goo

投影

「現実はマインドの投影である」

「全てはあなたの内側で起こっている」

「世界はあなたの意識を映し出す巨大スクリーンである」

「鏡の法則」

「天国と地獄」


表現はいろいろなものがあるけども、これらは全部同じ法則を指しています。

「あなたの与えるものが、あなたの受け取るもの」という、精神世界や心理学などでおなじみの法則です。


「うんうん。そりゃ何度も目にしてきましたよ。でも、ちっともそうは思えなくてねぇ」という方もおられるかもしれませんが、この法則はもう、気がついてしまえばどうにも否定しようのない事実なのです。


「その法則を使える人・使えない人」という類の話ではありません。

「法則」である以上、法則に気づいていようが気づいていまいが関係なし。

「引力」を知っていようが知らずにいようが御構い無しに、誰もが引力の影響を受けているのと同様、誰もがこの法則の影響下で生きています。


『あなたの与えるものが、あなたの受け取るもの』

これまで、そう聞いても納得できない方々が、同じように質問してくれました。

「あのさ黒斎さん。そうは言うけど、どうもわたしにおいては、その法則が適用されていないみたい。

たとえば、わたしはこれまでに色んなところでお金を与えてきた。でも、いつも出て行く一方で返ってきやしない。いつまでたっても受け取れないから、借金はかさむばかりです。

そもそも『与えるものが、受け取るもの』が本当に法則なら、『借金』ということ自体があり得ないじゃないですか。ねぇ。

黒斎さんだって、かつては借金に苦しんだんでしょう?

それは黒斎さんが借金をする以前に『誰かに借金を与えた』ってことですか? 違いますよね?

それに世の中はとても平等とは思えない。理不尽なことに溢れている。

時と場合によっては、その人が、どんなに人に優しさを与えていたとしても、迫害を受けることだってあるでしょう。

必ずしも『優しさを与えたから、優しさを受け取れる』とは、ならないじゃないですか。

それともあれですか。『今世で受け取り損ねた分は、あの世や来世で受け取るんだよ』とか、そういう話になるんですか?」


といった感じで。


でもね、

『あなたの与えるものが、あなたの受け取るもの』っていうこの言葉は、そういう意味じゃないんです。

「あなたが与えるお金が、あなたの受け取るお金」でもないし、「あなたの与えた善行が、あなたの受け取る善行」でもありません。

そしてまた、今日与えて、1週間後に受け取れるといったようなことでもありません。

そこはまさに、『鏡の法則』。

「鏡を見ているあなたと、鏡に映っているあなた」に、タイムラグがないように、「あなたの与えるもの」と「あなたの受け取るもの」の間にタイムラグはありません。

だから、今の行いを、来世で受け取るということではないんです。


これはもう、それはそれはシンプルな話で。

『あなたの与える“もの”が、あなたの受け取る“もの”』は、単に、『あなたの与える“意味や価値”が、あなたの受け取る“現実”』って話です。


さて、このお話を読んで、あなたはどんな現実を受け取りましたか?

あの人や、あの出来事に、あなたは何を与えて(受け取って)いますか?



わたしは、あの人に「           」という意味や価値を与えている。
だからわたしはいま「           」という現実を経験している。

わたしは、あの事に「           」という意味や価値を与えている。
だからわたしはいま「           」という現実を経験している。





トークライブ・インフォメーション


天才コピーライター・ひすいこたろうさんとともに立ち上げる新プロジェクト、まもなくスタート!
5時間の長尺でドップリお送りする『幸せ共同ラボラトリー』。
みんなで、ミラクルでハッピーな化学反応を起こそうぜ!!



【日時】6月17日(土)14:00〜19:00(開場13:30)
【会場】A.R.Kビル 2階 大ホール
    福岡市博多区博多駅東2丁目17-5 (MAP
【料金】お一人様20,000円

主催:Be Here Nowさま

詳細・お申し込みは【こちら】

*****

あれ?もしかしたら、もう1年ぶりになるのかな?
ひっさしぶりに、札幌にお伺いいたします!

