goo

目的

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。

********************************************








大切なのは、「幸せになること」ではなく、「幸せであること」だよ。









←大切なのは、「無視すること」ではなくて、「押すこと」だよ。
コメント ( 32 ) | Trackback ( 0 )

アダムの林檎

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。

********************************************








人類は、自分の「欲」に基づいた「システム」を自分で創り、自分の首を絞めている。








←自分の首を絞めているのか?
コメント ( 24 ) | Trackback ( 0 )

検証

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。

********************************************


ではでは…

例のテンプレートに「お金」を入れてみましょうか。




「お金が欲しい」という『欲』は、「お金を手にする事」で解決できそうに見えますが、手に入れたところで、また、欲しくなります。

そして、その『欲』は「お金が無い(足りない)」という状況で『苦』に変貌します。

お金で「何か」を満たそうとしたものの、ホントは何も満たされてない。

自分で必死に「満たされたつもり」になるための努力をしているに過ぎない。

でもね、お金に執着しない人は、そんな『苦』とは無縁なんです。

だって、元々「お金が欲しい」という『欲』そのものが無いのですから。






さて。

上記の文章に、「違和感」はありましたか?



←この存在に、「違和感」はありますか?
コメント ( 34 ) | Trackback ( 0 )

必要・不必要

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。

********************************************


「欲」に関連するお話をすると、こんな疑問が出てくる方も多いかと思います。

それは、

「これって欲なんだろうか?」っていう疑問。


それを確認するために、ちょっと前回の記事をテンプレートにして、置き換えをしてみて欲しいのです。

前回のコメント欄にあったように、「タバコ」を「お酒」にしてみるとか、「人間関係」に置き換えてみるとか。

そうすることで、「あ、自分で自分を苦しめてるな。」ということに気付きやすくなると思います。


でね、この置き換えをしてみて、違和感が出てくるものがあるんですよ。


たとえば…


「うんこをしたい」という『欲』は、「うんこをする事」で解決できそうに見えますが、したところで、また、したくなります。

そして、その『欲』は「うんこができない」という状況で『苦』に変貌します。

うんこで「何か」を満たそうとしたものの、ホントは何も満たされてない。

自分で必死に「満たされたつもり」になるための努力をしているに過ぎない。

でもね、うんこをしない人は、そんな『苦』とは無縁なんです。

だって、元々「うんこをしたい」という『欲』そのものが無いのですから。






ね? 何か変でしょ?

確かに「うんこができない」状況は「苦」かも知れないけど、「これって『欲』なんだろうか?」ってことですよ。

別に、うんこをすることで「何かを満たそう」ってワケじゃないしね。

第一、『元々「うんこをしたい」という『欲』そのものが無いのですから。』なんてあり得ないし。


「欲」に関するチェックポイントの一つになるのは、『生きる』というキーワードです。

その欲求は、「生きる」上で、「本当に必要」なのか、ということ。

「タバコ」や「お酒」などは、『無くても生きていけるモノ』として分かりやすいと思います。

対して、「うんこ」は、しないと「生きていけないモノ」ですね。


さて、ここで…

唐突ですが、問題です。


じゃあ、「お金」はどうなんでしょうか?



←これは「必要?」「不必要?」
コメント ( 51 ) | Trackback ( 0 )

具体例

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。

********************************************


札幌は、いよいよ「YOSAKOI ソーラン祭り」の開催を迎え、賑やかなことになっておりますが、どっちかというと、時同じくしてススキノで開催中の、「よっしゃ来い! 早漏祭り」のほうが気になっている黒斎です。


えー。


今日は、「欲」と「苦」の関係を、具体的に書いてみようかと思います。


たとえば…

「タバコを吸いたい」という『欲』は、「タバコを吸う事」で解決できそうに見えますが、吸ったところで、また、吸いたくなります。

そして、その『欲』は「タバコが吸えない」という状況で『苦』に変貌します。

タバコがなくなるとソワソワし、いよいよ我慢できなくなるとシケモクを探るほどに心が貧しくなっていきます。

タバコで「何か」を満たそうとしたものの、ホントは何も満たされてない。


自分で必死に「満たされたつもり」になるための努力をしているに過ぎない。


「そんなことは無い!私は実際に、タバコのおかげでストレスから開放されているんだ!」と、反論される方もいらっしゃるかもしれません。

ええ。そのお気持ちも分かりますよ。以前の僕がそうでしたから。


でもね、考えてもみてください。


ストレスから開放されたはずのアナタに、なぜまたタバコが必要になるのでしょう?

しかも、数分も経たないうちに。


長年かけて「開放された。」と思い込もうとしても、結局満たされることなく、その「欲」は、無くなっていないではないですか。


手持ちのタバコが無くなれば「イライラ」し、ライターを忘れれば「ソワソワ」し、全然安らいでなどいないではないですか。



でもね、タバコを吸わない人は、そんな『苦』とは無縁なんです。


だって、元々「タバコを吸いたい」という『欲』そのものが無いのですから。





数年前は愛煙家だった僕が、今は禁煙をすすめている。

おかしなものだ。




←よっしゃ来い!
コメント ( 49 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ 次ページ »