goo

時代の変革.その2

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


いやいやいや。

つい数日前の深夜のコトですよ。

このブログの編集画面をちょこちょこ弄くってる間に何をどうしたのか、ブログのテンプレート(デザイン)が意図せず変わっちゃってね。

いつも皆様をお出迎えしているお馴染みのトイレットペーパー画像から、画面左に並んでいるアーカイブ類に至るまで、全部リセットされちゃって、めっさシンプルな画面になっちゃったんです。

いや、焦った焦った。

その後久々にCSSやHTML(ブログデザインを構成するプログラムのこと)とにらめっこしましてね。

早朝まで、眠い目を擦りながら必死で修復してたんです。


前回のエントリで散々「どんな変化も、いらっしゃ〜い」って話してた僕なのにね。

そんなちょっとした変化に戸惑ったのさ(笑)


この一件で、僕がこのブログのテンプレートにもの凄く執着しているってことが分かりました。

でもって、このブログのデータが全部なくなちゃった日には、とんでもなく取り乱してしまうことでしょう(笑)

もう、自分のアイデンティティに、このコンテンツがしっかり組み込まれちゃってるんだね。

最近だと、自分の本名より「黒斎です」って名乗ってる方が断然多いし。

もうすっかり「黒斎」なんだな〜って。

うちの奥さんが僕と結婚して名字が変わってから、いつの間にか今の名字に慣れてたことに気づいた時って、こんな感じだったのかな?

そうやって色々と俯瞰してみたら、また何だか不思議な気分になりました。


いっそ、久しぶりにブログのデザインもリニューアルしてみようかしら。

ついでにハンドルネームも「陳 黒s…


いや、やっぱやめとこう(笑)



さてさて、そんなことより前回の続き。

これから迎えることになるであろう新時代について。

実は先週末に行われました「阿雲の呼吸・ザ・ファイナル」でも、このことについてお話してきたんです。

その席でもちょっと触れたんですけどね、ここ最近、また雲さんの例え話が面白くて。

これまでも色々ありましたよね。

人気のあるところでは「あの世レンタリース」や、「宇宙立この世学院」といったところでしょうか。

で、雲さん。ここ最近は「コンピューターやネットワーク環境」に例えるのがお好きなようで。


僕が静かに床につきますと、いつの間にやら繋がって、

(  ̄Д ̄) 『人間ってのは、意図的に自分が神であることを忘れた神なんだ』

って感じの話から始まり、

(  ̄Д ̄) 『だからな、人間がこの世で繰り広げている創造活動ってのは、神のやり方をそのままなぞっている』

って感じの説明を経由し、

(  ̄Д ̄) 『そういったわけで、物質界の変化と精神次元の変化は符合する点が多いんだ』

なんていう、一般大多数の方々がお聞きになったら、間違いなく「はぁ?」ってなるようなピロートークが続いております。


そのままお話すると、あまりにも「はぁ?」な感じになりすぎますゆえ、すこ〜しオブラートに包みまして、ちょっとだけ「はぁ?」な感じでお話します。(結局「はぁ?」なところから脱することは出来ない模様)


コンピューターの発展やネットワーク技術の向上。

それらの恩恵によって、僕たちの生活はめまぐるしく変化しています。

だって奥さん、今や地球の裏側にいる彼とテレビ電話が可能なんですよ。しかも、携帯電話で!


広末涼子ちゃんが「ル〜ル〜ルルルル♪」って、お誕生日にポケベルを買ってもらってたのが1996年ですからね。



それから、20年も経たずしてこの急変化ですよ。

すごいよね。


で、インターネット環境ももの凄く変わりました。

一昔前は、こうしてネットサーフするのも中々大変でね。

こういったブログなんていうサービスもまだ無い時代。

ブラウザにサイトの画面が表示されるまでにも、随分時間がかかっていたんですよ。

ナローバンド回線でピーヒョロロ…

テキストサイト(文字情報だけのホームページ)なら何とかなっていたものの、ちょっとHな画像データでも表示させようとしようものなら、それはそれは焦れったい思いをしたものです。

画像の上の方からじわじわじわじわ、ゆっくりゆっくり表示されて、「よしっ!もうすぐチクビ…」なんてところでフリーズして

(*`Д´)ノ ああっ!?

ってなってるところを妻に目撃されて僕がフリーズして、

今度は奥様が

川*`Д´)ノ ああっ!