黒澤一樹トークライブ『TAO』
 〜老子に聞いた、この世の仕組み〜

【日時】7月15日(土)14:00〜16:00(開場13:30)
【会場】札幌市教育文化会館 研修室301
    札幌市中央区北1条西13丁目(札幌市営地下鉄東西線「西11丁目駅」1番出口から徒歩5分)
【料金】お一人様3,800円

主催・協賛:株式会社ULGさま

お申し込みは【こちら】から

*****

平日のお話会『月イチ☆』ツアー。
今月は下記のスケジュールで開催いたします!
事前のご予約やチケットのご購入は不要です。当日、直接会場へお越しください!

平日のお話会「月イチ☆」(東京開催)

【日時】6月26日(月)19:30〜21:30(開場19:00)
【会場】三鷹産業プラザ7階 703会議室
    東京都三鷹市下連雀3-38-4(MAP)
【料金】お一人様2,000円

平日のお話会「月イチ☆WEST」(大阪開催)
【日時】6月29日(木)19:00〜21:00(開場18:30)
【会場】大阪産業創造館 5階 研修室E
    大阪市中央区本町1-4-5(MAP)
【料金】お一人様2,500円

平日のお話会「でら☆月イチ」(名古屋開催)
【日時】6月30日(金)19:30〜21:30(開場19:00)
【会場】ウインクあいち 会議室1110
    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38(MAP)
【料金】お一人様2,500円

*****


←あなたの与えるクリックが、わたしが受け取るポイントです。
コメント ( 26 ) | Trackback ( 0 )
« 妙な思い出 バケラッタ »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ヒロ)
2017-06-02 16:03:22
私が受け取ったのは、「分かりづらいトリックだな」です。

おっしゃっていることは分かりますが・・・

『あなたの与える“もの”が、あなたの受け取る“もの”』は、単に、『あなたの与える“意味や価値”が、あなたの受け取る“現実”』って話です。

は、単純じゃないです。

もの=お金 だったら、与えた「お金」を受け取れる!って思いますもの。これが単純な感覚です。

まさか、『苦労して与えても受け取れない。この世は理不尽』の方を映して受け取っているなんて気付けませんよ。

まずは自分の観念、思い込みに気付かなければ始まらないってことですよね?

でも、この「鏡の法則」には気付かせたくない、巧妙なトリックがあるなぁ~と思います。(意地悪だ~を受け取り中)

こういうお話、ワクワクします。
楽しいです。ありがとうございます。
 
 
 
では (ほう、そうか!)
2017-06-02 16:40:24
仮性でも真性でもくよくよしないでという事で。
 
 
 
Unknown (つきよ)
2017-06-02 17:10:23
だから~こどもはかわいい
 
 
 
どう理解すればいいですか? (通りすがり)
2017-06-02 18:02:51
「あなたの与えるもの」と「あなたの受け取るもの」の間にタイムラグはありません。
とのことですが、例えば以下のようなケースはどのように理解すればいいですか?
①好意で保証人になったら逃げられて借金背負わされた。
②無差別殺人の犠牲者とその家族。
③生まれて直ぐに捨てられた子供。
人生終わってみないと分からないかも知れませんが、タイムラグがないのであれば矛盾しませんか?
 
 
 
Unknown (姿三四郎)
2017-06-03 03:11:27
①「あのさ黒斎さん。そうは言うけど、どうもわたしにおいては、その法則が適用されていないみたい。

⇒適用されていることに気づいていない(引力の存在に気づいていないのと同じ。
まぁでも普段から引力の事を意識しながら生活をしてはいないですよね⇐ここ重要かも)


②たとえば、わたしはこれまでに色んなところでお金を与えてきた。でも、いつも出て行く一方で返ってきやしない。いつまでたっても受け取れないから、借金はかさむばかりです。

⇒その思い通りになってますよ…
与える時と与えた後の思いの根底はどんな感じだったのでしょう?


③そもそも『与えるものが、受け取るもの』が本当に法則なら、『借金』ということ自体があり得ないじゃないですか。ねぇ。

⇒与えるものも受け取るものも物ではなく、思いの根底です。
それが豊かさからの思いなら、何らかの形で豊かになります。


④黒斎さんだって、かつては借金に苦しんだんでしょう?
それは黒斎さんが借金をする以前に『誰かに借金を与えた』ってことですか? 違いますよね?

