ぼけ~~~っと人生充電記!

こんな時だから、こんな時だからこそ、色んな事を書き残していきます。

第72代横綱・稀勢の里が誕生「横綱の名に恥じぬよう精進」と口上

2017-01-25 19:34:31 | スポーツ

 日本相撲協会は25日、東京・両国国技館で春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)番付編成会議後に臨時理事会を開き、稀勢の里(30=田子ノ浦部屋)の第72代横綱昇進を全会一致で正式決定した。
 日本出身の新横綱誕生は1998年の3代目若乃花以来19年ぶり。貴乃花の引退で2003年初場所を最後に日本出身の横綱は途絶えており、春場所は17年ぶりの4横綱となる。
 稀勢の里は都内のホテルで行われた伝達式で、使者の春日野理事、高田川審判委員から横綱昇進を伝えられ、「謹んでお受け致します。横綱の名に恥じぬよう、精進致します」と簡潔に決意の口上を述べた。その後の記者会見では「より一層、気が引き締まります」と決意。天国で見守る先代師匠の元鳴戸親方(元横綱・隆の里)に「先代の師匠がいなかったら、今の自分はなかった」とあらためて感謝した。
 稀勢の里は初場所を14勝1敗で初優勝。2場所連続制覇ではなかったが、23日の横綱審議委員会では昨年の年間最多勝など安定感が高く評価され、全会一致で横綱へ推薦された。昭和以降では、新入幕から所要73場所での昇進は最も遅く、30歳6カ月は7番目の遅咲きとなる。
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00000079-spnannex-spo)


稀勢の里、横綱昇進おめでとう! 

と一応、お祝いを述べておいて、、、
日曜日の初場所千秋楽の時に書いたけど、やっぱりアマアマやな。
連続優勝とか、優勝同点+優勝があればわかるが、10−5、12−3、14−1の36勝9敗で横綱昇進?
日本人横綱が欲しいのはわかるけど、悪しき前例にならん?
こんな考えを一掃するには昇進後の活躍に尽きる。

『毎場所、優勝』が次の目標と言う。少なくとも毎場所優勝に絡んで欲しい。
豪栄道も後に続け!頑張れ!!

とにかく、横綱稀勢の里誕生おめでとう!
                           3897号
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松方弘樹さん死去 74歳 ... | トップ | NYダウ終値、初の2万ドル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
稀勢の里 横綱昇進が決定 !! (王様の耳はロバの耳)
稀勢の里の横綱昇進が決定 横審で満場一致 昨日23日はいろいろ出来事がありました。 松方弘樹さんの死亡、江角マキ子さんの芸能界引退そして横浜では小3女児が頭を通行人に殴ら......