トラブルシューター

私の修理・製作体験記(茨城・県西おもちゃ病院・JA7FJP)

椎尾山薬王院を修理ついでにドローンで撮影

2018年01月08日 11時05分33秒 | 旅行記

 従弟が消防設備点検を行っている椎尾山薬王院(茨城県桜川市)の物件で連絡用インターホンが通じなくなったので、一緒に見てほしいというので出かけた。
本堂とお札所の連絡用に使っているもので、呼び出しボタンを押すと相手先の呼び出し音が鳴り、ハンドセットをとり通話するものだが、全然聞こえない。
親子共に単三乾電池4本で動作させている(ACアダプタでも使える様になっているが、札所は普段電源を切っているので乾電池のみで使用)が、どちらも、マイナス側の電極が電池液漏れで1ヶ所緑青を吹いている。
やすりで磨いて動作確認するが、やはりダメなので、分解してみる。通信は2線式です。
電池液漏れの影響で内部の接点、半田、配線が全て腐食しており断線していたので、半田の付くところまで配線を切断して半田を付け直す。半田こては電源不要のガス式を使用。
ACアダプタのジャックも腐食して接触不良になっているので住職に了解をもらって、ジャックを外し、直結接続とした。
これで通話OKとなった。
時間がかかるので、その間、従弟は薬王院のドローン撮影を行った。
但し、無断でドローン撮影される方がおり、文化財に被害を与える危険性があるので、了解の上対応してほしいとのことです。
Youtubeにリンクしてあるのが下記である。
隠れた名所ですので、梅の頃にも訪れると良いでしょう。近くの真壁町内では恒例の「ひなまつり」も行われる。


『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« PS3故障対応(修理不能) | トップ | 誘導灯不点灯の原因は蛍光灯... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。