⇒もう何を言っているのか分かりませんが、豊かさではなく「足りない」っていう思いが強すぎただけです。
そしてその思いのループが続いていた。
何らかの経験でその思い(意識・認識)が変わったのでループから抜け出し、状況や現状が変わっていったというストーリーになります。


⑤それに世の中はとても平等とは思えない。理不尽なことに溢れている。
時と場合によっては、その人が、どんなに人に優しさを与えていたとしても、迫害を受けることだってあるでしょう。
必ずしも『優しさを与えたから、優しさを受け取れる』とは、ならないじゃないですか。
それともあれですか。『今世で受け取り損ねた分は、あの世や来世で受け取るんだよ』とか、そういう話になるんですか?」

⇒世の中の情勢はあなたには関係がないです。
それを見てあなたが感じる思いが大切です。
誰か(自分も含めて)や何かに「優しさ」を与えた時、あなたはすでに「優しさを」受けとっています。
その逆も然り。
これは①から④でも言えることです。
結局はその気持に気づけるかどうか。
そして気づけたら終わりじゃなく、そこからが始まりです。
 
 
 
教えてにゃ~ん (雲黒斎さん、教えてください)
2017-06-03 05:22:02
『あなたの与える“もの”が、あなたの受け取る“もの”』は、単に、『あなたの与える“意味や価値”が、あなたの受け取る“現実”』って話

ということがわかりすぎるからこそ、
わたしがコントロールできないわたしの意味付けが自分の望まないものなので、怖いのです。。。

うっわぁ~~、こんな定義しちゃってる、
って思うけどわたしがやってることじゃなくって勝手に流れて(沸いて?)くるものだというのもわかるから、もう救いようがないとういうか。
その定義があっても幸せに生きるテクニックを
教えてください。

幸せであると決めて幸せであるだけです
は、わたしはうそなのでそういう方面でない回答だとうれしいです。

わかりかけのradio聴くと癒されます、
再開望んでます。
夏に聴くとなおさわやか^^
 
 
 
Unknown (be)
2017-06-03 10:22:38
冤罪という意味や価値を与えて
理不尽という現実を経験していたが
己を顧みる機会という意味や価値を与えなおして
違う現実を経験してみてもいいわけか…

お金に苦労の対価という意味や価値を与えて
仕事で苦労するという現実を経験するのが嫌なら
感謝のバロメータという意味や価値を与えて
違った現実を経験してみてもいいわけか…

と 言葉で表すのは簡単だけど
それこそ 自動的に習慣的な思考が湧いてきて
望まない意味や価値を無自覚に与えてるなら
その望まない現実を見て まず自覚するしかないか…
 
 
 
Unknown ()
2017-06-03 18:31:36
その方は

「どうもわたしにおいては、その法則が適用されていないみたい。」

という意味づけをし、即時にそのような現実を受け取っているという事ですね。


とてもシンプルです。

ここにも色んなコメントがありますが
宇宙は全て受け入れていて懐が広いです。


 
 
 
更新ありがとうございます。 (林ゆみ子)
2017-06-04 15:09:09
「出した物が受け取る物だ」という考え方は数年前から何かの本で読んで知っていました。そしてそれは、ほんとのことだと実感しています。
 
 
 
早く寝なくては明日の朝礼に遅れてしまうの( ´ ;ω; ` ) (さむらい)
2017-06-05 03:07:43
うーむ…基本的に因果応報なのだけれど、そこに利己的だったり過度の期待を持ってしまうという事なのかと。
ただ理不尽な事も含んでしまうので何とも言い難い部分があるのですが。
でも誰しもお金や物は欲しいし他者から好かれたいですよね?

黒斎さんもブログ更新しないとランク下がったりしますし(笑)←なんて辛辣なコメントなんだろう。
 
 
 
あれれ?混乱 (あ・た・し♪)
2017-06-05 19:27:13
ちょっと待って、ちょっと待って

人生って悟った瞬間に「あぁぁ。すべて決まっていたなぁ」じゃなかったっけ?

だったら、与えるものも受け取るものも、すでに決まってるんじゃないの???

