トラブルシューター

私の修理・製作体験記(茨城・県西おもちゃ病院・JA7FJP)

ユニックRC-33R、RC-30R送信機修理

2017年02月13日 15時35分49秒 | ラジコン

1.RC-33R
電源が入らなくなり、調べたところ、電池接続の基板側コネクター部が腐食している様だが修理可能かとの依頼。
届いて調べるとやはり、接続コネクタの端子に緑青が発生しており、電池側メスコネクタも圧着部および撚り線が腐食していて、簡単に抜けてしまった。
また電池ボックスの割れも影響ある様でした。
同じコネクタが無いので、手持ちコネクタを現状コネクタ隣のパターンが丁度合ったので、ここに半田付けしました。
バッテリー側コネクタも、これに合わせ交換。

電池ボックスはステンレス細線で接続し、端子部分は半田で接続強化しました。

ボックス部グリップが熱変形していてきついので、着脱はラジオペンチ等ではさんで抜く様依頼しました。
これで動作しましたが、おかしい現象がありました。
微速(緑LED点灯)にした場合、操作しない状態でもLEDが点きっぱなしでいつまでも消えません。
電波をモニターすると、この時電波は出ていませんのでLEDのみです。
一旦、通常(赤色LED点灯)状態に切り替えると、操作を止めたとき少しして消灯します。
原因究明は困難なので、この様な使い方で操作する様お願いしました。

2.RC-30R
電源が入らなくなったので、調べると茶色いコンデンサらしきものが外れて落ちて来たので修理をお願いしたいという内容。
落ちていたのはタンタルコンデンサ47uFの様でしたので同じ容量のセラミックコンデンサに交換しましたが
電波は出るものの信号の変調が掛かっていませんでした。
コンピュータのクロック用水晶2MHzが発振していなかったので、交換したところ、発振する様になり、変調もかかる様になりました。
電池メーターも外されていましたので、手持ち同等品(高さが異なるのでモールド加工が必要)に交換し、正常に表示することを確認しました。
本日、正常に動作しましたというメールが有りました。

『ラジコン』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 県西おもちゃ病院(2017/02) | トップ | 到達距離が短すぎるaitendo・... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。