goo

生まれていない

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


最近、トークライブでよくお話していることがあります。

それは、僕たち(の命)が「実は生まれてなどいない」ということについて。

精神世界や宗教のお話で「本当は死なない」ということを耳にすることはあっても、「生まれていない」ということは、あまり聞いた事がありませんでした。

でも、生と死が対局にあるように語られるのであればなおのこと、「死なないのなら当然生まれもしない」ということになります。


僕が、ライブ会場で「僕もアナタも、実は生まれていないのです」なんて言うと、皆さんから「この人大丈夫だろか?」と懐疑的な視線を向けられるか、ギョッと目を丸くされるか、といった感じなのですが、気づいてしまうとホントに「あれ?あれれれ?」となる不思議。

以前から何度も書いたことのあるテーマですが、大事なことなので再度書いてみたいと思います。


僕はその気づきを得る以前は、「命」とは、誰もが一つずつ持っている何かだと、漠然と思っていました。

僕には僕の命があり、母には母の命があり、妻には妻の、同僚には同僚の命が、その肉体に宿っているものだと思っていました。

また、それは人間だけではなく、動物には動物の命が、虫には虫の命が、植物には植物の命が、それぞれに宿っていると。

そして、自分の肉体からその命が失われることを「死」だと思っていました。


しかし、よくよく考えてみると、その考え方だと「どうしてもおかしい」ということに気づいてしまうんです。


普通「アナタはいつ生まれましたか?」と聞かれた時に、「いえ、私は生まれていません」なんて答える人はいません。

大抵は生年月日を答えます。「昭和(平成)○年の○月○日です」って感じで。

でも、誕生日であるその日に、僕たちに「新しい命が宿った」とは言えそうもありません。

僕もさすがに「出生時の記憶がある」とは言えませんが、いま、妻のお腹を見れば一目瞭然です。

妻のお腹は日に日に大きくなり、胎児の成長の様子が見て取れます。

産婦人科に行けば、エコー写真などで、その成長の様子をさらに具体的に観察することができて、先生から「お子さん、順調に育ってますよ~。あ、やっぱり“たまたま”がついてますね。男の子だ」なんてことを言われたりしています。

先生に“おきゃん玉”を覗き見された我が子は、当然のことながら、まだ誕生日を迎えていません。

誕生日は迎えていませんが、猛スピードで細胞分裂を繰り返して成長を続け、毎日の様に妻のお腹を内側から蹴っています。

つまり誕生日を迎える前から、すでに「命がある」ということです。


出産の前から命はある。

では、もし命が、どこかの時点で宿ったり失われたりするようなものなのだとしたら、その命は、いつ宿ったと言えるのでしょうか。

何かに命が宿ることがあるとするならば、まず先に、命が宿っていない何かが必要になります。

僕たちが「命が宿っていない何か」「生きていない何か」だったことはあるでしょうか。

それは、まだ肉体が形成される前の「受精卵(胚)」でしょうか?

いや、確かに形としてはまだ人型になっているわけではありませんが、受精卵だって休むことなく細胞分裂を繰り返しているのですから、すでに「生きて」います。

ではそれ以前。

精子や卵子だった時はどうでしょうか。

それは、「生きていない何か」だったでしょうか。

そんなはずはありませんね。精子も卵子も生きていたからこそ、それが結びついて受精卵になれたわけです。

と、いうことは……。あれ?

僕たちが何となく漠然と持っていた「一人に対して一つの命」というその考えをそのまま活用するとおかしなことになってしまいます。

「精子には精子の命」、そして「卵子には卵子の命」が必要なはずです。

だとしたら、その二つが結びついた胎児には、精子分の命と卵子分の命、つまり、二つの命が宿っているという話になってしまいます。

本当にそうであるなら、僕たちは「二度死ねる」ということになってしまいますが、そんな人には出会ったことがありません。


つまり、僕がかつて抱いていた、「僕の身体に僕の命が宿っている(一人に対して一つの命がある)」という考え自体が大間違いだったということです。


僕だけの話ではありません。

単独として人の身体に宿る命など、誕生したことはありません。

最初からないのだから、失う事もできません。

だから、とても不思議なのですが……僕たちは死ねないのです。



命は、生まれることも、失われることもありません。増えることも、減ることもありません。

しかし、『自我』と呼ばれる「私」という感覚は、生まれたり失われたりすることがあります。

この感覚のせいで、僕たちは「生死」という根本的な誤認を作り出してしまいました。

と、いうことで、この先は、この「自我」についてお話を進めてみたいと思います。



【トークライブ・インフォメーション】

約1年ぶりに京都にお伺いいたします!