 
 
 
マクロ的な視点 (Unknown)
2017-06-06 12:13:36
まぁ、モノについても同じことが言えるよね。

お金で取引できるのは暗黙の了解のおかげ(教育・洗脳・習慣等)であって、本質的には紙切れor金属の塊でしかありません。

世界のど田舎で日本円で取引しようとしても、価値のないモノとして扱われるでしょう。

では、お金(本質的に価値のないもの)を他人に与えた人はタイムラグなしで何を得たのでしょう。

恐らく、期待・満足感といった価値のないものでしょう。どちらも価値のないものであるから釣り合いが取れており平等と言えます。

人間もまた然り。

一人ひとり個性があり、代替え品のないものではあるが、かけがえのないものではない。

どんなに立派と言われる人であっても、それは暗黙の了解のおかげであって、世界のど田舎にボロ切れを着せて送り出したら、一般人扱い(又はもっと下の扱い)を受けるでしょう。

つまりは、人間にも本質的には価値が備わっていません。価値のないものが価値のないものに影響を与えても、それは価値のないこと。

従って、どんなに理不尽に思えることが起きてもそれは平等ということ。

もちろん、「不幸を感じてる他人にそれを言えるのか」と問われれば、反感を買うだけでしょうからそれは言いません。が、

しかし、自分が本当にどうしようもない状況に陥ったら、こう考えればちっとは楽になって気分の切り替えができるような気がします。
 
 
 
飽くまで例えばです、飽くまで(笑) (ただの「自分」)
2017-06-06 18:12:49





           馬鹿




・・・・・↑と、たった一言だけコメントされていたとして、
「うわー、馬鹿にされたー」という意味を
『馬鹿』と表示されている文字に『与える』事により、
「うわー、馬鹿にされたー」という『嫌な気分』を、即座に『受け取る』

と、こういう事ですよねー。
これ気付くまで、もっのすごく、わかりにくかったですねー。
わかってしまえば、ほんと、何やってんだ自分!?て感じですが

・・・・・と、今度は、↑と、このように、自分を責め始める訳ですよ(笑)

「『馬鹿』って表示されてるの見ただけで
 馬鹿にされたと嫌な気分になってるの誰よ?
 その方が馬鹿だろ」

という意味を『与えて』、また『その方が馬鹿だろ』という『嫌な気分』を『受け取る』と。

それに対して、最近、覚えた事があります。

「えっとさ。
 『嫌な気分』を避けたいのに、
 そうやって誰よりも『嫌な気分』を『意識している』のって、

 『誰』?」

そしたら、「あ、今こう思ってる自分じゃん」と気付いて、
まず、

「えーーーーーーっっっっっ!!!!!??????」

と、ビックリするんです。
そして、

「そんなはずじゃないのおおおぉぉぉぉ~~~~~~っっっっ!!!!!」

て感じで、『解放』されていきます(笑)
ほんと、感じているエネルギーが、即座に暖かく、軽くなりますね。

ただ、うっかりすると、それすらただ自分を責めるだけな感じになって
逆効果なので、もうちょっとシンプルにしたいところです。
今のところは、敢えてハマって、『ハマった自分』を対象化して、
それに対する説得を試みて、そしたら
『それに対する説得を試みてみている自分』を対象化して、
更にそれに対する説得を試みて、その上で、
「誰よりも『嫌な事』に意識を向けているのは、
 実は今現にこうして『説得』しているつもりの自分」
という『誤解』に気付いて解放する、という
無駄に一周回ってる感じですからねぇ・・・・・。
それとも、それが遠回りなようで、最短でしょうかね?
 
 
 
鏡の法則 (IPS)
2017-06-06 20:24:50
なるほど。まったく当たり前のことを教えて頂きました。鏡ですから、右と左は逆転します。まさに、意味と価値が現実に置き換わるのですね。また、与えるものは内から外への移動ですし、受け取るものはその逆。これも鏡の前で動作をすれば一目瞭然。
よって、私たちはその法則をよく理解した上で、鏡に映っている左の動作を自分は右を動かしていると自覚して生きることができれば、不満も不条理もなく、ただそのままに生きていることが分かるということですね。
ナントシンプルな!
 
