広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宝物

2010-03-28 21:46:52 | 日記
ちと 部屋の大掃除なんかもしてましてね。懐かしい物を発見しました。

去年の今頃は入院してまして。その時に子供のくれた手紙が。
読み直しちゃいました。



息子の手紙
手術 がんばってね
手術がせいこうしたら すぐにかえってきてね
お父さんの手術が成功して家にかえってくるのを、みんな楽しみにまってます。

「手術」を漢字で書けて 「帰る」は書けないのか「成功」なんて ひらがなだったり漢字だったりもっと漢字を勉強しましょう


娘の手紙
お父さんの肺は、あまりよくないんでしょ?
でもそれは、病院の先生に言われても たばこをやめなかったお父さんが悪いんだよ!だから、もし手術が上手くいかなくても「じごうじとく」なんだからね
でも、いくらお父さんが悪いとしても、それでまた入院したり 死んじゃったりしたら、悲しいのはお父さんだけじゃないから、そのことだけは覚えといてね!
たぶん、手術が成功しても、私の入学式には まにあわないから、写メおくるネ
お父さんの手術成功&早く退院することを、家族全員で願ってます

相変わらず 辛口だねぇ「じごうじとく」なんて 色を変えて書いてあるし。
卒業式は病院を脱出して 胸に刺さった器具をスーツの中に隠して行けたんだけどね。
さすがに入学式は集中治療室だったから 脱出できなかった



おバカな奴らなんだけどねぇ~(笑)

あらためて ありがとう

間違いなく君達は 僕の大切な宝物です
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

3月14日

2010-03-15 14:30:38 | 日記
昨日はホワイトデーですね。
前日は出勤だったので 朝から買ってきましたよ

娘と妹の娘 計3人。
まあ 可愛いもんですわ

もう一つ・・・
今日は娘の誕生日。

久々にケーキ 作りました
が最近 ちょっとお疲れ気味。
昼に妹達が5人で来るってんで 慌てて用意。
チャーハンとカレースパ。隠し味には缶詰のミートソース。

妹が帰った後 ついウトウトしちまった
5時少し前に子供に起こされて ガ~ン

晩ご飯の手巻き寿司の支度をしながら スポンジ焼いて。
1個目は 丸コゲ慌てて作り直して。

なんとかご飯だけ完成して 食卓へ。
子供達が食べ終わる頃を見計らって ケーキ作り再開。

今回は「果物いっぱいがいい」って言うんで
果物いっぱいケーキに。

イチゴ・ミカン・白桃・黄桃・キウイ・バナナの6種類。
&イチゴを裏ごしして イチゴクリームも




完成



イチゴクリームも甘酸っぱくて 色もピンクで可愛らしく
これは使えるな



つか娘 食べすぎだろ
ホワイトデーで僕の兄弟やら弟に ドーナツやらシュークリームやら
貰って。手巻きもバクバク食べて。また6個に切ったケーキを2切れ

「幸せ~」って・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

娘よ

2010-02-09 20:24:49 | 日記

「父さん クリスマスプレゼント あげる」
は?なんですか?もう 1月も終わりですけど

仕事から帰って いきなり娘が。

「ドリームキャッチャー。この間の林間学校で作ったんだよ」
だからクモの巣か(笑)
一緒に付いている紙には「いつも ありがとう」と。



「クモの巣じゃなくて 網なのこれ読んで」
なになに?説明書まであるの?学校もマメだなあ。

☆ドリームキャッチャー☆
寝ている間、夢の旅路の安全を祈ったものです。全ての夢を網で取り込み、悪夢は捨てて、良い夢だけを届けてくれると言われています。
子どもたちが願いを込めて作りました。車や寝室など、毎日見える所に飾ったりして、共に素敵な未来をつくってください。


へぇ~ 洒落てるじゃん。

「ほんとは 父さんにあげたくないんだけど。先生が学級通信に書いて 親にちゃんと貰ったか見せるって言うからさ。」
ちと嬉しかったりしてでも 素直じゃない僕。

「お前のデコに付けといたら 目立つぞ
「父さんの夢はどうでもいいから 私達の夢だけ叶えてね」

いや 夢を叶えるアイテムじゃないだろ
大事にするよ



さて 日はかわって 突然工場長から呼び出し。
それも めちゃめちゃ真剣な顔してさ

僕って なんかしたっけ?
あれ?これ?それ?どれだ~

「土曜 出勤できるか?」
なんだ そんな事か即答。

「無理」
「なんとかならんか?他のラインの応援だけど お前は経験者だから」
「無理」

本当は今月 残業がめちゃめちゃ少ないからさ。凄くラッキーなんだけど
やっぱ 無理

土曜は娘のアンサンブルコンクール県大会。
地区大会を突破して 県大会に。



「父さん 来れる?無理だったら いいよ」
行くさ~。行くに決まってんじゃん。お前の晴れ姿なら。

いやいや僕は吹奏楽に興味ないから 娘の姿だけを見に。
知多市勤労文化会館まで行って 4分の演奏を聴きに・。
しかも有料で 一人600円。
コンサートじゃなくて コンクールだぜ

昔 家族に怒られた。子供の運動会や発表会 僕がビデオを撮ると 僕の子供しか映ってなくて 何してんだか分からんと。
いや そんな事はない。顔のアップ 全身のアップ 顔のアップ・・・

チケットも 息子の分とで2枚買ったし。
そこは素直じゃない僕。息子に
「土曜は父さん アキのコンクールに行ってくるから 留守番よろしく」

デートなら「フフフッ 僕も昔は吹奏楽やっててね。みんな上手いねぇ。僕はシューベルトが好きだな。僕の頃は織部って先生が部の先生でね。ほら 「オリーブの首飾り」って曲あるだろ?それを「織部の首吊り」なんて呼んでてさ。あはははっ」
なんて 楽しんじゃうのだが。

坊主とだと30分も居たら 二人してイビキかいて爆睡だな。
でも一人じゃ寂しいから連れてくか

「わかった。僕待ってるよ」
そかそかよろしくん?なんて言った?