あの世に聞いた、この世の仕組み in 京都

日時:11月5日(土) 14:00開演(13:30開場)
会場:京都市勧業館「みやこめっせ」 大会議室
料金:お一人様3,000円

お申し込みはこちら、【e+チケット】から。
※携帯用購入ページはコチラ


平日のお話会「月イチ☆」

日時:10月26日(水) 19:00開演(18:30開場)
会場:三鷹産業プラザ 701会議室(藤)
料金:お一人様2,000円

THANK YOU! SOLD OUT


下記会場分も引き続き受付中です!

◎10月23日(日)「阿雲の呼吸」 in 博多
 第一部「EGO~偽の自分のメカニズム~」
 第二部「ザ・むちゃぶり!」


◎11月23日(水・祝)札幌ソロライブ
 ※携帯からお申し込みの方は【こちら】




←なんど計算しても、アクセス総数とこのボタンのクリック数が合いません。(「一人に対して一つのクリック」というその考えをそのまま活用するとおかしなことになってしまいます)
コメント ( 53 ) | Trackback ( 0 )
« 語録 自我ってなん... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2011-10-12 10:23:44
う~ん、深い。深すぎてまだまだわかるようなわからないような感じです。
 
 
 
加齢に (ひひよ)
2011-10-12 10:29:26
1ゲット
 
 
 
月一回 (今蹴り)
2011-10-12 10:33:19
月一回は毎回同じ場所ですか??

1げっと??
 
 
 
命って、摩訶不思議ですね。 (Hiraokatarou)
2011-10-12 10:54:38
生命って本当に不思議ですね?
三次元的に生きているもの、生きていないものを人は一目見ただけでわかっちゃう、感じちゃう。これってひとつの命でつながっているからわかることなんですかね?

自我と命の関係のお話楽しみにしております。
 
 
 
コメントありがとうございます。 (雲 黒斎)
2011-10-12 11:16:05
今蹴りさん

お問い合わせありがとうございます。
今のところ、年内は三鷹産業プラザで開催予定です。
その後も、引き続き同会場を考えておりますが、様子を見ながら別会場での開催も検討したいと思います。

よろしくお願い致します( ̄Д ̄)ゞ
 
 
 
Unknown (ふぅ)
2011-10-12 12:15:12
ばれたか。 
はい、ポチ。
 
 
 
無念じゃ! (ホリー)
2011-10-12 12:18:18
10月の「月イチ☆」確認したときは既にチケットSOLD OUT で
三鷹とは!黒斎さん以外にご近所さん?
うれしいな~♪近隣でトークライブが開かれるなんて♪
11月は是非!是非!
 
 
 
うまい (Unknown)
2011-10-12 12:23:57
さすが説明がうまいですねえ。
 
 
 
こんにちは♪ (紫ひすい)
2011-10-12 12:45:55
最近、更新多いですね。嬉しいです。黒斎さんのおっしゃることは何とな~くですが、理解は出来ます。

ポチはちゃんとしてますよ~。
たまに忘れるけど。
 
 
 
ん~…? (まるこ)
2011-10-12 13:59:10
ん?ん?ん??
深~いお話しになると、また頭がフリーズしてます…死んでいないも生まれていないも、同じコトを指し示しているに…「生まれていない」…の言葉の違和感は何だろう!?脳ミソが激しく抵抗しています!! 理解がスッと入ってきたり、遠退いたり…わかったような、わからんような、何か思考が混乱してる感じです。リラックス、リラックス…何とか付いていけたら、と願います!!いつか、深い意識レベルでワンネスに到達したい…いや、しますです…ハイ…きっと、たぶん、パハップス
 
