時空トラベラー THE TIME TRAVELER'S PHOTO ESSAY

歴史の現場を巡る旅 旅のお供はいつも電脳写真機

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

正蓮寺大日堂 ー小綱町散策。まだまだ知らない奈良ー

2012年01月15日 | 奈良大和路散策
 小綱町と書いて、「しょうこちょう」と読むそうだ。「こづなちょう」とか、「こあみちょう」とか云ってしまいそうだが... 奈良の旅行ガイドには出て来ない町名だが、ここは有名な寺内町である今井町のすぐ北隣の町だ。現在は町村合併で橿原市小綱町となっているが、元は奈良県十市郡小綱町。近鉄大和八木駅南口から西へ徒歩10分ほどの小さな集落。ここの成等山正蓮寺が今回の時空トリップの舞台。この寺は真宗興正派の寺院だ。この辺りは、戦国時代には、今井町が称念寺の寺内町で一向宗、浄土真宗が隆盛を極めた地域であった事から、真宗寺院が多くても不思議ではない。
 
 しかし、この正蓮寺大日堂の御本尊はその名の通り、大日如来。大日如来と言えば弘法大師空海の真言密教の中心仏である。何故に真宗の寺に真言密教の大日如来がおわしますのか?阿弥陀如来が御本尊のはずでは?そして同じ境内には蘇我入鹿を祀る入鹿神社が。神社と寺が同居していること自体は珍しい事ではないが、真宗寺院、大日如来、蘇我入鹿という組み合わせは、なにかおもしろいストーリがあるように感じる。

 この日は私の職場の旧友で、この正蓮寺住職のN氏と、小綱町文化財保存会の会長さんにご案内いただき,大日堂を拝観させていただいた。いろいろお話を伺い、保存会が最近作成したパンフレットを拝見して、知られざる大日堂の由来、境内に同居する入鹿神社の伝承、そして小綱町の歴史が明らかになってきた。

 保存会の会長さんのご説明と,パンフレットの説明文の内容を私なりにまとめると次のようになる。

 この大日堂はもともとは、真言宗高野山派の仏起山普賢寺の本堂であったそうだ。普賢寺の創建年代については明らかでないようだが、この建物の建立年代は、その棟札により、文明10年(1478年)である事がわかっている。昭和30ー31年の大修理の時に発見された墨書きによると1456年に再建が始まり、一応の完成を見たのは棟札が示すように1478年、と小さな堂宇の再建としては20年以上もの年月を要している。これは当時の応仁の乱等の社会不安、動乱が反映されたものではと言われている。

 その後、江戸期に入ると徐々に、この辺りは、今井町に代表されるように真宗に圧倒されて、真言宗の普賢寺も留守居僧を置き細々と法灯を守る有様であったという。さらに、明治初期の廃仏毀釈の嵐の中で、普賢寺はとうとう廃寺となった。その後、隣接する真宗正蓮寺に合祀され、大日堂は正蓮寺の管理に帰した。大日堂では7月15日の大日如来供養祭があるが、それ以外の寺院としての宗教行事は行われておらず、小綱町文化財保存会の方々の献身的な保存活動、公開により現在に至っている。昭和18年には国の重要文化財に指定された。

 ここの大日如来はなかなか見事な仏様である。このような美しい仏像が人知れず小さなお堂に封印されているのは悲しい。今は、保存会の方のご努力で、拝観を希望する人には申し込みにより、公開される事になったそうだ。この大日如来座像の由来はまだ全てが明らかになったとは言えないが、説明によると、鎌倉時代の作とされている。京都の院派系の仏師によるものではないかということである。大正8年には国の重要文化財に指定されている。

 この大日堂の外の正面左手に、小さな石像が祀られている。これは地元の人々の間では、長くお地蔵様として花を手向けたり、前掛けをしたりして親しまれてきたそうだが、最近、歴史に詳しい方からの指摘で薬師如来座像である事がわかったそうだ。かつて、廃普賢寺は室生寺霊場八十八カ所の六十七番札所であったそうである。その名残と言う事のようだ。

 同じ境内には蘇我入鹿を祀る入鹿神社がある。飛鳥板蓋宮での暗殺劇で,はねられた首がここまで飛んできたのだそうだ。戦前の皇国史観のもと、逆賊蘇我入鹿を祀る事はけしからんとして、スサノオノミコトを合祀するなど、ある時期肩身の狭い扱いを受けてきたようだが、地元の人々に手厚く祀られてきたそうだ。もともとこの地は蘇我氏の由来の地で、現在でも曾我の地名が残っている。ちなみに、つい最近まで、ここ小綱町と藤原氏の故地である多武峰や小原の里とは交流が無かったとか。狭い奈良盆地の中での話だが、因縁とは恐ろしいものだ。