ってなって。

それが今や、画像どころか、組んずほぐれつの無修正動画が何のストレスもなく、サクサク見られるわけですよ。

端末だって持ち歩きOK。ネット回線だって無線で繋がる時代ですから、場合によっちゃ、人知れず公衆トイレの中であんな動画やこんな動画を閲覧することだって可能なんですよ。

(*´Д`)ハァハァ…

すごいよね。(←どの部分が?)



これってのは、一つ、物質界のアセンションがあったわけです。

「ナローバンド」から「ブロードバンド」への移行(アセンション)ですね。


で、2004年の春に僕に起こった例のハプニングも、これと同じようなものでね。

見えない世界においての回線工事が行われたワケです。

そう。源(ソース)と端末(僕)を繋いでいた回線のシフトです。


なもんだから、昨今ではNTTも精神世界も、同じキーワードを声高らかに宣言しているわけです。

『時代は光だ!』

って。


そんなこんなで、現状では、まだまだナローバンドの方もおりますし、ADSLな方もおりますし、フレッツ光な方もいるわけです。

そして、物質界で「いや、俺はネット環境どころか、パソコンもケータイも使ってねーし」と言っている方も例外なく、精神世界面では源(ソース)と繋がっている回線が存在しています。確実に。

で、人間という端末には若干の個性はあっても、性能面ではさほど変わりはありません。

あるのは、「回線の違い」と、それに付随する「使用しているプログラムの違い」です。


それこそアセンションの時代といわれる昨今。

「目覚めの連鎖」というのは、言ってみれば、僕たちを取り巻く、見えない世界のネットワーク環境の変化です。

その回線工事は、人間が持つ認識能力ではなかなか捉えきれない業者さん(聖霊さん)たちの手によって、24時間休むことなく続けられています。

ですからこの変化は、「端末(個人)がどういう努力をするか」ということとは全く無関係。

「回線工事の業者さん」の働きによって訪れるものです。

そしてまたこれは、僕や阿部さんなど、こういった類のメッセージを発信している人間だけに訪れた特別なものではありません。

僕や阿部さんは、何の因果かわからないけど、たまたまこの回線工事が人より先に行われたってだけの話なんです。


(  ̄Д ̄) 『「さとり」とは、端末の変化を指すものではありません。端末と源(ソース)との間にある回線、これが開かれ、活用される、そのことを指すのです』


僕たち(端末)の側にできることは、何もありません。

努力も、学習も、いりません。

で、とりあえず。

天に向かって、「インターネット接続サービス回線強化のお申し込み」だけをしておきましょう。

お申し込みの手続きは簡単。

「これまでの状況にしがみつきません。いつ工事が来ても大丈夫です!」

という姿勢で、リラックスして待つのみです。


あとは、大きなエールを。

ヾ(≧▽≦)ノ 「頑張れ、業者さん!」



つづく。



【新刊インフォメーション】



2月26日(火)、小学館より『極楽飯店』発売決定!

アマゾンにて予約受付中です!


<(_ _ )> 応援のほど、よろしくお願い致します。



【トークライブ・インフォメーション】

告知がすっかり遅くなってしまいました。

賢者テラさんとのコラボライブ、全国各地からお誘いの声をいただいております。

沢山のご要望、ありがとうございます。順次開催に向けて準備を進めております。

今後の予定は、このブログの左側『トークライブ』の欄でお知らせしていきますので、ご参照ください。(携帯サイトではご覧いただけませんので、PCにて閲覧お願いします)

広島・佐賀に続き、3月には東京で、4月には名古屋で開催させていただきます。


☆テラと黒斎の「言いたい放題」 in 東京☆

【日時】 2013年3月10日(日)

【会場】 YMCAアジア青少年センター スペースYホール
     東京都千代田区猿楽町 2 - 5 - 5
     03-3233-0611

【料金】 (各部)お一人様:4,000円

◇第一部 14:00〜16:30(開場13:30)
 『宗教界異種格闘技戦(キリスト教と仏教に見る伝統宗教の嘘と本当)』

◇第二部 17:30〜20:00(開場17:00)
 『すいません。目覚めって何ですか?(桐島かれん風、もしくはスザンヌ調)』

【主催・運営】苺企画さん

 ※第一部のお申し込みは【こちら】から
 ※第二部のお申し込みは【こちら】から


*****


☆テラと黒斎の「言いたい放題」 in 名古屋☆

【日時】 4月13日(土) 12:00〜15:00 (開場:11:30)

【会場】 ウィンクあいち 小ホール
     JR、名鉄、地下鉄、近鉄「名古屋駅」より徒歩3分     
     http://www.winc-aichi.jp/access/

【料金】お一人様:4,000円

【主催・運営】室井友子さん

※お申し込みは【こちら】から


*****

こちらは、いよいよ今週末の開催です!