 
 
暇潰しにすみません (まいっちんぐ待ち男)
2017-06-07 18:37:58
以前に黒斎さんに「なんか老けたね」と鏡の法則コメントをして黒斎さんに虚無感を与えた者です(´・ω・`)

それで鏡の法則ではこのままでは自分が老けてるになってしまうと感じ

これはいかんと

「彼は老けてない若々しくピチピチだ」

と心を偽って今鏡の法則コメントのやり直しをやってます。

それで私は今何を与えて何を受け取っているのでしょうか?

はたして

くだらなさを与え苦笑いを受けとる事が出来るのだろうか?

違った

今黒斎さんに老けたねとありのままの心を偽りながら自分の不安意識から与えた若くてピチピチを今受け取ってるのだろうか?

ちょっと今鏡見て来ます

うん今大丈夫だった(  ̄▽ ̄)
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-06-07 20:11:26
人生や世界は決してその外に出て俯瞰することはできない。みんなうっかり図か何かを描いて、人生や世界を語ってしまうが、俯瞰する対象とした途端にそれはもう人生でも世界でもない。

ある作家の言葉より
 
 
 
無意識の束縛 (Unknown)
2017-06-08 01:28:43
『あなたの与える“意味や価値”が、あなたの受け取る“現実”』

あなた(意識)が意味や価値を与えているなら、これに気付いた人は理論上は何が起きようが一生ネガティヴにならなくて済む。

しかし、少なくとも私はそんなことが出来る人を知らない。

指に棘が刺さった時に反射的に痛みを感じるように、感情も反射的に無意識(過去の経験による思い込みの癖、習慣、習性)が生み出しているのではないだろうか。

意識は感情を完全には制御できない。

怒る演技はできるが、きっかけなしで本当に怒ることはできないだろう。

また、怒りを意識して我慢することはできるが、我慢してるということは怒りが残っているということ。突発的に怒りをゼロにすることはできないだろう。

こういう自己啓発的な話が好きな人なら、自分が怒っている際、怒りの理由を考察して怒りを鎮められる人もいると思うが、それは本当に意識が自発的にやったことだと言い切れるだろうか。

これすら無意識に意識が踊らされているだけだとしたら・・・

だから、こうも考えられるのではないだろうか。

『無意識の与える“意味や価値”が、意識の受け取る“現実”』

こう考えると、人間には自由意志がないというのも頷ける。
 
 
 
Unknown (倒産父さん)
2017-06-10 10:08:47
わたしは、あの事に「           」という意味や価値を与えている。
だからわたしはいま「           」という現実を経験している。

「        」が物語、ストーリー、マインドのなせる業。

このカギカッコ「 」の中身が鏡なんですね。

このカギカッコ「 」に言葉を打ち込まなければ、そこには空がただ在るだけで・・・

「  (空)  」ってなこと・・・

会社の借金返しきれずに、友人の弁護士に法的処理を依頼し1年ちょっとが過ぎました。

その間 色んな「 」を経験したけれど、今は何だか
平和です。(^^♪

黒斎さん、ご著書いっぱい売って下さいね。(わしは全部買ってますよ)応援しています(^^)/
 
 
 
「この世界が仮想現実であることを示すコメント」 (バーチャル)
2017-06-12 11:06:34

こんにちは。いきなり何ですが、この記事どう思いますか?

・・・・・『真実の世界においては確かに人生は一回きりかも知れないが、この世は虚構だから誰も死なないし、1回きりの登場の人もいれば数回登場する人もいる』と思います。
 それは、『遺伝子DNAは誰が作ったのか』、『物質(原子)は誰が作ったのか』を考えた結果として『この世は虚構だ』と確信したからです。

1、『遺伝子DNAは誰が作ったのか』

 地球上の全ての生命に遺伝子DNAが組み込まれているが、遺伝子DNAは自然や偶然に出来るものではないし、人間の科学でも作れません。では誰が作ったのかと言うことですが、作ったのは「遠い未来の人間」だと思います。

2、『物質(原子)は誰が作ったのか』

 地球上の物質(原子)は百余り有りますが、必ず、陽子・中性子・電子の3者で構成され、それ以外の構成は存在しないし、規則性とか法則性に支配されています。
 また中性子は中性子線を内包し、特定の物質(原子)はアルファー線とかベータ線などを放射して崩壊し、電子は電荷を内包しています。
 こんな複雑なものが自然や偶然で出来るのでしょうか。どうしたら放射線を作ることが出来るのでしょうか。色々と考えた結果、自然や偶然で物質(原子)を作るのは不可能であり、私たちの世界は人工的に作られた虚構だと確信しました。

