ぼけ~~~っと人生充電記!

こんな時だから、こんな時だからこそ、色んな事を書き残していきます。

<1票の格差>13年参院選は「違憲状態」…最高裁判断

2014-11-26 21:55:47 | Weblog

 選挙区間の「1票の格差」が最大4.77倍だった2013年7月の参院選の定数配分は法の下の平等を定めた憲法に反するとして、二つの弁護士グループが選挙無効を求めた16件の訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は26日、「違憲状態」と判断した。定数の「4増4減」による格差是正は不十分としたうえで「都道府県を選挙区単位とした現行方式をしかるべき形で改めるなど速やかな見直しが必要」と述べ、国会に対し制度の抜本改革を改めて強く要請した。
 最高裁が参院選を違憲状態と判断するのは、10年選挙に対する12年判決に続いて2回連続。一方で「選挙までに不均衡を是正しなかったことが国会の裁量権の限界を超えたとはいえない」と述べ、違憲判断には踏み込まなかった。裁判官15人のうち11人の多数意見。4人が「違憲」との反対意見を述べ、元内閣法制局長官の山本庸幸裁判官は「一部の選挙区は違憲で無効となる」とした。最高裁裁判官が無効意見を述べるのは参院選では初めて。合憲とした裁判官はいなかった。
 最大格差5.00倍だった10年参院選について大法廷は12年10月、「違憲状態」とした上で、都道府県を選挙区単位とする方式の見直しを求めた。最高裁が是正方式に言及したことで国会の対応が注目されたが、12年の公職選挙法改正で選挙区定数を「4増4減」しただけで13年の選挙が実施された。
 この日の判決で大法廷は「4増4減」を「従来の選挙制度の仕組みを維持して一部の選挙区の定数を増減するにとどまる。格差が5倍前後の水準がなお続いており、違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態を解消するには足りない」と批判した。
 一方で、是正方法については国会に幅広い裁量権があると指摘。前回判決から選挙まで9カ月しかなかったことに加え、12年の改正法が付則で「16年参院選までに抜本的改革を検討し結論をまとめる」との文言を盛り込んだ点や、選挙後も国会で是正に向けた取り組みが続いていたことなどを評価。是正に必要な期間を経過したとまではいえないと結論づけた。
 大法廷は衆院選を巡っても09年と12年の選挙を2回連続で「違憲状態」としており、衆参両院選挙が4回連続で「違憲状態」と判断されたことになる。原告の弁護士グループは今回の衆院選についても12月14日の投開票後に選挙無効を求めて提訴する方針。
 1票の格差は、議員1人当たりの有権者数で計算する。13年参院選は最少の鳥取県と最多の北海道との間で4.77倍だった。
 ◇判決骨子
・13年参院選の投票価値の不均衡は、「4増4減」の法改正後も違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態にあった
・さらなる法改正をしなかったことが、国会の裁量権の限界を超えるとはいえず、憲法違反とまではいえない
・一部の選挙区定数の増減にとどまらず、都道府県を選挙区単位とする現行方式を改めるなど、できるだけ速やかに立法措置により不平等状態を解消する必要がある
 【ことば】違憲状態
 1票の格差を巡る訴訟で、最高裁は(1)法の下の平等を定める憲法に照らし、投票価値に著しい不平等が生じているか(2)不平等を是正するために必要と認められる合理的期間を経過しているか--の2段階で違憲性を審査してきた。格差が著しく不平等な状態が「違憲状態」、さらに合理的期間内に是正されていないと判断すれば「違憲」となる。
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141126-00000036-mai-soci)


なかなか進まない参議院の定数是正。
今回の判決により、山崎正昭参院議長は「重く受け止め、選挙制度の抜本的な見直しに向けた取り組みを鋭意進めてまいりたい」とする談話を発表した。次の選挙って、再来年の7月?
できるんかいな・・って、やらなあかんねんけど。

少なくとも一県一代表を国会に送り出す選挙区選挙。
それを隣県と一緒にする、例えば鳥取と島根の合区案があるが、それはどうなんかな。
地方の声が国会に届きにくくなるんやない?

一県一代表を必ず出す今の制度は間違っていないと思う。
しかしそれが憲法違反であるなら、憲法を変えたらいいだけのこと。
最高裁で違憲状態判決が出た以上、憲法解釈変更はできへんからなぁ。
                           3149号
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白鵬、大鵬と並ぶ史上最多32... | トップ | 【紅白】出場歌手決定 初出... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
参院選は違憲状態、最高裁 (りゅうちゃん別館)
昨年7月に行われた参院選は「違憲状態」だった。 26日、最高裁の判断が示された。   昨年7月の参院選「違憲状態」…最高裁判決(読売新聞) この選挙で1票の格差は最大4・77倍だった。 ただし、選挙無効の請求は棄却した。 国会の不作為はここでも明らかとな...
13年参院選「違憲状態」!? (あれこれ随想記 )
最高裁で、13年の参議院選挙が「違憲状態」だという判決がありました。 13年参院選「違憲状態」=裁判官1人が無効意見―1票の格差判決・最高裁(時事通信) - goo ニュース  「1票の格差」が最大4.77倍だった2013年7月の参院選の議員定数配分は違憲として、...