 
 
ありがとうございます (tara)
2011-10-12 14:04:02
雲さんこんにちは。

今日のようなメッセージを読むと
具体的にどこに響いたかは説明できませんが泣けてきます。
読みながら、朝にぎった玄米おにぎりが更にありがたく感じられ、しっかりとかみ締めながら鼻水をすすっております。。。
生きているって素晴らしく有り難い。。。★

循環とかワンネスとかそういうことだと思うのですが「何か」の答えを求めて頭で考えてしまいます。まだまだです。

いつか「わかる」かなー、期待しすぎたらいけないとわかっていてもやっぱり望んじゃいます。

満月になったばかりだし、いいか!(←?)

今日も素敵なメッセージを感謝です。

 
 
 
衝撃でした (かおるちゃん)
2011-10-12 14:16:35
これが理解できた時、ものすごい衝撃でした。
全てがソースとひとつなら生まれてもいないし、死んでもいない。
全ては1つで分離してないんだから無くなるという現象が起こるわけない。

自我って巧妙ですねえ~w
 
 
 
尖って候う (Unknown)
2011-10-12 14:33:10
じゃあ、何か?

オレが、命懸けで守ってきたアレもコレもただの自我の悪あがきか?

神様の悪ふざけとは言え度が過ぎる

殴り返さなきゃ気がすまんのよ、幻想とはいえ
 
 
 
Unknown (そうなの?)
2011-10-12 14:55:38
受精のときに、その入れ物に意識体が入った(コードを繋いだ) っていう、たくさんの人が言ってるアレは、嘘なんですか?
 
 
 
Unknown (Unknown)
2011-10-12 17:45:49
っていうか、生きてる死んでるを命の誕生消滅ってとらえないてないけど、別の意味で生死って言ってる。
あの世からこの世に移ること、この世からあの世に移ることを、他に言い方が解らないから生まれる死ぬって言ってる。

そういう人の中で、「もうこの世から離れたい」という思いを抱いてる人もいるから、
「死ねないのです」ってなのはひどい気がする。


「死が怖い」って言ってる人たちには安心を与えても、世の中「死にたい」って思ってる人も少なくない。(そういう人たちは、「死にたい」を「苦しみから逃れたい」「この世から離れたい」っていう意味で言ってんだと思う)

「死ねない」=「無理やりこの世に縛られている」みたいに思ってしまって、真理ってやっぱり嫌なものなんだなって思う
俺は真理とか存在ってのにえげつなさを感じてるけど。

死ねないのですっていうか、命は消滅しないんですって言ってほしい。
 
 
 
その心は? (ぷ~すけ)
2011-10-12 18:00:16
そうなんですか。
生まれていない事を知る意味とはなんですかね?
 
 
 
Unknown (Unknown)
2011-10-12 18:27:54
人や脳のある程度発達した生物の場合だけど、意識=自我=カルマ? ということだとすれば、精子や卵子に意識はないだろうから、やっぱり胎児のある段階で意識が生じるということではないかな?だから脳死はある意味意識の消滅=死 というのは正しい見方のような気がする。
つまり、意識の芽生え=生命の誕生、意識の消滅=死 ということ。
でも待てよ、じゃあ植物や微生物などはどうなんだ? 彼らの場合の生死の線引きはどこからだろう?
やっぱわからないや(T^T)
 
 
 
Unknown (Unknown)
2011-10-12 18:42:15
生まれもしないし、死にもしない。ということは生まれることも死ぬこともあるという事じゃないですか。
なんか禅問答みたいで、イヤですが
 
 
 
イェイ (ぽん)
2011-10-12 20:18:50
みんな一つの命というのは、すごくすてきですね。なんかいいなぁと思います。
 
 
 
肉体と魂 (sino)
2011-10-12 21:23:51
足立郁朗さんの「波動の法則」を読んで、細胞一つ一つにも魂(エクサピーコさん)がいるのかな?って思ってます
生まれたとき、目には見えないけど、頭の上にその人のエクサピーコさんがいる。。。
肉体と魂の関係、、どうなっちゃうのかな~~?
更新を楽しみにしています
 
 
 