 以上が、不思議のタイムカプセル、大日堂、入鹿神社拝観記である。

 ところで、蘇我氏の歴史的な役割、評価はまだ定まっていないといえよう。日本書紀では「大化の改新」で逆賊として誅殺された事になっているが、実際はどうであったのだろう。渡来人系の氏族であったとか、大陸との太いパイプがあったとか、検証出来ていない説がいろいろあるが、当時の唐、新羅などを中心といた東アジアの情勢についてかなり正確な分析と、それに基づく政策判断を持った、いわば「国際派」であったようだ。ある意味、そうした国際情勢を理解しない、あるいは、敢えて過小評価する、「国内派」勢力との争いに負けてしまったのかもしれない。

 しかし、蘇我氏を倒した大化の改新の立役者である中大兄皇子と、その母である斉明天皇は、百済救済を掲げて筑紫へ進駐するが、斉明天皇は筑紫朝倉の宮で崩御。跡を継いで即位した中大兄皇子、天智天皇は白村江へ出兵を強行し、唐/新羅連合軍に大敗する、という失態を演ずる事となる。蘇我氏の大局観は活かされなかった訳だ。

 歴史は繰り返す。類似の出来事として、時代をさかのぼり、継体天皇の時代には「筑紫国造磐井反乱」と称する「謀反」が日本書紀に記されているが、これも百済と結ぶヤマト王権に対し、情勢は新羅に分あり,と判断したチクシ王権の盟主、磐井が新羅と手を結んでヤマト王権と争ったものと解釈する事も出来る。結果、チクシの大王、磐井はヤマト王権から派遣されてきた「討伐軍」との2年に渡る戦いの末、殺されてしまう。その後、当時のヤマト王権は朝鮮半島の「任那」における権益を新羅に奪われる事になる。

 このように,歴代ヤマト王権は、かならずしも東アジア情勢について正しい情報と、認識を持っていなかった可能性がある。日本の歴史において,このような「国内派」と「国際派」の争いは,常に「国内派」の勝利で終わり、その結果生じる「国難」を甘んじて受けざるを得なくなるという、歴史を繰り返してきたように思う。蘇我氏、筑紫国造磐井といった「国際派」はここでも歴史上抹殺される運命にあったようだ。

 話は変わるが、この辺りの地図をGoogle Mapで見ると、町の西側にわずかに掘割の痕跡が認められる。この事を保存会の会長さんに伺うと、やはりこれは環濠の痕跡だと思うとのこと。ただ、今井町の環濠のような中世の寺内町のそれではなく、さらに時代をさかのぼった奈良時代や飛鳥時代の地元豪族の敷地趾ではないか,との事であった。今は静かな集落である小綱町の辺りも、飛鳥時代には、飛鳥京から難波津へ向う古代の官道、横大路と、聖徳太子が居住地,斑鳩から飛鳥京へ通った太子道が交差する交通の要衝であったそうだ。蘇我氏が地盤とし、蘇我氏滅亡後はその地の利を我がものにしようと豪族が争った因縁の土地に違いない。なかなか奥深くて面白い。

 ちなみにこの堀割り跡を埋めてしまおうとする「開発」案件がひっきりなしに出てくるそうで、保存会の方々もハラハラしてるそうだ。世の中の理解が深まらないと、こうした歴史の痕跡はドンドン消滅してしまう。地道な保存の努力に敬意を表するとともに、何か一人一人に出来る事はないかと思う。今井町に掲げられていた標語、「文化財,守れる人が文化人」を、ふと思い出した。

 奈良はディープだ。まだまだ知らない大和がある。地元の方々に聞く奈良はさらに面白い。これまで表に現れていない新たな事実の発見が楽しい。すっかりお世話になったNさんと保存会会長さんにあらためて感謝申し上げたい。私の時空トラベルは次のフェーズに移りつつある。

参考:正蓮寺大日堂のホームページはこちら:http://dainichido.net/index.html 

<embed type="application/x-shockwave-flash" src="https://picasaweb.google.com/s/c/bin/slideshow.swf" width="600" height="400" flashvars="host=picasaweb.google.com&captions=1&hl=ja&feat=flashalbum&RGB=0x000000&feed=https%3A%2F%2Fpicasaweb.google.com%2Fdata%2Ffeed%2Fapi%2Fuser%2Ftatsuokawasaki%2Falbumid%2F5697440074532266097%3Falt%3Drss%26kind%3Dphoto%26hl%3Dja" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer"></embed>
 (撮影機材:Fujifilm X10。なお仏像の撮影は文化財保存会の許可を得ています。)


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年の始めに ー初夢はホラー... | トップ | 下関・長府散策 ー長門國國... »
最近の画像もっと見る

奈良大和路散策」カテゴリの最新記事