goo

物我対立

昨晩、ズボンを履かないまま外出し、渋谷近くの公園でパンツ一丁になっている自分にようやく気づき、あわててそこらの芝生に落ちていたスカートを履いて逃走する

という夢をみました。

なにこの荒唐無稽な展開。

これ、夢占い的には一体なんの暗示なんでございましょうーか?

そんなこんなでこんにちは、黒斎です。


さて、こんな「夢」と「現実」と呼ばれる日常生活、どちらにも共通しているものがあります。

それが「主観」。


自分が誰であれ、その状況を見て、感じている何者かがいる。

この主観によって浮かび上がっている世界が「徼」の世界です。

昔っからいろんな人が「それだけが世界じゃありませんぜ」ってなことを色々な表現で残してくれています。

「ああ、またその話かよ」という方も大勢いらっしゃるとは思いますが、一番大事なところなんで、繰り返させてくださいませ。



先日、『ラブ、安堵、ピース』の編集をしてくださった橋詰さんが、非常に興味深いことを話してくれたんですね。

「黒斎さん、夏目漱石が『ノンデュアリティーとワンネス』を語ってたって、知ってました?」って。

(;゚ Д゚) …!? ええ? 夏目漱石が!?

ってなもんですよ。びっくりしました。


時は明治40年4月20日。

その日、漱石さんは東京美術学校文学会の開会式にて、学生さんに向けてある講演をしたんだそうです。

その講演内容は後に東京朝日新聞で連載され、また、『文芸の哲学的基礎』というタイトルで書籍化されています。

いや、お恥ずかしながら僕はまったくそんな講演があったことも、本の存在も知らなかったのですが、橋詰さんから「青空文庫にもありますよ。ぜひ読んで見てください!」と教えていただきまして。

で、拝見しましたら、驚愕しました。興奮しました。

うぉーーーーー!ってなもんです。

それで、是非皆様にもご紹介したくなりまして。

橋詰さんがFacebookで要点をまとめてくれてましたので、引用させていただきたいと思います。



*****


私はここに立っております。

そうしてあなた方はそこに坐っておられる。

他の言葉であらわしてみようならば、私は『我』というもの、あなた方は私に対して『私以外』のものという意味であります。

もっとむずかしい表現法を用いると「物我対立」という事実であります。

すなわち世界は『我』と『物』との相待の関係で成立しているという事になる。

あなた方も定めてそう思われるでありましょう、私もそう思うております。

誰しもそう心得ているのである。

ところがよくよく考えて見ると、それがはなはだ怪しい。

よほど怪しい。

通俗には誰もそう考えている。

私も通俗にそう考えている。

しかし退いて不通俗に考えて見るとそれがすこぶるおかしい。

どうもそうでないらしい。

なぜかというと元来この『私』という――この『私』の正体がはなはだ怪しいものであります。

この手、この足、痒いときには掻き、痛いときには撫でるこの身体が私かというと、そうもいかない。

痒い痛いと申す感じはある。

撫でる掻くという心持ちはある。

しかしそれより以外に何にもない。

あるものは手でもない足でもない。

便宜のために手と名づけ足と名づける意識現象と、痛い痒いという意識現象であります。

要するに意識はある。

また意識するという働きはある。

これだけはたしかであります。

して見ると普通に『私』と称しているのは客観的に世の中に実在しているものではなくして、ただ意識の連続して行くものに便宜上『私』という名を与えたのであります。

『私』と、一たび建立するとその裏には、「あなた方」と、私以外のものも建立する訳になりますから、物我の区別がこれでつきます。

そこがいらざる葛藤で、また必要な便宜なのであります。

こういうと、私は自分(普通にいう自分)の存在を否定するのみならず、かねてあなた方の存在をも否定する訳になって、かように大勢傍聴しておられるにもかかわらず、有れども無きがごとくで、はなはだお気の毒の至りであります。

御腹も御立ちになるでしょうが、根本的の議論なのだから、まず議論としてお聴きを願いたい。

根本的にいうと失礼な申条だがあなた方は『私』を離れて客観的に存在してはおられません。

――『私』を離れてと申したが、その『私』さえいわゆる『私』としては存在しないのだから、いわんやあなた方においてをや、であります。

いくら怒られても駄目であります。

あなた方はそこにござる。

ござると思ってござる。

私もまあちょっとそう思っています。

います事は、いますが、ただ仮にそう思って差し上げるまでの事であります。

というものは、いくらそれ以上に思ってあげたくてもそれだけの証拠がないのだから仕方がありません。

普通に物の存在を確かめるにはまず眼で見ますかね。

眼で見た上で手で触れて見る。

手で触れたあとで、嗅いでみる、あるいは舐めてみる。

けれども前にも申した通り眼で見ようが、耳できこうが、根本的にいえば、ただ視覚と聴覚を意識するまでで、この意識が変じて独立した物とも、人ともなりよう訳がない。

見るときに触るるときに、黒い制服を着た、金ボタンの学生の、姿を、私の意識中に現象としてあらわし来きたるというまでに過ぎないのであります。

これをほかにしてあなた方の存在という事実を認めることができようはずがない。

すると煎じ詰めたところが『私』もなければ、あなた方もない。

あるものは、真にあるものは、ただ意識ばかりである。

金ボタンが眼に映ずる、金ボタンを意識する。

すると通俗の考えを離れて物我の世界を見たところでは、物が自分から独立して現存しているという事もいえず、自分が物を離れて生存しているという事も申されない。

換言して見ると己(おのれ)を離れて物はない、また物を離れて己はないはずとなりますから、いわゆる物我なるものは「契合一致」しなければならん訳になります。

物我の二字を用いるのはすでに分りやすいためにするのみで、根本義からいうと、実はこの両面を区別しようがない、区別する事ができぬものに「一致」などという言語も必要ではないのであります。

だからただ明かに存在しているのは意識であります。

そうしてこの意識の連続を称して俗に「命」というのであります。


――夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より抜粋



*****


どーですか奥さん!

こう紹介すると、私は自分(普通にいう自分)の存在を否定するのみならず、かねてあなた方の存在をも否定する訳になって、かように大勢閲覧しておられるにもかかわらず、有れども無きがごとくで、はなはだお気の毒の至りであります。

あなた方はそこにござる。

ござると思ってござる。

私もまあちょっとそう思っています。

います事は、いますが、ただ仮にそう思って差し上げるまでの事であります。

というものは、いくらそれ以上に思ってあげたくてもそれだけの証拠がないのだから仕方がありません。

いくら怒られても駄目であります。




【トークライブ・インフォメーション】

2017年1月のお話会の予定は以下の通りです!

*****

枚方 T-SITEさんから、インストアトークライブのお誘いをいただきました!
1月28日(土)にお伺いいたします!
今回はT-SITEさんから、「黒澤一樹と雲黒斎、2つのキャラ分けでお話をお願いします!」と依頼を受けたのですが、いやはや、どんなお話になるのやら(笑)

『ラブ、安堵、ピース 東洋哲学の原点』発売記念 黒澤一樹トークライブ

【日時】1月28日(土)13:30~15:00
【会場】枚方蔦屋書店 4Fイベントスペース
【料金】お一人様1,500円
※主催:枚方 蔦屋書店さま

◎詳細・お申し込みは【こちら】枚方 蔦屋書店公式ページをご覧ください!

*****


平日のお話会「月イチ☆」(東京開催)

【日時】1月25日(水)19:30〜21:30(開場19:00)
【会場】三鷹産業プラザ7階 703会議室
    東京都三鷹市下連雀3-38-4(MAP
【料金】お一人様2,000円

平日のお話会「でら☆月イチ」(名古屋開催)

【日時】1月26日(木)19:30〜21:30(開場19:00)
【会場】ウインクあいち 会議室1209
    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38(MAP
【料金】お一人様2,500円

平日のお話会「月イチ☆WEST」(大阪開催)

【日時】1月27日(金)19:00〜21:00(開場18:30)
【会場】大阪産業創造館 研修室E
    大阪市中央区本町1-4-5(MAP
【料金】お一人様2,500円

※上記の「平日のお話会」につきましては、チケットのご購入や、事前予約等は不要です。当日、会場へ直接お越しください。


←今日も押してくれる誰かが、ござると思ってござる。
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )
« 現実 命のつながり... »
 
コメント
 
 
 
うひょー (どーみん)
2017-01-23 16:25:27
楽しみにしています。
更新ありがとうございます。

うひょー!ふむふむですね。
こんなに、わかりやすくまとめてくださったことにも感謝。

春まで待てずに、そろそろ黒斎さん?黒澤さん?の声が聞きたいです。愛しきわかラジ!
 
 
 
ヾ(≧▽≦)ノ"ギャハハハ!! (かみゆ)
2017-01-23 16:28:25
最初の夢の部分でクソワロタwwww
部屋で1人で爆笑してもたwww


夏目漱石はそんなこと言ってたんですね~
まぁ、夏目漱石の事をそんなに知らないんですけど( ̄m ̄*)

坊ちゃんの人、吾輩は猫であるの人、くらい~~( ̄∀ ̄*)ゞ
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-01-23 22:47:17
あたかも御意を得たかのような、黒斎のそんな興奮が伝わってくる記事でござる。
小学生時から漱石を読み込んでいる小生でさえ知らなかった話であり、稀勢の里の初優勝と同じくらいに興奮してしまったでござる。
しかし、“己(おのれ)を離れて物はない、また物を離れて己はないはず”の箇所はちと難解であります。
「客観」の立場での話と心得ましたが、この箇所を是非にも黒斎の言葉で御説明願いたいものであります。
何にしろ、相撲好きの漱石も稀勢の里の横綱昇進を喜んでおられることでしょう。
 
 
 
ズボンを履かないまま (N)
2017-01-24 02:02:17
ズボンを履かないまま外出しってのはニュートンが実際にやってますね。
ズボンを履いてないことに気付かずにそのまま役所に出勤したそうです。
まあ、本当の話かどうかはわからないんですけどね。w
(どうやらいつもボーっとしていたらしく、それで作られた話なのかも知れません)。
 
 
 
むずむずしますー(>o<) (はる)
2017-01-24 03:38:40
わかりそうで、わからなくって
すごくむずむずします
わかりたいですーーー
 
 
 
Unknown (ねこ)
2017-01-24 11:52:03
漱石はそこまで分かっていながら、まるで幸せとは縁遠い心身の病苦にまみれた日々、晩年を送ったように見えますが、悲しいですね。
ソレを分かっていることと幸せ、心身の苦痛からの解放とは全く関係ないという事なのかな、と思いってしまいましたが、どうなんでしょう。。
 
 
 
物我同根(レイトショー) (Dr.ストレンジ)
2017-01-24 19:02:38
物と我は不可分です。
互いに入り組んでいるからです。
明らかに分離して見えますが、
影響を与え合うのです。

人のフィールドは半径180cm位。
その領域内に他人(や物)が入って来た場合、
アナタは相手(や物)の、
相手(や物)はアナタのエネルギーを取り込みます。
(エナジーレベルで交流する)
見えないアンテナを伸ばし探り合います。

初対面の人が、
自分と合う合わない(波長が合う合わない)
容姿は自分が上だ(あるいは負けた)
どの様なタイプの人か?
力「関係を測る」ワケです。
で、どちらかが精神的優位に立ちます
自覚の有無を別にして、
誰でも相手のエナジーを読んでいるのです。
(コレはネット上でも行われています)

波が合うなら心地よいのですが、
合わないと違和感を覚えるワケです。
(警戒ですね)

好意を持つ人(や好みのタイプの人)が
コチラの顔を覗き込むのと、
そうでもない人が顔を覗き込む場合と、
どう感じるか?
イメージすると掴みやすいと思います。

自分と離れた客観的な環境、
自分とは別に客観的な病がある…
というものはありません。
ですから、
著名な【我輩】であろうと、
自ら所持した観念(思い込み)を経験します。
(誰とも何も変わらない普通人だからです)

分かってる人?や聖者?や覚者?が、
病という実在しない形で世を去る…
人類共通のプログラムであるとか?
擁護主張される方もいるみたいですが、
その通りであるなら、
ガンならガンで、
全員が同じ理由で死去するはずですし、
幻想から目覚めた覚者なる人物が、
なぜ?カルマ法則理論の餌食になり死ぬのか?

観念(思い込み)は強力な事の反映です。
(観念を持たない人はいない証です)

その観念が自分を制限するモノなら、
都合の良い観念に変えるだけです。
(テクニック不要かつ無料です)

万が一にも私が健康を害する事は無い。
深く落とし込むなら、
心身はその思い込みを物理的に反映するでしょう。
いつかは自分も、
何らかの病気になるのだろう。
(だって皆んながそうだから)
吹き込まれた思い込みを採用するなら、
いつか、
その観念を経験するでしょう。

シンプルなメカニズムです。
 
 
 
Unknown (こめこもどき)
2017-01-24 22:39:15
幻想から目覚めた覚者なる人物が、
なぜ?カルマ法則理論の餌食になり死ぬのか?

以前から疑問に思ってきたこと

やはりそういうことなのかな~
 
 
 
すごいですね (ひろ)
2017-01-26 21:55:38
黒斉さんの夢、都合よくスカートが落ちてて笑いました。

その流れで夏目漱石にいくのがまたすごいですが、
紹介して下さって、ありがとうございます!
本当にノンデュアリティーですね。
衝撃でした。
 
 
 
うわあ~!! (黄桃)
2017-01-28 14:48:48
夏目漱石大先生 すごすぎです!
記事がUPされた日から
何度もなんども~繰り返しくりかえし~

すみません黒斎さん。
こんなに読み込んだ記事はこれが初めてです!(^^;

その独特な言い回しにもはまってしまい・・・


ーよほど怪しい。
ーすこぶるおかしい。
ーどうもそうでないらしい。

ーそこがいらざる葛藤で、また必要な便宜なのであります。


ぷはあ~!
降参であります。
 
 
 
夢診断 ザ・コンサルタント (ベン溢れっ苦)
2017-01-28 17:34:24
☆ズボン(…汗)を履かないまま外出…
*ズボン=中身を隠す物 。

渋谷近くの公園で気づいた…

*渋谷=人が多い。

*公園=公共の場で気づいた不注意さ。

☆慌てて落ちてたスカートを履き逃走…

*スカート=隠す物

異性専用を履く=なりふり構わずを履き逃げる。

★その中身です。

不用意さに対する警告。

公衆の面前で、
引きずり降ろされる事はないが(nonズボン)、

慌ててスカートを履く=慌てて取り繕う。が、
捲られる可能性(スカート)がある。ので、
一先ず退散という構図です。

ズボンorスカートは見かけ上。

中身に自信が無いのかな〜( ̄▽ ̄)?
 
 
 
久ぶりに神のジカイ (奥村守)
2017-02-15 23:52:36
初めて黒雲達のような表現を見て、そう云えば良いのかと関心神解しました。 
ありがたい。
 
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。