Unknown (和尚)
2011-10-12 22:15:29
初めまして。初カキコでございます。
俺もわかるようなわからないような…いや、分かってないんでしょうね(笑)
生まれることも、失われることもないのであれば、仏教では最も重い罪の一つとされる殺生とはなんぞや~
 
 
 
なるほど、深い話ですね。 (94bc3f2h)
2011-10-12 22:46:39
自己犠牲でしょ。
それなら、話が合うのでは?
新しく生まれ変わる。
受精後三ヵ月後に魂が宿るはずですが・・・。
肉体と言う入れ物が使える様になるのが三ヶ月頃、と聞いてますが・・・。
三ヶ月以内に死んだ赤ちゃんは水子として祀らなくていいが、三ヶ月過ぎて死んだ赤ちゃんは魂が宿って、この世に未練を残すので、水子の霊として祀らないと良くない事が起こる。とおばあちゃんから聞きました。
 
 
 
 (ねんね)
2011-10-12 23:23:28
おもしろ~い!
 
助産師の先生も言ってました。
命ってどこからが命だと思う?
って。
精子や卵子は命じゃないの?
って。
少しにやにやして言ってました。
みんなを少し混乱させて
楽しんでいました。
ふふふ。
 
 
 
息子の名を皆で考えよう (カスパロフ)
2011-10-12 23:24:05
私が考えたのは、雲黒斎SON(うんこくさいさん)です

黒斎さん、よかったら使って下さい

男の子はかわいいよ、よかったね

 
 
 
Unknown (アーサー)
2011-10-12 23:24:07
「私」の意味は、「生きものではない」という意味なので、私は生まれていないというのは理解できます^^

私とは生きものであるという証明は一切できません。
しかし、生きものではないという証明は可能です。
そうなると、コクサイさんの表現は正しいと証明されることでしょう^^

コクサイさん、人間の染色体数(46本)の意味についてご存知でしたら教えていただけませんか?
 
 
 
Unknown (アーサー)
2011-10-13 00:00:43
「私」とは生きものではないという意味ですから、納得しました。

人間の染色体数の意味を教えていただけますか?
タブーかな?
 
 
 
Unknown (悠彰)
2011-10-13 00:56:00
黒斎さんかっこいいーー!
またトークライブ行きたいな~。
いや行く、絶対行く!
また会いましょう☆
 
 
 
考えてみる (ブルー)
2011-10-13 01:07:17
子供が「どうして雲があるの?」と聞かれて
自然界の方程式を教える
次に「どうして形は異なるのにひとつの法則でできてるの?」
…。
単純な事のようでスゴイ事のように感じるが、わからない( ̄ω ̄)

体の中では細胞が生死の繰り返し
だが身体は存在する不思議だ~

循環だから無限大∞?
→一つ(ワンネス)?

言葉が理解出来ないほうが、見透かされてると感じて誤魔化せない。
騙す相手は思考だから。

魂の目ってあり?

全ての答えは一つのようで残念ながらわからない(ToT)

つぶやきです(^_^;)
失礼しましたm(__)m
 
 
 
初コメ失礼します (ひさりん)
2011-10-13 02:01:51
いつも楽しく拝見させて頂いてます(^O^)
黒斉さんのブログを読んで、とてもとても救われました。今までの悩みや過去の失態の数々を捨てて、今を生きることが出来るようになりました!
とても楽で、気持ちよく毎日を過ごせさせて頂いています。気付きをありがとうございますm(_ _)m
京都に来られるのですね(o^∀^o) 先日、早速ゲットしました(*^o^*) お会い出来るのを楽しみにしています☆

 
 
 
わくわく ()
2011-10-13 03:31:19
「自我」のお話し、楽しみです。
自我の目的は何なのだろう?

○○さんには△△さんという守護霊がついていて…
と言ったりしますが、すると守護霊にも自我がありそうですね。
自我っていつ無くなるんだろう?
 
 
 
Unknown (自称目覚めちゃったちゃん)
2011-10-13 03:34:00
確かに、「死なない。」という人はたくさんいるけど、「生まれてもいない。」と表現してるのは黒斎さんが初かも。今回のような記事はなんか理屈抜きで、黒斎さんに抱きつきたくなる。本当黒斎さん、いいわ~!!!!
 