☆テラと黒斎の「言いたい放題」 in 嬉野☆

【日時】 2013年2月24日(日) 17:00〜19:30

【会場】 佐賀県嬉野市嬉野町『旅館松園(しょうえん)』

【料金】お一人様:4,000円

【お申込み・お問い合わせ】 

Call back〜心の積木〜ブログ
または、
ブログ「よっちゃんコト西山嘉克の感動日記3」


*****


病気やお金、仕事など、一見、問題とも思える体験から、現在は幸せな人生を楽しんでいる二人の「匠」による、ビフォーアフターの秘密を受け取ってみませんか?

長野を拠点に活躍する心理コンサルタント・牧野内大史さんとの初コラボライブ!

『人生大改造!! 劇的ビフォーアフター』(残席僅か)

【日時】3月23日(土) 14:00〜16:30(開場13:30)

【会場】長野市内(長野駅より徒歩2分) ※ 詳しい場所はお申込後にお知らせします。

【料金】お一人様:4,000円

【主催】シンクロニシティ・クラブ(イベントについてのお問い合わせはこちらへ)

【お申し込み】こちらの専用フォームよりお申し込みください。



←さぁ、光の速さでクリックだ!
コメント ( 54 ) | Trackback ( 0 )

時代の変革

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


さて、久しぶりに「この世の仕組み」カテゴリーの記事を書いてみたいと思います。


精神世界に限らず、あらゆるジャンルで多くの方々が「時代の変革」についてお話をしていますよね。

これから大きく、世界が変わりますよって。

僕もやはり、そう思っています。

昨年の12月のいわゆる「マヤ歴の消失」はすでに過去のものとなりましたが、アセンションの波はそこで終わりを迎えることなく、むしろ、これから益々活発に様々な変化が現れてくることでしょう。

多分、今までの僕たちには想像も出来ないほどの変化です。


でも、あまり大げさに取らないでください。

といいますのも、有史以来、「変化のなかったこと」など、何一つ無いのですから。

カタチとして見えるモノも、見えないモノも、一時も途切れることなく、ずっと変化しつづけています。

「生命」とは「動き」そのもののことであり、その「動き」こそが、僕たちの本質です。


「動き」、つまり「変化」こそが僕たちという存在の基盤。

決して揺らぐことのない、絶対的な法則は、この「あらゆるものは変化し続ける」ということです。

仏教の言葉を借りるならば、『諸行無常』ですね。


僕たちの本質(本来の円滑な流れ)が「動き」なのに、「思考」だけは、そこに抵抗することが可能です。

平たく言えば、「いつまでも変わらないで欲しい」という願いです。


健康な状態のままでいたい。 → そんな人はいません。

若々しく在り続けたい。 → どんなに頑張っても、老いていきます。

究極的には、死にたくない。 → 「生きている」という状況の維持願望。


僕たちが人生の中で感じる苦しみの多くは、この『諸行無常』という絶対法則を受け入れないという、「変化にあらがう姿勢」によって生まれているといっても過言ではありません。