「行っても やる事ないしさあ。留守番してる」
え~っ昼ご飯 どうするんだよ。父さん 美味い物 食べてきちゃうぜ

「適当に食べるから いいよ」


はい父さん一人で行ってきます

・・・チケット どうすんだよ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャボン玉

2010-02-04 06:22:32 | つぶやき
僕には何気に思い出し よく口ずさむ歌がある。
ある日 ラジオでこの歌の「こんな説もある」という話を聞いてからなんだ。

シャボン玉飛んだ  屋根まで飛んだ

屋根まで飛んで  こはれて消えた


シャボン玉消えた  飛ばずに消えた

産まれてすぐに  こはれて消えた


風、風、吹くな  シャボン玉飛ばそ


たぶん誰もが知っている童謡「シャボン玉」。

作詞をしたのは野口雨情という人。

彼は初めてできた子供を生後7日で亡くしてしまったらしい。
その当時は新生児が命を落とすのも珍しくない時代だったらしいんだが。
その後に何人かの子供を授かったらしいのだが 彼は亡くした子供の事をずっと思い続けていた。

ある日 シャボン玉で遊んでいる子供達を見て 亡くした子供の姿と重ね合わせ この詩を書いたようだ。


もう1度 歌詞を読んでみて欲しい。
きっとイメージが違うはず。
彼の切なさが伝わってきて とても切なくならないかな?

そんなに切なくなるなら 口ずさまなきゃいいと思うんだが。
なぜか 口ずさんじゃうんだよな。

そこまで親に想われたら きっと亡くなった子供も喜んでると思いたいね。


とある人から聞いた。
「うちの娘は 父親にすら愛されてなかったから」と。

居なかったわけじゃない。
相手にされてもいなかったって言うのかな。

そんなのに比べたら 離婚調停で親権の取り合いなんて美談に思えてくる。

正義面するつもりはないが・・・

僕は仕事を理由に 子供を犠牲にしている。
ただの子離れできないだけのバカである。

でも そんな奴より余程いいと思ってる。

惚れた女との間にできた子供くらい愛せないものなのかな。

世界中の子供を愛せとは言わないが・・・

当たり前に 自分の子供を愛す

そんな世の中であって欲しいもんだね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晴れ姿

2010-02-02 05:45:01 | 日記
いやいや ここ数日 やる気ない症候群とでも言うのか。
何もしたくな~いって気分でございまして。


こんな事では・・・動かねば・・・というわけで


土曜は娘のアンサンブルコンクール県大会。
数日前まで行かねぇと言っていた息子も朝起きると
「行くに決まってんじゃん。何 言っとんの」

お前は死なす

娘は12時20分が出演予定の為 のんびり出かけると・・・
渋滞してんじゃん
国道1号線が 動かねぇ。つか トラック2台が並んでトロトロと走ってるから その後ろから渋滞

車から飛び出して 蹴りを入れたい気持ちを抑えて なんとか名四に。

さあ 飛ばすぜタイムリミット25分。

センター寄りをぶっ飛ばす。
途中 白バイに捕まった車を横目で見つつ

12時到着。間に合った。

やはり県大会。地区大会とは違うね。

他の中学の演奏を見ながら
「この子達も緊張の中 頑張ってんだよな。僕と同じように この子達の親も見守ってんだよな」
なんて考えながらウルウルと

そして娘の出番。
毎度の事ながら 上手い下手は分からんが・・・

やっぱ娘が最高です

立って手を振っちゃおうかな 指笛吹いちゃおうかな
紙テープも投げてぇし。

おとなしくしてましたよ


会場から出ると 娘達が記念撮影。
あっ・・・撮影・録音禁止って書いてあったから カメラがない。

楽しそうな娘を 離れたとこから見て満足。
もう 自分の人生 自分の楽しみを歩んでるんだなと。

坊主に「アキに もう帰るよって言ってきて」と頼み 会場を後に。


結果は銀賞で 東海大会出場にはならず。
でも本人は 先輩とも話して反省会をして。
もう 気持ちは夏の大会へ。

今度はSクラって楽器も担当になるらしく 二刀流に。
曲によってクラリネットとSクラを使い分けるらしい。
押さえる指とかも違うらしいから また練習からだが・・・

本人は嬉しそうだし。僕は応援してやるだけさ。

娘も息子も だんだんと自分の道を歩き出す。
それは親にとって嬉しくもあり 寂しくもあり。

僕の入っている シングルのサークルがあるのだが。
オフ会の時以外は存在すらないようなとこで。
たまに僕が 一人漫才するくらいなのだが。

久しぶりに 書き込みが。

「子供が高校の推薦入試があり 合格が決まりました」と。
余程 嬉しかったんだろうね。誰でもいいから伝えたくて。

梅まだ咲かぬ寒空に 桜の大輪咲く 
って感じですかね。


ほんと どこの親もバカだね。
でも そのバカがいいんだよね  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加