ぼけ~~~っと人生充電記!

こんな時だから、こんな時だからこそ、色んな事を書き残していきます。

稀勢の里 優勝決定戦も制し逆転賜杯!95年貴乃花以来の新横綱V

2017-03-26 23:03:35 | スポーツ

 大相撲春場所千秋楽は26日、エディオンアリーナ大阪で行われ、13日目の日馬富士戦で左肩付近を負傷した新横綱・稀勢の里は、この日も強行出場。1差で追う大関・照ノ富士との本割を制すと、優勝決定戦でも退け、逆転で2場所連続となる優勝を決めた。
 照ノ富士との本割を突き落としで破り、優勝決定戦に持ち込んだ稀勢の里。左手が万全ではない中、中に入られ追い込まれたが、土俵際で起死回生の小手投げ。場内には割れんばかりの拍手が響きわたった。
 新横綱の優勝は、15日制定着後の1949年夏場所以降では95年初場所の貴乃花以来4人目。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000133-spnannex-spo)


新横綱稀勢の里、連続優勝おめでとう! 

稀勢の里負傷で照ノ富士が優勝と思っていた。
本割は照ノ富士が気を遣って負けた、、というか、力を出し切れずに敗れたって感じかな。
でも優勝決定戦では照ノ富士も本気で優勝を取りに行っての稀勢の里の勝ち。
よく優勝できた!

先場所後の横綱昇進には疑問を持っていたが、この優勝でこの疑問は吹っ飛んだ。
そう感じている人も多いと思う。

白鵬、豪栄道の休場は残念だったし、琴奨菊の大関復帰がならなかったのも非常に残念。
反面、新入幕宇良の勝ち越しはよかったし、高安の来場所大関挑戦も気になるところ。
終わってみれば話題豊富な場所だった。

新横綱稀勢の里、優勝おめでとうございます。
                           3928号
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「あなた偽証に問われますよ... | トップ | 籠池理事長への告発を受理…大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
気温は寒くてもスポーツは熱かった1日 (FREE TIME)
今日は冬に戻ったかのような寒さ。 しかし、関西で行われたスポーツイベントは熱い1日になりました。
<大相撲春場所>満身創痍の横綱・稀勢の里関が連覇!!(追記:審判団の誤審) (つらつら日暮らし)
勝ちました。