ましてや、存在全体としての動きが活発になっていくとすれば、それに抵抗する姿勢を貫こうとすればするほど、そこに大きな「ストレス」を感じることになってしまいます。


もし、人生に行き詰まりを感じているのなら、是非、この点に注意を向けてみてください。

「変化すること(変化していること)に対して、抵抗してはいないだろうか?」

と、いうことに。

様々な成功哲学や引き寄せの法則などを活用する以前に、この「変化に対しての受容体制」がない限り、どんな有効なメソッドも効き目がなくなってしまうのです。

不思議な事に僕たちは、「現状から転落する変化」を嫌うのと同様に「現状から上昇する変化」に対しても抵抗してしまうのです。

「自我」については、様々なカタチで言い表すことが出来ますが、その一つとして、『自我の強さ=変化に対しての抵抗度』ということもできるかと思います。


僕たちが日常の中でアレコレ評価付けしている「良い変化」も「悪い変化」も、存在の深い次元では「良い」「悪い」が消失してしまうため、同じ「変化」です。

なので、「人生(状況)の好転」を望むのであれば、「変化」そのものを丸ごと受け入れる姿勢が必要となるのです。

『どんな変化も、いらっしゃ〜い』

という、柔軟な姿勢。

そこに、『(それがどのように見えようとも)どんな変化も、最終的には良い方への道のりである』という信頼があれば、なお良しです。


*****

だからこそ。

『富めるものが天の王国へ入るには、ラクダが針の穴を通るより難しい』んですね。

だって、人生が良い調子だったら、わざわざ「悪そうに見える変化」なんて望みませんものね。

そんな変化が来るぐらいなら、「現状維持」を望むことでしょう。

むしろ、「絶望」というドン底を経験した人ほど、大きな変化を受け入れることが出来たりするのだと思います。

ヾ(`⌒´メ)ノ 「畜生!もう堕ちるところまで堕ちればいいさ! どうにでもなれ!」

という開き直りが、一種の『どんな変化も、いらっしゃ〜い』という状態になるんですね。

するってーと、

(  ̄Д ̄) 『お!? ホントにどんな変化でも受け入れてくれる? じゃ、人生観ゴロッと変わっちゃうぐらい凄いのあげるよ』

なんてね、そんなことが起こり出すんです。

*****



さて、これから僕たちが迎える新しい時代は、とても良い方向へ向かいます。もの凄い勢いで。

ですが、…いえ、だからこそ。その変化に抵抗しようとすれば、これまで以上のストレス・苦しみを感じることになります。


世界の混乱に巻き込まれることなく、時代の変革をスムーズに移行するためには、一つのコツがあります。

それは、「これまでの常識に囚われない」ということ。

自分がもつ「当たり前」を保持し続けようとしないことです。


一足先にこの変革の波に巻き込まれた一人として、お話します。

これからアナタの身に起こる変化は、コンピューターの発展やネットワーク技術の向上と非常に類似した流れです。


『光』の時代の到来。

そして、

ナローバンドからブロードバンドへ。(→意識回線の変化)

3GからLTEへ。(→ビジネスモデルの変化)

情報はP2P方式で拡散。(→マスター・メッセンジャーの増殖)



昨今、コンピューター業界や通信業界で現れている変化が、精神世界にてそのまま起こっています。


次回は、その辺のお話を具体的にしていきたいと思います。

コンピューター関連のお話が苦手な方には少々難しい説明になるかもしれませんが、何とぞご容赦のほどを。



【新刊インフォメーション】



2月26日(火)、小学館より『極楽飯店』発売決定!

アマゾンにて予約受付中です!


<(_ _ )> 応援のほど、よろしくお願い致します。



【トークライブ・インフォメーション】


『阿雲の呼吸 ザ・ファイナル』いよいよ今週末です!

『阿雲の呼吸 in 名古屋』

【日時】2月10日(日)
◎第一部「リセット〜人生立て直し大作戦〜」
 14:00〜16:30(開場13:30)
◎第二部「アセンション〜新たな時代の迎え方〜」
 17:30〜20:00(開場17:00)

【会場】名古屋国際会議場 国際会議室(3号館3F)
    名古屋市熱田区熱田西町1番1号
    ・地下鉄名港線 日比野駅より 徒歩約5分
    ・地下鉄名城線 西高蔵駅より 徒歩約5分

【料金】(各部)お一人様:4,000円

チケットのお求めは【こちら】(またはファミリーマートさんの情報端末「famiポート」)から。
※携帯電話の方は【こちら】から。


『阿雲の呼吸 in 大阪』

【日時】2月11日(月・祝)
◎第一部「リセット〜人生立て直し大作戦〜」
 14:00〜16:30(開場13:30)
※第一部・完売御礼
◎第二部「アセンション〜新たな時代の迎え方〜」
 17:30〜20:00(開場17:00)

【会場】新大阪丸ビル別館 2階 2-3号室
    大阪市東淀川区東中島1-18-22
    ・JR新大阪駅東口より 徒歩2分
    ・地下鉄御堂筋線 新大阪駅5・6番出口より 徒歩8分

【料金】(各部)お一人様:4,000円

チケットのお求めは【こちら】(またはファミリーマートさんの情報端末「famiポート」)から。
※携帯電話の方は【こちら】から。

※各会場ともに、二部両方をご覧頂く場合は、一部・二部それぞれのチケットをお買い求めください。
※東京会場第一部・東京会場第二部・大阪会場第一部はお陰様で完売となりました。


*****


☆テラと黒斎の「言いたい放題」 in 嬉野☆

【日時】 2013年2月24日(日) 17:00〜19:30

【会場】 佐賀県嬉野市嬉野町『旅館松園(しょうえん)』

【料金】お一人様:4,000円

【お申込み・お問い合わせ】 

Call back〜心の積木〜ブログ
または、
ブログ「よっちゃんコト西山嘉克の感動日記3」


*****


病気やお金、仕事など、一見、問題とも思える体験から、現在は幸せな人生を楽しんでいる二人の「匠」による、ビフォーアフターの秘密を受け取ってみませんか?

