ぼけ~~~っと人生充電記!

こんな時だから、こんな時だからこそ、色んな事を書き残していきます。

東京株、一時1万9000円=円安、欧米株高受け

2016-12-09 23:59:59 | 経済ネタ

 9日の東京株式市場は、円安進行や前日の欧米株高を好感して幅広い銘柄が買われた。日経平均株価は一時、昨年12月30日の大納会以来となる1万9000円台を回復。終値は前日比230円90銭高の1万8996円37銭で、8日に続き年初来高値を更新した。
 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は12・67ポイント高の1525・36だった。
 前日の米株式市場で上昇を主導したエネルギーや金融関連株が9日の東京市場でも買われた。円安による企業業績の回復期待も相場の上昇を後押しした。
 市場では「少なくとも(13日から開かれる)米連邦公開市場委員会(FOMC)までは強い相場が続く」(大手証券)と強気の声も聞かれた。
 東京外国為替市場の円相場は、1ドル=114円台前半に下落した。午後5時現在は114円42~42銭と前日比79銭の円安・ドル高。
 米国の長期金利上昇を受けて日米の金利差拡大が意識され、円を売ってドルを買う動きが強まった。欧州中央銀行(ECB)の量的金融緩和延長を背景に対ユーロでドル高が進んだことも、対ドルでの円安要因となった。円は対ユーロで上昇。午後5時現在は1ユーロ=121円55~56銭と73銭の円高・ユーロ安。 
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000112-jij-biz)


トランプがヒラリーに勝った日、東証は暴落。
しかしNYダウは上昇し、それを受け次の日、東証は1日で前日の暴落分を取り戻し、そこから上げ続けた。
まさに押し目待ちの押し目なし! 
そしてついに今日、19,000円を回復した。
終値では19,000円に4円足らなかったが、年初来高値を更新した。

今年は年初から下げ、非常に悪い年の始まりとなったが、ここに来て年足陽線となるとは予想できなかった。
さてさて大納会は19,000円台?20,000円もある?はたまた18,000円台、17,000円台押し返されている?

終わりよければすべてよし。
そうなりかけている東証。このままこの路線で、、、。
                           3869号
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成宮寛貴が芸能界引退、所属... | トップ | 今年の漢字は「金」 リオ五... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

経済ネタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。