 
 
ちょっと話題がずれるかもですが (あっちゃん)
2011-10-13 04:45:09
命が「宿る」には、2人が「愛し合う」事が前提って神様も粋なこと考えたなー、と突然閃いたことがありました。

2年くらい前に。なぜかデトロイト空港のロビーで。

同じ時に、全ての子供は2人の男女が愛し合った結果なんだなー、ひとりじゃつくれないし、それって深いなー、って思ったのを今回読んで思い出しました。

訳分からんかったらすみません。m(__)m
 
 
 
えぇっと・・・ (TOMOKO)
2011-10-13 08:12:46
以前、記事中に絵で示して下さった、
あの感じを想像すればいいでしょうか
・・・うまく云えないけど。

つまりこの世での肉体に、
「ひとつ」から突き出てる意識が被ってて、
肉体の「死」の瞬間に、その意識の部分が
引っ込む?!みたいな。
・・・やっぱりうまく云えない。

間違ってるかも知れませんが、
それでも、仰ってることは、
なんとなくわかるような・・・(^ー^;)

次回、楽しみにしています (^ー^)
 
 
 
追記(訂正) (TOMOKO)
2011-10-13 08:35:22
さきほどの、肉体の「死」について。

つまり、この世で何の疑いも持たないで
「ある」と信じてるこの肉体(また全て)は
やはりそのように創造(想像)されている。

それを含んだ世界を「ひとつ」の意識が
被い尽くしてる感じ?!でもあるのかなぁ?

やっぱりうまく伝えられない・・・

失礼しました m(_ _)m
 
 
 
申し訳ないですが・・・ (Unknown)
2011-10-13 08:45:45
黒斎さんには申し訳ないですが、コメント欄のほうが面白い、今回は思惑通り切磋琢磨ってかんじだし。

なにやら宗教のにおいを感じたり、言葉の迷路にはまったり、何かの知識にしがみついていたり。

分離したたくさんの自分を楽しんでます。
 
 
 
生存率 (いのっち)
2011-10-13 08:57:44
億の数の精子の生死
受精できなかった精子は・・・死ぬ?

多産の海ガメの子どもの生存率と同じように思う

多くの海ガメたちは他の生物に捕食されて死んでゆく。

成長して産卵に戻ってくるのは精々1匹?

Q、カメは一匹と数えていいの?

Å、黒斎辞典によりますと匹ではありません。
  1頭と数えますよ、亀だけに頭と呼びます。





 
 
 
誕生日 (柴田“ジョディ”真照)
2011-10-13 09:21:00
以前から気になってたのですが、
誕生日の『誕』の字って、
これだけだと、偽りとか、嘘、でたらめって意味なんですよね。

お坊さんがお葬式の際、
(一般的にいう)死ぬ前のことを「生前」と呼ぶことから、
ここは生まれる前の世界、
だから誕生日に偽りという意味の『誕』をつけたと思っておりました。

ただ、どこかにしっくりこない感じがあったのですが、
この日記を見て、なんだかムズムズきました^-^
自分なりに腑に落ちるよう、もうちょっといろいろ感じてみます^-^
 
 
 
この間浮かんだことに近いかも (nobu)
2011-10-13 09:27:33
黒斎さんに、こんにちは
たまに楽しく拝見しています。

生まれていないし、死にもしないので時間もなんにも無いと思います。
しかし「何も無い」を認識する◎×▲があるような気がします。それが完璧なんだと思います。
それが本体?のような気がします。
 
 
 
おはよ~ (由未)
2011-10-13 10:35:08
「自我」が人を作るって、
最近何となく分かってきました♪
 
 
 
あっ! (TOMOKO)
2011-10-13 11:43:23
・・・あった♪

目を瞑ってたら、気づきました。

嬉しくて、つい・・・感謝 (^人^)

 
 
 
Unknown (ゆか)
2011-10-13 13:37:45
おきゃん玉ちゃん…(笑)

下衆ヤバ夫…?(笑)
 
 
 