長野を拠点に活躍する心理コンサルタント・牧野内大史さんとの初コラボライブ!

『人生大改造!! 劇的ビフォーアフター』

【日時】3月23日(土) 14:00〜16:30(開場13:30)

【会場】長野市内(長野駅より徒歩2分) ※ 詳しい場所はお申込後にお知らせします。

【料金】お一人様:4,000円

【主催】シンクロニシティ・クラブ(イベントについてのお問い合わせはこちらへ)

【お申し込み】こちらの専用フォームよりお申し込みください。



←どんな変化も受け入れます。
コメント ( 87 ) | Trackback ( 0 )

情と愛

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


昨日のエントリに、沢山のコメントありがとうございました。

これから数回に分けて、少しずつではありますが、皆さんから頂いたご質問に返答していきたいと思います。

今回はまず、こちらから。

『「情」と「愛」の違い』について。


これは、僕がこういったメッセージを発信していく中で、雲さんからアドバイスを受けていたものです。

確か、2008年あたりから、頻繁に、繰り返し指摘されていました。


(  ̄Д ̄) 『もしお前がこうした活動を今後も続けていくつもりなら、できるだけ早く「情」を通しての関わりから離れなさい。お互いの為にならない。

「情」と「愛」は全く別物だ』


( ̄д ̄ ) 「どう違うんです?」


(  ̄Д ̄) 『これまでの話をちゃんと理解出来ていればわかるはずだ。その違いは、自分の感覚の中で見つけ、養いなさい』


( ̄ε ̄ ) 「そんなこと言わずにヒントぐらいくださいよぅ」


(  ̄Д ̄) 『「情」は「私とあなた」という関係性の中に生まれる心の働きだ。

対して「愛」は「私とあなた」の間にあった壁がなくなることによって生まれる、その状態のことだ。

情は相対であり、愛は絶対である


そうたい【相対】
向き合っていること。また、対立すること。他との関係の上に存在あるいは成立していること。

ぜったい【絶対】
他に並ぶものがないこと。何物にも比較されないこと。比較や対立を絶した存在であること。


(  ̄Д ̄) 『前にも話したことがあるだろ。心と心の間に壁がない、その状態こそが愛なのだと。

私とアナタの間に壁がないのだから、自己は溶け合い、曖昧になっていく。

私はアナタであり、アナタは私だ。

自己認識が分離していないのだから、その状態の中には、「思いやり」も「なさけ」も「絆」も存在しない。

「何かと何かを繋ぐもの」が愛なのではなく、その「何か」が消失して混じり合い、一体となったところにあるのが愛だ。

その観点さえ忘れなければ、「情と愛の違い」は一目瞭然だろう。

情は相対の世界にあるから、何かの拍子で簡単に裏返る。

愛は絶対の世界にあるから、表も裏も存在しない。だから裏返りようがない』



そんなこんなで、この二つの違いについては、僕もまだまだその感覚を養っている最中なのであります。



【トークライブ & イベント・インフォメーション】

12月16日(日)のソロライブへお越しの皆様へのお知らせです。

以前お話していたとおり、今回のライブは、これまでとはちょっと趣を変えて進めていきたいと思っています。

当日、会場へご入場の際、質問用紙をお渡しいたします。

そこへ、リクエストをご記入ください。

具体的なご質問でも、某かのお題でも、無記名でも、なんでもありです。

ライブが始まりましたらスタッフが順次回収に参ります。

その中からいくつかをピックアップして会を進行していきたいと思っております。

もちろん、そのすべてにお答えできるわけではありません。が、できるだけ返答していきたいと思っています。

ご協力のほど、よろしくお願い致します。


☆もっと あの世に聞いた、この世の仕組み in 福岡☆

【日時】 12月16日(日)14:00(13:30開場)〜16:30

【会場】 春日クローバープラザ 508研修室AB
     福岡県春日市原町3丁目1-7(JR春日駅すぐ)

【料金】お一人様:3,000円

【お申込み方法】 
氏名、希望枚数、連絡先電話番号をお書きの上、メールにてお申し込み下さい。

【お申し込みメールアドレス】
un.kokusai.fukuoka@gmail.com

【主催】 Be Here Now(常冨泰弘さん)


*****


☆テラと黒斎の「言いたい放題」 in 広島☆

【日時】 2013年2月23日(土)14:00(開場13:45)〜16:30

【会場】 TKPガーデンシティ広島
     広島県広島市中区中町8-18 広島クリスタルプラザ2階 ブルーダイヤ

【料金】 お一人様:4,000円

【主催】 つばさプロジェクト(福田孝史さん)

※お申し込みは【こちら】の専用申し込みフォームからお願い致します。


*****


佐賀県嬉野市の方からお招きをいただき、来年の2月24日(日)に賢者テラさんと二人でお伺いすることになりました!

