トラブルシューター

私の修理・製作体験記(茨城・県西おもちゃ病院・JA7FJP)

タダノラジコンRCS-M01/250不動作原因の調査

2016年12月30日 15時04分39秒 | ラジコン

 県内の方から、動作しなくなったとRCS-M01を修理依頼されたが、送受信機単体では、正常に動作している様にみえる。
念のため、送信機は電解コンデンサを1個交換、三端子レギュレータの半田付け直しを行った。
受信機は、単体でのLEDが今までの修理品(正常動作)と同じだった。出力がおかしいというので、端子のGND間抵抗および電圧を正常動作品と比較したが同一だったので、特にいじらなかった。
近くの顧客が引き取りに来るというので、引き渡したが、やはり動作しないというので、確認に向かった(自宅から5分程度と近い)。
もう1台の正常動作送受信機(RCS-MM2タイプだが、互換性はある様だ)では操作通りに正常動作しているが、今回の受信機に取り換えると
電源LEDは消灯、5個並んだLEDは上から4個が4回点滅を繰り返す。5個目は消灯になっている。
付き合いのあるタダノの代理店にマニュアルを見せてもらうと
5個のLEDは上から、伸縮・ウィンチ・起伏・旋回・アクセル の状態を表す様だ。正常な場合は消灯している。
4回点滅は「差動トランス出力エラー:差動トランス受信機回路の故障」を表す様だ。
ラジコンを持ち帰り調査開始した。
差動トランスにはパルスを加えているということなので、オシロで観測すると、2.6kHzの矩形波はちゃんと出ている。
NJM2901(4回路入りコンパレータ)で自励発振させ、フルブリッジドライバ(TA7267BP)でドライブしている。

分からなくなったので、電解コンデンサを全て交換することにした。
すると、近くのC203(100uF)の下が大きく腐食(陥没?)しておりコンデンサー+-ランド間を通っている細いパターンが切れていたので、ストラップ接続した。これが原因かもしれないが実車に接続しないとわからない。

【RCS-250の修理】
RCS-M01が動作しない場合の予備用として、私が所有しているRCS-250を準備することにした。
電池ボックスが無いので、正規品に合わせて、正規品は単三×4本だが、工作が楽な単四×4本用にした。

受信機は最近落札した正常動作品(と思われる)を動作させて、送信機を操作すると2周波のサイクリックが固定されるので受信は出来ている様なので、後日、実車で確認してもらうことにする。
もう1台、ずっと前に実験用に落札した、今ではバラックの基板が有ったので、ついでに調査してみると、差動トランス用の矩形波が出ていない。
これはM5239L(1回路入りコンパレータ)という5Pin-SIPが使われおり、これが発振していないので、手持ちのコンパレータLM311Pに交換してみることにした。
取り敢えず交換可能な様に5pin-SIPの代わりに5pinソケットヘッダを半田付けする。
LM311は8P-DIPなので+-入力ピンだけ差し込んで残りは部品リード線で延長して接続したところ正常に発振してくれた。

同じRCS-250でも、RCS-M01と同じNJM2901が使われているバージョン(前述品)もある。

【12/31実車で無事動作】
依頼者に連絡したら、確認出来る車が有り、今日でも大丈夫とのことだったので、出掛けた。車で約1時間のところです。
取り付けると問題なく動作したのでホッとした。
もう1台、私の評価用RCS-250も動作確認してもらったところ、アーム伸ばしとフック巻き上げが動作しなかったので、その部分をもう1度調査したい。
その後2時間ほど、お話しをし、今後も何か要望があればお互い対応することを約束した。

『ラジコン』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 試験用可変電源・出力微調整... | トップ | タダノRCS-MM2/3・今年の初修理 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。