驚きの声 (とっても臭い。)
2011-10-13 17:54:40
葬儀にて・・・・・

主人が生前は大変お世話になりました。

生前?生まれる前って事か。

平気で何気なく使ってる言葉

死んだら生まれる。
 
 
 
なんとなく♪ (ふみふみ)
2011-10-13 20:28:19
生まれていない死にもしない

ソース……繋がっている

なんとなく♪なんとなく♪感じてきています。

日記を楽しみにしています。
 
 
 
生死 ()
2011-10-13 21:25:22
こんばんは。逆境の境遇の中、精神的に参ってる時に私は今日生まれたんだと仮定し、今自分は恵まれた状態なのだと認識し直すように最近してました。精神的に参ってる時、仮定で私は今死んだんだ、そして今生まれた、なんて事を繰り返してる時、あれっと思いました。思い当たる言葉が見つからないので今日はこれで失礼します。お子さん元気に育ちますよう祈ってます。
 
 
 
born this way! (まだまだ考案中)
2011-10-14 01:25:41
(不謹慎タイトルですみません)

おぉ、ここにきてまた生命誕生の話だ~
黒斎さんの死なないなら生まれもしないよ理論はスピ系での生死観で疑問に思った事がしっくりきたので。
これって人間だけの話じゃないじゃないですか。動物や植物は産まれた誕生日おめでとうなんて言わないじゃないですか
死は動物でも悼みますけどね…。
だから誕生に触れる黒斎さんて斬新だなぁ、と思ったりした訳ですよ、他の人達輪廻転生や前世にはよく触れるのに。
それともただ黒斎さんの感覚が東洋的な感覚なのでしょうか?


あ、あと生前という言葉について、学生の頃国語の授業で漢詩で言うレ点を入れるものだと習った記憶なんだけど…
「生ズル 前二」で生前と…(転生の思想があるから死後はもう前世?になってるから前に生きてた時になる的な)
それで納得してましたが記憶違いの勘違いなのかな~(何せ頭悪いから学校で習った事はほぼうろ覚え)
なんか凄く哲学的で深いんだぁ~、とか納得してましたけどね

誰か詳しい人居たら正しい説を教えて下さい(´・_・`)
 
 
 
不思議な体験 (ひまわりママ)
2011-10-14 03:18:47
こんばんは、先ほど不思議な体験をして
まずは黒斎さんに報告を・・・
という声に導かれてやってきました。

絶望的な気持ちになって横たわりながら
心の中で
「もう嫌だ・・・今目覚めたいんだ。今だってば
今!今!今!今!・・・・・」
と自暴自棄になって「今!」を連呼していたら

「私だよ」

という深く力強い声がして、私?と聞き返すと
「そう私。わたし、わたし、わたし・・・・」
と私がこだまして
近くにいる主人も私、飼っているウサギも私、
あの人もこの人も私・・・
そのうち地球が私を包み、宇宙に広がり
宇宙の全てが

「私だよ」

と発している声がして、全てが私なんだ。
と確信しました。
その瞬間に
私のまぶたが物凄い勢いで瞬きをして
少し怖くなったのですが
「大丈夫だよ」という声を信じて身をゆだねたら

「今!今、今、今・・・」

という声がこだまして、それと共に
全てが今なんだ!という確信を得て
今まで味わったことのない爽快感を
感じました。

そして自然と顔が笑顔になり
幸福で心が満たされ、笑いが止まらなく
なっていました。

「もう、大丈夫だよ。おめでとう。」

という声がまたこだまして、
まずは黒斎さんに報告だね。
と言われ不思議体験が終わったんです。

想像していたよりは衝撃の少ないソフトな体験で
黒斎さんのようなたくさんの気付きもなく
体験したことの確信はあるのですが
目覚め体験をしたという確信がないので
また違う不思議な体験かも知れませんが
心が軽くなり、幸福な気持ちでいっぱいです。

こんな体験ができたのも
黒斎さんのブログに出会えたからです。

黒斎さん、ありがとうございます。
 
 
 
