窓には夕暮れが迫っていた。あと八時間が二〇一六年となり、外はゆるゆると寒気を増して夜に向かっている。

**

二〇一六年も拙文をお読みいただいた方、そうでない方もありがとうございました。
昨年書いたよりはまだブログというメディアの在り方はそれなりに意義があるようですが、今年は文章というものの見せ方を考える機会が多かったように思います。
来年も淡々と続けるだろう拙文にどうぞお付き合いいただければ望外の喜びです。

よいお年を過ごされますように。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ・シングルベル | トップ | ・間のできる時 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事