3、私たちは人工的に作られた肉体を使って、人工的に作られた「場」で生活をしているのであり、本当の自分は「遠い未来」にいると思います。ですから、『この世は虚構だから誰も死なない』と思います。・・・・・

 
 
 
Unknown (えっ?)
2017-06-12 17:58:24
ちょ、ちょっと待て、「誰が作ったかわからないから」という理由で「この世は仮想現実で、遠い未来の人間が作った」と決めつけるのは早計過ぎるのでは?まず、「遠い未来の人間」が過去の人間等を作ったなら、遠い未来の人間は何から生まれたの?というパラドックス(論理的矛盾)が生じませんか?まあ、話の流れ的に「遠い未来の人間」というのは「別の世界の何か」を指してるのかもしれませんが。あと、個人的にはDNAが自然にできたものだとしても、別に不思議はないと思います。なぜなら、自然は複雑なものをたくさん作っているから。んー、例えば、風や海流や雲の形、大陸の形、もっと緻密なモノと言うのなら雪の結晶とかね。
 
 
 
自我を大いに愛したい (ひろぴー)
2017-06-12 18:55:12
私はこの自我が愛おしくて仕方ありません。

不自由で不器用で頑固、ほんとどうしようもないこの自我が。
でも、気づきや無になってもね、やっぱりそういうことじゃないとわかりました。

全ては寸分狂わず幸せのために動いてる。
ただ幸せの概念はここの概念とは全く当てはまらず混乱しましたが、
何度も自我を書き換えても、この自我とともに
共にいる事が心底求めている事だと、最高の喜びだとわかりました。

ありがとうございます。
 
 
 
神のエネルギーに乗る (アマート)
2017-06-16 21:09:40
こんにちは

久しぶりに、「極楽飯店」を再読しました。
読み進むに従って、そうだった! と思いました。

あーだこーだ言ってないで、「極楽飯店」を読めば分かるじゃないかと。

再読して、良かったなと思いました。

 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-06-17 05:14:11
この世に絶対的な価値などはない。ものはすべて比較だ。人は物事を白か黒かと割り切ろうとするが、娑婆はそれほど単純じゃない。黒と白との間に灰色がある。どっちとも言えない。真理は中間にある。

某元首相の言葉より
 
 
 
(゚∀゚) (プニ)
2017-06-20 14:13:12
なーるほど!
ありがとうございます!
 
 
 
٩( ᐛ )و (プニ)
2017-06-20 14:17:53
あ、でもでも
私なんて始めっから居なかったのに
「鏡の法則」って関係ある?
ありゃ?
 
 
 
ちょっと重たいかもしれませんが質問です (とらお)
2017-06-21 23:13:00
生まれながらにして障害を持って生まれる場合(車の例えでなんとなくはわかる気はしますが)
また、生まれてすぐ親に虐待される環境であったり
意図しないケースに遭遇する環境に生まれたり
最悪な場合は死産の場合でしょうか?
(意識があるかないかわからないから死産については何とも言い難いでしょうか?それとも魂レベルでその死産の経験すらも望んでる?)

不幸なのか幸せなのかの境界線というのは人それぞれ曖昧だし、何とも言えないとは思います

だけど、どうしても納得いかないのは可愛い盛りの子供を殺す親の元に生まれ、虐待されながら死んでしまう子達もその環境を望んで生まれるのでしょうか?

それとも、過去世の行いによって「君が生まれるならここだよ」と位置付けられるものなのか?
それともやはり本人が選んでいるのか?
このあたりがよくわかりません

生まれてからの行いによって良くも悪くも変化していくことは自業自得だし、心が器(車の性能)を凌駕する部分があるのでそこは納得してます

自意識が芽生えないよく分からない状態で、痛みや死を与えられる環境に生まれ出でる
これはどう納得すればいいのでしょうか?

教えて下さい
よろしくお願いいたしますm(__)m
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。