わたしは・・・。 (kyami)
2011-10-14 18:25:22
初めまして。
ここに何故か辿りついて読みました。
でw心理学では何といわれるのでしょうか。。
でも、心理学≠自分の感覚の様な気もしてw
そして、ここで昨日思った事は
私達の意識は違う所にあり私達人間は、魂が
作り出した創造物で・・・ゲームのマリオ!?
と言ったところではないかなw!?なんて思います。
違うのかな・・・w
 
 
 
犬我言 (スマホー)
2011-10-14 21:06:10
ビッグバンが誕生とするなら、人は今までズーと〝生きっぱなし〟という事でしょうか。

アレの何倍も気持ちイーって、阿部ちゃん言ってたけど、この事だったんか(笑)
つまり、〝イキっぱなし〟という事ですネ(爆笑)

えっ!?・・・・・ハリセンいくって??


<ソフトパンク
 
 
 
死ぬ、について (夏の大三角)
2011-10-14 22:09:50
はじめまして。

私が生まれる前、私の体が卵子と精子が合わさって体を形成していく段階で、もう私自身なのかしら。

体と魂は、別物だとか。

死んだ肉体。
でもそこから遺伝子を取り出して、命を誕生させられる?
だから、死んでないってこと?
受精卵が分裂しているぐらいでは、生きているけど、魂はまだ入ってないとか。命と魂は別物?
ちょうどいい頃を見計らって、魂が入る?
魂が抜け出したら、魂は生き続けるけど、肉体は、受精卵の頃のようには生きてないでしょ?
うーん、こんなこと一人で考えてます。

「あの世に聞いたこの世の仕組み」立ち読みし、それがきっかけで、ブログに参りました。
すいません、今、保険証ももてないくらいの状況で、本、購入できませんでした。

これからも記事、読ませていただき、勉強させていただきます。
 
 
 
犬我言 (スマホー)
2011-10-14 22:18:41
慈悲の瞑想(観想?)ってのがあります。

すべての幸せを願うわけだそうな。
これによって、自己と他己の分け隔てを取り除くのだそうです。
つまりそうやって、脳にそのようなニューロン配列網が出来上がっていくのだそうです。
不確定性原理は、心(観想)が物質(ニューロン)に影響を及ぼすことを、解明してくれました。

知識は否定するんじゃなく、肯定するもんですハイ。


え!?・・・・・もーいーから早く寝ろって??
んじゃ


<ソフトパンク> 
 
 
 
循環か (夏の大三角)
2011-10-15 08:01:24
度々、失礼します

今日目がさめて思い付いたこと。

この世のものは、どれも朽ちていく。
家とか、コンクリート、テレビとかも。

自然界の中では、みな土に還る。
死んだ肉体(受精卵のようには生きていない)も、土にかえり、やがてその肉体は、肥料になって、次の命の中に入っていく。
例えば、木。木を育て、その実を動物が食べる。
その動物はまた子孫を産む。

ということで、死なないのか?
でもやっぱり、魂は、別物なんだろうな。

いつ、肉体に入るのか。

抜ける時は、肉体が古くなったときだろうな。
魂は新しい肉体や天へ、肉体は次の命の元となり循環し生き続ける。

こーゆーことか?

いまんところ、これで納得しました。
 
 
 
ガイアの一部 (夏の大三角)
2011-10-15 11:12:49
ホントに何度もすいません。
多分、これで最後です。


あ、肉体は地球という生命体の一部、か。。。

宇宙(生命)の一部。
だから、宇宙が死なない限りはずっと生きてる、みたいな。。。


黒斉さんのライブとか、行けるようにがんばります。
o(^-^)o
 
 
 
コーラン-真心の章(112) (ムスリム)
2012-08-22 22:45:54
言え,「かれはアッラー,唯一なる御方であられる。
アッラーは,自存され,
生まず、生まれず。
かれに比べ得る,何ものもない。

----

ちなみに(イスラーム)をそのまま訳すと、(サレンダー)になります。

ムスリムの日本語訳は(サレンダーしている者)です。

サレンダー仲間として、サレンダー民のご挨拶をさせてください。

”アッサラーム.アライコム.ワラフマト.アッラーヒ.ワバラカート”

貴方に平和と、アッラーの慈悲と祝福を。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。