初めての佐賀。沢山の新しい出会いを楽しみにしています。


☆テラと黒斎の「言いたい放題」 in 嬉野☆

【日時】 2013年2月24日(日) 17:00〜19:30

【会場】 佐賀県嬉野市嬉野町『旅館松園(しょうえん)』

【料金】お一人様:4,000円

【お申込み・お問い合わせ】 

Call back〜心の積木〜ブログ
または、
ブログ「よっちゃんコト西山嘉克の感動日記3」


←やっぱりそうだ。アナタだったんだ! うれしい 楽しい 大好き!
コメント ( 78 ) | Trackback ( 0 )

欲と快

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


ライブで頂く質問には様々なものがありますが、とはいえやはり、何度も聞かれるいわば「定番」みたいなものがいくつかあります。

「誰もが知りたい根源的な問い」とでもいいましょうか。

今日はそんなご質問の中から、一つ抜き出してお話したいと思います。

テーマは単刀直入に…

「どうやったら夢は叶いますか?」


実際ライブでその「ズバリ」なご質問をいただく際の背景には、様々なものがありますが、「人は、欲を持ってはいけないのか?」という疑問とセットで聞かれることが多いんですね。

宗教やスピリチュアルといえば、やはりどこかで「無欲」といったキーワードが付いて回ります。

かくいう僕も、よくお話しています。「何かしらの成就を求めるのであれば、その欲は手放してください」と。

ご質問をしてくれた方は、「そこら辺が混乱してしまうところなんだ」と仰ります。

「欲を手放せとは言うけれど、それじゃあそもそもの夢や希望も持ちようがないではないか」と。

「それがどんな願望であろうと、究極的は『幸せになりたい』というこの願望だって、言ってみればひとつの『欲』ではないですか。それを手放せと言われたって…」と。

確かに、そのとおりなんですよね。

だからこそ僕も、ここら辺のお話をするのは「本当に難しいな」といつも思っているんです。

実は、このお話は幾つもの切り口でお話できることで、そしてまた厄介なことに、その「切り口」ってのは、「真逆」に聞こえる内容も多々あるんですね。

話を広げれば広げるほど「話が矛盾してるじゃないか」と、言われてしょうがない状態になってしまう。

なので、今日お話することは、これまでお話していることと、噛み合わなく感じられることもあるかも知れません。

が、そこら辺はどうか、ご容赦ください。

今日の話は今日の話として読んで頂ければ幸いです。


まずは、ここ最近の僕の状態からお話することにします。

僕は、ここ数年、すっごくすっごく幸せです。

本当に、数年前には想像もしていなかったような人生を超満喫中です。

でね、そうなった背景にある状況の変化ってのは、不思議な事に「夢が叶ったから」ではないんです。

どちらかというと、今の僕には「夢や希望」といえるようなものは、あんまりないんです。

実は最近、とっても変な順序で現実が現れているんですね。

僕が、具体的な何か(夢や希望)を望む以前に、僕の想像以上のものが訪れてくれている感じ。

夢を描く前に、それ以上のものが叶ってしまっているような状態なんです。


で、「なぜ地獄の日々から、そのような人生に激変したのか」ということを振り返ってみますとね、そこには一つ『確実にこれだよな』って思える、コツのようなものがありました。

それはすごくシンプルなことで、ただひとつ、『自分の好きに生きる』という、それだけなんです。


一見すると、

「おいおい、それじゃあ『欲のままに生きてる』ってことじゃねぇかよ」ってツッコミを入れられそうですよね。

「人に『欲を手放せ』なんて言いながら、お前はどっぷりそこにいるじゃないか!」って。


なので、ここんところをもう少し噛み砕いてお話しますね。

これ、僕も雲さんに言われたことがあるんです。


(  ̄Д ̄) 『「情」ではなく「愛」を選びなさい。「欲」ではなく「快」を選びなさい』

って。


『欲』を選ぶと、人生は「歪み」の方向へ流れます。

『快』を選ぶと、人生は「至福」の方向へ流れます。

『欲』とともにあると、心に余裕が無くなっていきます。

『快』とともにあると、心に余裕が生まれてきます。

余裕の無い人生は窮屈に流れていきます(流れづらくなります)。

余裕のある人生は大らかに流れていきます。



この「欲と快の違い」を知ると、人生は劇的に変わり出します。


では、この「欲」と「快」。

この二つは何がどう違うのか。その違いをどのように見分ければいいのか。

はい。実は簡単な見極め方があるんです。


(  ̄Д ̄) 『そんなに小難しく考えるコトなんてないさ。シンプルにね「うれしい 楽しい 大好き」を選べばよろしい。それが「快」だよ。

「欲」との大きな違いはね、「未来の有無」だ。

「未来のため」にあるのが「欲」。「いま」とともにあるのが「快」。

そういう風に見ていけば、わかりやすいだろう?』



という、そういう意味での『自分の好きに生きる』なんですね。


ここら辺、もう少しお話してみたいと思います。





【トークライブ & イベント・インフォメーション】


佐賀県嬉野市の方からお招きをいただき、来年の2月24日(日)に賢者テラさんと二人でお伺いすることになりました!

初めての佐賀。沢山の新しい出会いを楽しみにしています。


☆テラと黒斎の「言いたい放題」 in 嬉野☆

【日時】 2013年2月24日(日) 17:00〜19:30

【会場】 佐賀県嬉野市嬉野町『旅館松園(しょうえん)』

【料金】お一人様:4,000円

【お申込み・お問い合わせ】 

Call back〜心の積木〜ブログ
または、
ブログ「よっちゃんコト西山嘉克の感動日記3」


*****


いよいよ今週末です!

☆もっと あの世に聞いた、この世の仕組み in 福岡☆

【日時】 12月16日(日)14:00(13:30開場)〜16:30

【会場】 春日クローバープラザ 508研修室AB
     福岡県春日市原町3丁目1-7(JR春日駅すぐ)

【料金】お一人様:3,000円

【お申込み方法】 
氏名、希望枚数、連絡先電話番号をお書きの上、メールにてお申し込み下さい。

【お申し込みメールアドレス】
un.kokusai.fukuoka@gmail.com

【主催】 Be Here Now(常冨泰弘さん)


*****


☆テラと黒斎の「言いたい放題」 in 広島☆

【日時】 2013年2月23日(土)14:00(開場13:45)〜16:30

【会場】 TKPガーデンシティ広島
     広島県広島市中区中町8-18 広島クリスタルプラザ2階 ブルーダイヤ

【料金】 お一人様:4,000円

【主催】 つばさプロジェクト(福田孝史さん)

※お申し込みは【こちら】の専用申し込みフォームからお願い致します。



←やっぱりそうだ。アナタだったんだ! うれしい 楽しい 大好き!
コメント ( 70 ) | Trackback ( 0 )

享受

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


シワーッス!(いかりや長介的挨拶「オイーッス!」の年末形)


あっという間に12月。

様々なウイルスが飛び交う季節、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

日々流行に敏感なシティーボーイなワタクシはと申しますと、家族総出で絶賛流行中のニョロくんと遭遇いたしまして、発熱・嘔吐・下痢などといった諸々に生活のリズムをかき乱されておりました。

とにもかくにも、うがい&手洗いは忘れずにね☆



さてさて。


噂の12月21日まで、残すところあと2週間となりまして、「さて、このタイミングで何をお話しよう」と考えていたところで雲さんに『これでいってみよう』と提示されたのが、今回のタイトル『享受』だったんですね。


きょう-じゅ【享受】

[名](スル)受け入れて自分のものとすること。受け入れて、味わい楽しむこと。


早い話が、それがどのようなものであれ、「味わい、そして楽しみなさい」と、そう話したようです。

ということで。

前回に引き続き雲さんのお話をベロッと掲載してみます。


(  ̄Д ̄) 『「いまここ」の意を知りたい?

よろしい。ならばそれを「知ろう」とする必要はありません。

ただ、「味わう」ということだけに専念してごらんなさい。

いま目の前にある状況の中から、素直に受け入れられるものを活用すればよろしい。

それをただ、味わってごらん。そして、出来ることなら楽しんでごらん。

勿論これは「味覚」に限った話ではないよ。いわば「享受」といった意味合いでの提案です。


目の前にある人生を、(また、可能であれば「わたし」というものの根幹にある「存在感」を)味わってごらん。

それが、どんなものでも構わない。

ただ「味わう」というその姿勢の中に、必ず「いまに帰る」という性質がついてくるから。

「“いまここ”とはなんぞや?」などという疑問は一切挟まない。「その味わいこそが、いまここ」なのです。


この「味わう」という姿勢が身についてきたら自ずとわかるコトがある。

それは、この「味わい」こそが君の存在する次元をそのまま示している、という実感だ。

世に言うところの「引き寄せの法則」、その仕組みのポイントの一つを感覚として見つけることでしょう。


あらゆるものの中に「精妙さ」を味わうことが出来たなら、その時、君という存在は「精妙な次元」にいる。

そして、大切なのはここからだ。

人間が潜在的に求めているものは、すべて静謐さの中、静寂の中にある。

つまり、「刺激」とは対照的なところにある存在レベルだね。

「求めよ、さらば与えられん」という言葉を聞いたことがあるよね?

刺激を求めるのなら、刺激を味わうことが出来る。

静謐を求めるのなら、静謐を味わうことが出来る。

つまり、君の姿勢(あり方)が、そのまま反映されるということだ。


ここ数千年間、人間の意識レベルは「人生において、どういった種の刺激を味わうか」という選択の中に生きてきた。

が、しかし、そろそろ「静謐さを味わう」という選択肢があることに気づきなさい。

どのような刺激を求め続けても、決して満足が得られない理由は、求めているものが「刺激の中には存在しないから」に他ならない。

求め、探していたところが、間違っていたんだ。


君たちが潜在的に求めているものが存在するのは、「静寂」の側だ。

さぁ、答えは告げた。

あとは君自身が、探求のベクトルをその次元へ向けるか否か、それだけだよ。


勿論、信じようと信じまいと、それはどちらでもよろしい。

刺激を求めるのなら、トコトン求めてみることだ。

しかし、もし君の中に「静寂の探求」への興味が湧いたのなら、ひとつ身近に使える具体例を示そう。

「痒み」を利用してごらん。

「痒み」は、「味わい」という感覚を養う為の材料となりうるんだ。

そう。痒みは、「微弱な痛み」だからね。

「刺激」と「静謐」の関係性がよくわかるだろう。

実は、あらゆる刺激は、「静謐」へのインビテーションなんだ。


身体のどこかに痒みを感じたなら、それをただジッと味わってごらん。

刺激は決して、刺激のままではいない。

徐々に、君を「静謐さ」の次元へ導こうとするから。


この意味は、実際にやってみるとよくわかると思うよ』



と、いったことで。

ただいまワタクシ、こうしてキーボードを叩きながらも、ジッとお尻の痒みを感じている次第でございます。

そろそろ手術にいこうかしら(←心の声)



【トークライブ & イベント・インフォメーション】


佐賀県嬉野市の方からお招きをいただき、来年の2月24日(日)に賢者テラさんと二人でお伺いすることになりました!

初めての佐賀。沢山の新しい出会いを楽しみにしています。


☆テラと黒斎の「言いたい放題」 in 嬉野☆

【日時】 2013年2月24日(日) 17:00〜19:30

【会場】 佐賀県嬉野市嬉野町『旅館松園(しょうえん)』

【料金】お一人様:4,000円

【お申込み・お問い合わせ】 

Call back〜心の積木〜ブログ
または、
ブログ「よっちゃんコト西山嘉克の感動日記3」


*****


福岡&広島でのトークライブは、引き続きお申し込み受付中。

よろしくお願い致します。


開催間近!

☆もっと あの世に聞いた、この世の仕組み in 福岡☆

【日時】 12月16日(日)14:00(13:30開場)〜16:30

【会場】 春日クローバープラザ 508研修室AB
     福岡県春日市原町3丁目1-7(JR春日駅すぐ)

【料金】お一人様:3,000円

【お申込み方法】 
氏名、希望枚数、連絡先電話番号をお書きの上、メールにてお申し込み下さい。

【お申し込みメールアドレス】
un.kokusai.fukuoka@gmail.com

【主催】 Be Here Now(常冨泰弘さん)


*****


☆テラと黒斎の「言いたい放題」 in 広島☆

【日時】 2013年2月23日(土)14:00(開場13:45)〜16:30

【会場】 TKPガーデンシティ広島
     広島県広島市中区中町8-18 広島クリスタルプラザ2階 ブルーダイヤ

【料金】 お一人様:4,000円

【主催】 つばさプロジェクト(福田孝史さん)

※お申し込みは【こちら】の専用申し込みフォームからお願い致します。


←忘れてはならない、うがい、手洗い、そして、クリック。
コメント ( 41 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ 次ページ »