えぬ日和

日々雑記。第二、第四土曜更新を守っているつもり。コラムを書き散らしています。

限界パソコン

2017年05月13日 | コラム
これで何度再起動のボタンを押したかわからない。またパソコンから音が出なくなった。
Windowsの注意に屈してOSを切り替えたことが運の尽きだったかもしれないが、
ともかくそろそろ10年選手を迎えようとするパソコンはその時を境にブラウザで音楽を見ながらワードに物を叩きこむといった
基本的な作業もできないほど弱っていた。弱っていたという言い方が正しいのかはわからない。
今も特段負担を強いる作業をしているわけでは(使用者の目線から見える範囲では)ないにもかかわらず、
しきりに排熱のファンの動く音がする。

再起動のボタンを押しすぎかもしれないとシャットダウンのボタンに手を伸ばすとそれはそれで弊害が生じる。
パソコンを開きたくなくなるので結局パソコンを開かないのと同様の状況は変わらない、というそれだけの話で、
なら他にパソコンの代替を買えだのパソコンを買い替えろだのといった話は今現在の面倒と天秤にかけると
今現在の面倒のほうがまだましなように過去の記憶を掘り起こした結論へ思い至るので現状維持だ。


ファンから音が高くなるが、膝にのせて排熱の高熱を悪くするせいか、あるいはバックグラウンドで私の知りえない
プログラムが何かやらかしているのかはブラックボックスに放り込まれている。
パソコンのトラブルの大方の解決方法は突き詰めると「祈る」になるのかもしれぬと全く解決にならない検索結果を
途方に暮れながら眺めた。また音が止まったがフリーズするのも恐ろしいのでおっかなびっくりこれを打ち込んでいる。
ワードをはじめとしたOffice系列は最近セーフモードでしかまともに起動したところを見ておらず、
古くからの馴染みのプリンタも時々存在を認識しないレベルまで残念になってきている始末だ。

パソコンで10年選手はかなりどうしようもない部類に入るとわかっているものの、頼むからもう少し頑張ってほしい。
壊れなければそれでいいといった心境になりつつある。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <遊び心のプログラム>彼は... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL