goo

現実



さて、昨年末、上記の画像を貼り付けていたんですが、覚えておられます?

危うく貼った僕が忘れそうになってましたけど。


僕たちが「人生」と呼んでいるものは『徼(解釈・概念)』の世界に展開されています。


「人生を振り返る」となれば、童謡『思い出のアルバム』のごとく

いつのことだか〜 思い出してごらん〜 あんなこと〜 こんなこと〜 あったでしょう〜♪

と「記憶の集積を振り返る」ことになります。


この「記憶の集積」、はたまた、さまざまな「概念」を前提に見いだされている世界が『徼』の世界です。

だから、『徼』の世界は、めちゃめちゃ個人的。

人の数だけ『徼』があります。

そして、多くの場合、この「徼」の世界が「現実」として感じられています。


一方、『妙』の世界は「事象そのもの」。

いわゆる「あるがまま」の世界で、そこにはまだ概念も解釈も張り付いていません。


僕たちは、目の前に展開されている事象を、「何が起きているのか?」と把握しますが、

この「何」が付け加えられず、「ただ起きている」のが『妙』の世界です。

人生の「素(もと)」となりますが、そこにはまだ「ストーリー」がありません。

「いい」も「悪い」もなく、「あれ」でも「これ」でもない、素(す)の世界。


何が起きているのか?

何々が起きている。


その『何々』が「解釈」であり「概念」。徼の世界を形づくるものです。



「現実」という言葉の意味を紐解くと、

『いま目の前に事実として現れているもののこと』と出てきます。

ところが、この「現実」がいつの間にか(自動的に)

『いま目の前に解釈として現れているもののこと』に置き換わっているんです。

前者の「現実」と、後者の「現実」は、根源的には同じでありながら、似て非なるもの。


まずは、ここまで、飲み込めますか?


ブログ更新のリハビリの意味も込めまして、ゆるゆると、ゆっくり進めていきます。


【トークライブ・インフォメーション】

2017年1月のお話会の予定は以下の通りです!

*****

枚方 T-SITEさんから、インストアトークライブのお誘いをいただきました!
1月28日(土)にお伺いいたします!
今回はT-SITEさんから、「黒澤一樹と雲黒斎、2つのキャラ分けでお話をお願いします!」と依頼を受けたのですが、いやはや、どんなお話になるのやら(笑)

『ラブ、安堵、ピース 東洋哲学の原点』発売記念 黒澤一樹トークライブ

【日時】1月28日(土)13:30~15:00
【会場】枚方蔦屋書店 4Fイベントスペース
【料金】お一人様1,500円
※主催:枚方 蔦屋書店さま

◎詳細・お申し込みは【こちら】枚方 蔦屋書店公式ページをご覧ください!

*****


平日のお話会「月イチ☆」(東京開催)

【日時】1月25日(水)19:30〜21:30(開場19:00)
【会場】三鷹産業プラザ7階 703会議室
    東京都三鷹市下連雀3-38-4(MAP
【料金】お一人様2,000円

平日のお話会「でら☆月イチ」(名古屋開催)

【日時】1月26日(木)19:30〜21:30(開場19:00)
【会場】ウインクあいち 会議室1209
    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38(MAP
【料金】お一人様2,500円

平日のお話会「月イチ☆WEST」(大阪開催)

【日時】1月27日(金)19:00〜21:00(開場18:30)
【会場】大阪産業創造館 研修室E
    大阪市中央区本町1-4-5(MAP
【料金】お一人様2,500円

※上記の「平日のお話会」につきましては、チケットのご購入や、事前予約等は不要です。当日、会場へ直接お越しください。


←ゆるゆるとお付き合いいただけましたら幸いです。
コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )
« 今年もよろし... 物我対立 »
 
コメント
 
 
 
わーい (ななし)
2017-01-16 16:50:49
ブログ更新ありがとうございます。

まだまだ今年も、過渡期にあるのでしょうか?2017年は、どんな一年になるのか、教えていただけないでしょうか?
 
 
 
確認 (be)
2017-01-16 17:37:43
ここでの「スクリーン」は

緑の本での「スクリーン」とは 違うんだよね?

なんか絵の方が入りやすくて 混乱してしまってね…

今は 今で スパッ!と 頭を切り替えないとな~
 
 
 
ワタルです。 (前田笑弥)
2017-01-16 19:46:05
今を持って、

始末が今ですよね。

同時に過去に、今に。

言葉では、
雲黒斎さんには、
参ります。

解りやすい。
 
 
 
おかえりなさい♡ (サイカ)
2017-01-17 00:20:24
コクサイさんのブログに出会い、人生の視点が変わったのが一昨年...

ブログを読み始めた時...
『この人に逢いたい!』
でも...
『 北海道だから逢いたくても逢えない...』
と思いながら 読み進めていたら...

二つ隣駅に転居されていることを知り 感動~♡

このブログは私の宝物です!
 
 
 
解釈 (忍者(しのぶもの))
2017-01-17 00:40:41
あるがまま(妙)の説明がとても分かりやすいです。
ただ、人生は『解釈』でそれを悪い意味で捉えてる人が多くあるように思えます。
辛いと思える人生を『あるがままではない』という認識で一時的に現実逃避するという感じで言うと、週末に飲み会で愚痴を言うのと大差がないなぁと思います。
私的には、もっとじっくり味わおうよって感じです。
きっと、個々人色々とあるかと思います。
皆色々あって、それぞれのコース料理があるわけで、きっとその料理の繊細な味が分かるようになると、解釈を楽しめるのではと思おます。

忍者
 
 
 
Unknown (ちょび)
2017-01-17 15:32:53
でも、本当はこの映画館丸ごと全体が、
その中に含まれる全てが、
[あるがまま]であり、[それそのもの]
なのではないでしょうか。
 
 
 
Unknown (ひよどり)
2017-01-17 17:50:45
お、もう更新でしたか
ゆるゆるお願いしますよ。(^_^)
 
 
 
分かりやすい (白い稜線)
2017-01-17 23:12:34
こんばんは〜
本当、この図の通りですよね。なのに、解釈の世界に入り込んでしまってます。
うぁ〜(涙)
 
 
 
常々思うのですが (さむらい)
2017-01-18 02:56:12
学生の頃にあった美術の授業でのデッサン。
目の前にある物を、ただそのまま描けば良いだけなのにあんなにも難しい。
そこにある物は全く変わらないのに、人によって絵のタッチに癖があったりするんですよね。
…という事でしょうか?(-_-;)
 
 
 
まずは、『徼』と『妙』の違いから (ただの「自分」)
2017-01-19 13:35:58
ついこないだ、

『今から見る』『目の前の世界』は、『常に新しい』

と浮かんできて、以来、そう思うだけで、新鮮な気分にリフレッシュできてしまう
お気楽体質になってきました(笑)

『脳内』は全て『過去のもの』だと、腑に落ちる事ができたからだと思います。

忍者さん

その通りだと思います。
その内容は、この記事の続きに書いて頂けるものと思ってます。

黒斎さん、ゆるゆるとお待ちしてますね。
 
 
 
1月25日 (木口幸夫)
2017-01-21 14:13:10
1月25日は申し込み不要なのでしょうか。
 
 
 
Unknown (ニコル)
2017-01-23 23:14:06
よく思うのですが、「あるがまま」も、
観察した時点で「あるがまま」では
なくなっている気がするのですが、どうなんでしょう?
結局、人は主観なしに観察することは、不可能だと思うのです。
誰かに観察されなければ、起きているかどうかも分からない。
でも観察された時点で「あるがまま」ではなくなっている。
「あるがまま」ってなんなんでしょう?

 
 
 
過去記事に (白い稜線)
2017-01-25 03:16:50
2014/12/04の思い通りの人生に、似たような図がありました。たまたま読んでいて、おお!!と思いました。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。